テクノロジーの進歩により、オペレーティングシステムの新しいメジャーアップデートが毎年リリースされています。オペレーティングシステムがリリースされた後多くの場合、セキュリティリスク、バグ、不安定性などを含む欠陥があります。また、オペレーティングシステムを改善、小さな機能を追加するために、パッチ、サービスパック、およびマイナーアップデートのリリースが必要です。 iOS(以前はiPhone OSとして知られていました)も例外ではありません。iOSの主要なアップデートは、多くの場合にバグとともにリリースされ、または新しい機能が欠けています。 たとえば、iOS 11でデビューしたiPhone 11シリーズ用に特別に設計された計算写真プロセスであるDeep Fusionは、後でiOS 13.2でリリースされました。

iOSのアップデートすることは重要ですが、バグやセキュリティの欠陥にパッチを当てたり、新機能を導入したりするため、それを行う前にやるべきことがあります。 このガイドでは、現在このオペレーティングシステムの最新リリースであるiOS 13.3をインストールする前に、3つの重要なことを紹介します。

パート1. iOS13.3アップデート内容

 POINT

    iOS 13.3には、改善とバグ修正並びにスクリーンタイムのペアレンタルコントロールの追加機能が含まれます。

  • スクリーンタイム
    新たに追加されたペアレンタルコントロールの機能でお子様が通話、FaceTime、メッセージできる相手を制限可能
    親または保護者は、お子様用の連絡先リストを使用して、お子様のデバイスに表示される連絡先を管理可能
  • 株価
    リンクの記事と関連した記事や同じ出版物の記事をそのまま閲覧可能
  • このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:
    “写真”でビデオをトリミングしているときに新しいビデオクリップの作成が可能
    SafariにNFC、USB、LightningのFIDO2準拠のセキュリティキーへのサポートを追加
    “メール”で新規メッセージをダウンロードできない場合がある問題を修正
    Gmailアカウントでメッセージを削除できない問題に対処
    Exchangeアカウントでメッセージに不正文字が表示されたり、送信メッセージが複製されたりする場合がある問題を解決
    スペースバーを長く押した後にカーソルが動かなくなる場合がある問題を修正
    “メッセージ”経由で送信されたスクリーンショットがぼやけて表示される場合がある問題に対処
    スクリーンショットを切り取ったりマークアップを使用すると“写真”に保存されない場合がある問題を解決
    ボイスメモの録音をほかのオーディオAppに共有できない場合がある問題を修正
    “電話” Appの不在着信バッジが消えない場合がある問題に対処
    モバイルデータ通信設定が誤ってオフとして表示される場合がある問題を解決
    “反転(スマート)”が有効のときに“ダークモード”をオフにできない問題を修正
    一部のワイヤレス充電器の充電速度が仕様より遅い場合がある問題に対処
  • 引用元: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

パート2. iOS13.3アップデートする前にやるべき三つのこと

iOS13.3アップデートする前にやるべき三つのこと:

  • 最初に行うべき最も重要なことは、アップグレードする前にデータをバックアップすることです
  • アップグレード中に問題が発生した場合、携帯電話をバックアップするとデータが保持されるため、いつでも復元できます。バックアップを行うと設定が保持され、iPhone / iPad / iPodがいつでも使い慣れたものになります。また、アプリを保存してすべてのユーザーを再インストールする必要がなくなります。このガイドの後半で、iPhoneのバックアップ方法について説明します。

  • 2番目に重要なことは、特にデバイスのストレージが少ない場合に、ストレージをクリーンアップすることです
  • 不要になった音楽、写真、ビデオ、および不要になったアプリを取り除くことができます。 iOS 13.3アップデートをインストールする前にデバイスをクリーンアップすると、アップグレードプロセスがより高速で効率的になります。

  • iOS 13.3に関するフィードバックを集める
  • 何らかの理由でこのアップデートのインストールに不安を感じている場合は、iOS 13.3の早期導入者のフィードバックを調査して掘り下げてください。特に古いデバイスの場合、デバイスで実行される可能性と同様に、付属のバグのヒントを取得できます。

パート3. アップデートする前にiPhoneをバックアップする方法

iTunesはiPhone、iPad、iPodのデータをバックアップできますが、Leawo iTransferのような高度で洗練された転送機能を提供しません。このプロフェッショナルソフトウェアは、Appleデバイス上のファイルを管理するためのツールであり、アプリ、音楽、写真、ビデオ、SMS連絡先などを含む12種類のデータを転送でき、屋外愛好家でもGoProビデオをiPhoneに転送できます。すべての世代のiPhone、iPad、iPodをサポートし、iOSデバイス、iTunes、Mac / PCコンピューター間で動作します。競合他社のLeawo iTransferのもう1つの非常にユニークな機能は、iTunesの場合のように、すべてを削除することなくiTunesライブラリを編集できることです。
コンピューターとiOSデバイス間でのデータの非常に高速で効率的な移動を可能にする高度なスキャンおよび転送テクノロジーが装備されています。安全性とデータプライバシー保護もこのプロフェッショナルソフトウェアに標準装備されており、ユーザーが選択しない限り、既存のデータは変更されません。このソフトウェアは非常に高度ですが、ユーザーを念頭に置いて設計されているため、非常にシンプルなユーザーインターフェイスを提供します。データをバックアップするには、アプリケーションをダウンロードしてインストールし、起動します。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、動画及び写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイス、ソフトウェアに対応!

☉ ファイルを簡単にチェック、管理!

無料体験 無料体験

写真を例にして、Leawo iTransferでiPhoneをバックアップする方法:

1.USBケーブルでiPhoneとPCを接続します。Leawo iTransferを起動します。iPhoneがLeawo iTransferを認識しできたら、右上にあるデイバスの名前をクリックすると、iPhoneの各ライブラリが表示されます。

Transfer converted audiobooks to iPhone

2.それぞれのライブラリから、転送するファイルが選択できます。「Ctrl」キーを押しながら、クリックして複数のファイルが選択できます。
右クリックして、「転送先」で「マイコンピュータ」、「iTunes」、または「iPhone」を選択します。

leawo itransfer selecting files for transfer

3.ファイルを選択し、右クリックすると、「マイコンピュータ」、「iTunes」、または「iPhone」をクリックして、ポップアップダイアログが表示されます。
フォルダに保存する場合、チェックマークを入れてください。、「変更」で出力フォルダを選択できます。
出力フォルダーの選択が完了したら、「今すぐ転送」をクリックしてファイルの転送を開始します。

leawo itransfer output folder

動画ガイド

パート4. iOS13.3によくある問題の解決策

それ以前のその他のアップデートと同様に、iOS 13.3はバグを修正して新しい機能を導入しようとしていますが、新しいバグと欠陥ももたらします。 iOS 13.3のバグとその修正方法についてさらに説明します。デバイスをバックアップすることを常にお勧めします。上記のiPhoneのバックアップ方法を確認できます。

 POINT

  • 新しいiOS 13.3アップデートのダウンロードとインストール
    一部のユーザーはこの問題を報告しており、インストール中にインストールが停止する問題を説明しています。この問題に直面している場合は、iPhone、iPad、またはiPodをハードリセットしてみてください。
  • バッテリーの妙な消耗
    一部のユーザーは、バッテリーの問題も経験しており、通常よりも2〜3倍速く消耗する可能性があります。この問題を解決するには、更新後にデバイスを再起動してください。それでも問題が解決しない場合は、お使いのデバイスの診断を実行できるGenius Barに予約することをお勧めします。また、少額の費用でバッテリーを交換することもできます。
  • フェイスIDとタッチIDの問題
    一部のユーザーは、完全に機能しない可能性がある生体認証センサーとスキャナーの問題も報告しています。これは、更新によりシステムのランダムなグリッチが引き起こされた可能性があります。このシナリオでは、設定アプリケーションで指紋または顔を再登録してみてください。問題を修正する必要があります。
  • 異常な量のUIラグとAirPlayの問題
    これにより、デバイスが遅くて遅く見えるようになります。これは、iOSベースのデバイスがどれほど強力で高速であるかを考えると、良い経験ではありません。 AirPlayも完全に機能しない場合があります。これらの問題を修正するには、アップデートのインストール後にデバイスを再起動することをお勧めします。 UIラグの場合は、バッテリーの状態も確認できるため、Geniusバーでバッテリーが正常でなくなった場合は、バッテリーを修理できます。
  • Bluetoothの問題
    一部のユーザーは、iOSベースのデバイスがBluetooth対応デバイスに接続できないというBluetoothの問題も報告しています。デバイスを再起動しても問題が解決しない場合、Bluetoothの問題は解決が難しいことで有名なので、Genius Barで予約することをお勧めします。