DVD技術が大きく変わってきたことはよく知られています。CD書き込み技術に基づいた記録型DVD技術も進歩しています。1995年に各社の二つ規格が融合され、1997年に、世界初の記録型DVDの規格DVD-RAMが策定されました。InfraRecorder書き込み技術はあまりよく知られていません。このソフトを利用すると、ビデオを簡単にDVDに変換できることがわかります。今日の紹介を通して、疑問を解くことができるのではないかと思います。この記事では主に、InfraRecorderを使用して、DVD書き込みツールについて説明しています。

パート 1: InfraRecorderについて

InfraRecorderは、Windows向けの無料DVD書き込みツールです。Windowsとの統一性を重視したインターフェースにより、多くの機能にアクセスしやすいです。CD、ISOイメージファイル、Bin/CUEイメージファイルに対応しており、音楽CDをWAVまたはその他の音楽ファイルに変換することができる、洗練されたCD/DVD書き込みツールです。たくさんの機能があるので、以下にリストを表示します。

infrarecorder

1. データ・オーディオ・ミックスモードプロジェクトのCD/DVDが作成でき、ディスク イメージ (ISO ファイル) とともに物理ディスクにトラック(リッピング)することができます。
2. 片面2層DVDにも対応しており、CD-RWの消去に4つの方法があります。
3. ディスク イメージ(ISOおよびBIN/CUE)へ記録します。
4. 書き込み後にディスクを固定します(ディスクへデータが追加されないようにするためにリードアウト情報を書き込む)。
5. SCSI/IDEバスをスキャンしてデバイスの能力を読み込みます。
6. ディスクのコピーの作成や、オン ザ フライ クローンすることは可能です。一時ディスク イメージを使用します。
7. ディスク情報を表示します。
8. オーディオ トラックおよびデータ トラックをファイル(.wav、.wma、.ogg、.mp3、.iso)に保存します。

Neroや他の書き込みソフトに飽きたなら、この無料の書き込みソフトの利点と機能からみて、このソフトに置き換えられます。ツール画面はリソース マネージャーの2つの部分で構成されており、ドラッグ アンド ドロップで簡単に読み込みします。書き込み作業を手助けする簡単作成ウィザード形式のExpressプログラムも用意されています。

パート 2: InfraRecorderを使用してDVDを書き込む方法

メリットと機能がわかったので、使用をためらう必要がありません。InfraRecorderを使用してDVDを書き込む方法を紹介します。こちらの手順をご参考ください。

1. まずInfraRecorderをダウンロードして、展開します。インストールは不要で、直接InfraRecorder.exeを起動します。初回起動時にドライブレターを自動検出できなかった場合、確認ダイアログが表示されます。ドライブに対応するドライブレターを選択します。

2. 言語を選択するダイアログが表示されますので、「Japanese」を選択して「OK」をクリックします。

choose language

3. 新しいプロジェクトを作成し、エクスプローラ ビユーから書き込みするファイルを下のウィンドウにドラッグし、メニュー – [編成の焼き込み] – 「CD へ書き込み」をクリックします。

infrarecoder-select-file

パート 3: Leawo DVD作成で動画をDVDに書き込む方法

InfraRecorderより簡単、便利に動画を空のディスクに書き込もうとする場合、有料ソフトウェアをおすすめします。例えば、Leawo DVD作成。Leawo DVD作成はLeawo Prof.Mediaソフトの機能の一つです。このソフトはDVD作成だけでなく、DVDコピー、DVDリッピング、YouTubeダウンロードなどのことができます。Leawo DVD作成は180種類以上の動画フォーマットに対応しています。数クリックで動画を空のディスクに書き込みます。DVDメニュー作成、動画編集なども可能です。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオ編集可能

無料体験 無料体験