iMovieはmacOSプラットフォーム用のビデオ編集ソフトで、メディアファイルをアクセスするために使われています。AVIやM4V、MOVなどのフォーマットをサポートします。

Apple Animation Codec と Apple Intermediate Codecなどというコーデックを搭載しているが、一部のフォーマットを対応できません。Macで保存されてるMP4ファイルをどうやってiMovieにストリームしますか?詳細は下記をご覧下さい。


パート1: MP4ファイルをiMovieに入れて再生できますか?

「ダウンロードしたMP4ビデオをMacのiMovieで再生できません。どうやってMP4ファイルをiMovieで流れますか? iMovieでMP4再生ができない時の解決策を教えてください。」上記のような質問があるフォーラムでよく見かけます。
iMovieはMacで映画作成を可能にするので、制限なくMP4ファイルを再生できるはずでしょう。


一体、iMovieでMP4ファイルを再生できますか?ここでは、iMovieの基本情報を説明させていただきます。
iMovieは、DV、HDV、AVCHD、Apple Intermediate Codec、Apple Animation Codec、Motion JPEG / A、iFrame、h.264からメディアファイルを検出できます。
MP4は、クロスプラットフォーム対応の最も一般的なビデオ形式の1つです。
だから、MP4コンテナフォーマットはiMovieソフトウェアでサポートされています。


しかし、iMovieはMPEG4/AAC あるいは H.264/AACでエンコードされるMP4ファイルのみをサポートできません。一部のMP4動画のビデオ圧縮プロセスは不明ですので、iMovieはそれらをアクセスするコーデックを搭載していません。だから、iMovieは全てのMP4ファイルを再生できません。


ob_44a2c8_mp4-to-imovie-01


パート2: iMovieでMP4再生ができない解決策

上記の説明を読んだら、Movieに全てのMP4ビデオをインポートできるわけではありません。幸いなことに、Leawo HD動画変換プロを利用すると、あらゆるMP4フォーマットを iMovieと互換性のある形式に変換できます。そして、iMovieに入れて、無制限に再生できるようになります。


優れた動画変換ソフトはそれなりのコーデックを備えていますでしょう。Leawo HD動画変換プロは全てのMP4ファイルをロードできて、iMovieと互換性の動画形式に変換して出力できます。それに、最も使いやすいビデオコンバーターとして、MOV変換も堪能できます。

また、音声動画形式だけではなく、出力する端末も指定できます。例えば、iPhone、Nokia、ソニー、サムスン、LG、モトローラ、及びMicrosoftポータブルタブレットなど。

同時に、追加された音声と動画ファイルを好みに編集することも可能です。
更に、ソースの映像を劣化させずに、超高速に動画ファイルを変換できます。


maxresdefault-02


パート3: MP4をiMovieで対応できる形式に変換する方法

MP4を変換するなら、複雑なメインインタフェイスが搭載する様々な動画変換ソフトがたくさんあります。
高品質かつ高速に動画を変換するには、Leawo HD動画変換プロが一番最適です。
ここでは、Leawo HD動画変換プロを利用して、MP4を変換する方法を説明させていただきます。


ステップ1:Leawo HD動画変換プロ for macをダウンロードする

Leawo HD動画変換プロはwinとmac版を提供しています。macOSを使う場合、Leawo HD動画変換プロ for macをダウンロードしてください。プラットフォームを利用する場合は、Leawo HD動画変換プロ(win用)をダウンロードしてください。


   


ステップ2:Leawo HD動画変換プロ for macを起動して、MP4フォーマットをロードする

動画ファイルをロードするには、二つの方法があります。一つは、「ビデオを追加」ボタンをクリックして、フォルダからソースMP4 動画ファイルをロードすることです。もう一つは、「ファイルをここにドラッグ」エリアにソースMP4 動画ファイルをドラッグアンドドロップすることです。


import-video-03


ステップ3:「MP4 Video」ボタンを見つけてプロファイルパネルに入る

MP4 ファイルをプログラムに追加した後、ディフォルトで「MP4 Video」と表示されるドロップダウンボックスをクリックして、「変更」ボタンをクリックしてください。すると、出力する動画形式を設定することができます。


select-output-04


ステップ4:iMovieと互換性のある形式に出力形式を設定する

プロファイルウィンドウで、様々なビデオ、オーディオ、または端末を選択可能です。
ここでは、出力形式をiMovieと互換性のある形式に設定することができます。
iMovieはMOV 形式をサポートするため、MOVを出力形式として設定できます。


set-output-05


ステップ5:(オプション)ビデオとオーディオのパラーメータを設定する

ドロップダウンボックスの「編集」ボタンをクリックすると、プログラムに追加した動画ファイルのビデオとオーディオパラーメータを設定することができます。例えば、映像コーデック、解像度、ビットレート、フレームレート、アスペクト、サンプルレート、チャンネルなど。


tmcum-profile-settings-06


ステップ6:出力先を設定する

メイン画面の「変換」ボタンをクリックして、出力先を設定するためのサイドバーがポップアップされます。
出力先で変換された動画ファイルの保存場所を設定します。


tmcum-convert-setting-07


ステップ7:変換開始

サイドバーの「変換」ボタンをクリックして、MP4動画ファイルを変換させます。
変換プロセスが終わったら、変換された動画ファイルをiMovieに入れて、再生できる用になります。


tmcum-converting-08


パート4: iMovieの代替プログラム – Leawo Blu-ray Player

iMovieでMP4ファイルを再生できない時、MP4ファイルを他の形式に変換して、iMovieに入れればいいです。また、他のMP4再生ソフトを使って、直接MP4動画を再生するもの良い方法です。例えば、 Leawo Blu-ray Playerは全てのMP4形式を対応して、気軽に再生できます。



毎日、大量のファイルを扱う場合、やはりスムーズに全てのファイルを対応して再生できるソフトウェアが必要でしょう。Leawo Blu-ray Playerはそのような優れたソフトウェアです。

Leawo Blu-ray Playerは全てのコーデックをコンパイルすることができます。
AVI、MPEG、WMV、ASF、FLV、MKV、QuickTime、MP4、M4A、AAC、NUT、OGM、RealMedia、VIVO、PVA、NUV、NSV、DVR-MS、およびWTVのような一般的なコンテナフォーマットをサポートしています。


また、Leawo Blu-ray Playerは最速の読み込み速度や無損画質及びDTS-5.1オーディオと高音質の立体音をサポートして、品質を損なうことなく再生できます。
更に、一般的なメディアプレーヤーと違って、Leawo Blu-ray Playerは優れたBlu-rayとDVD映画をリッピングして、MKVファイルに変換することができます。


p5_p4_full-09


パート5: iMovie VS Leawo Blu-ray Player

要するには、どのメディアプレーヤーにはそれなりの長所と短所があります。必要に応じて、お気に入りの一つを選べばいいです。iMovieと Leawo Blu-ray Playerの細かい相違点を知りたい方は、下記の表をご覧下さい。

機能 iMovie Leawo Blu-ray Player
対応OS Mac OS Mac OS, Windows 7/8/8.1/10
4K, HDを対応
Apple Intermediate Codec
Apple Animation Codec
MPEG-4 Part 2  
Windows Media Video  
ステレオ再生  
Motion JPEG (OpenDML のみ)


まとめ

iMovieは全てのMP4ファイルをサポートして再生できません。iMovieで直接MP4ファイルを再生するには、MP4動画をiMovie用に変換しなければなりません。

動画を変換するには、少し時間がかかるし、他のソフトウェアをインストールする必要があります。動画変換したくない場合、iMovieの代替プログラムを利用して、macでMP4動画を鑑賞することもできます。

この記事では紹介されているLeawo Blu-ray PlayerとLeawo HD動画変換プロは完全無料でダウンロードして、試用することができます。ご興味がありましたら、是非一度試してください。