デジタル時代には、アップルは既にその優れたインテリジェントデバイスとユーザーフレンドリーなiOSシステムで人気を獲得しています。例えば、iPhoneを持っている場合、間違いなく多数の素晴らしいiOS用アプリを使用することができます。アプリストアのすべてのアプリだけではなく、iPhoneのデフォルトのアプリもその優れた機能のため使う価値があると思います。
iPhoneで、最も興味深いアプリの1つはiMovieです。iMovieを初めて聞くと、このアプリはムービープレーヤーのようなものだと思うかもしれません。まあ、そういうケースもあります。ただし、iMovieはムービーを再生するアプリではなく、ムービーエディタです。iPhone用のアップルのiLifeスイートの一部として、iMovieは、モームビデオを作成し、ビデオクリップを組み立てるし、音楽を追加し、サウンドトラックを適用し、またiOSデバイスのムービーに他のエフェクトを追加することができるアプリです。
iMovieを使用すると、コンピュータがなくてもムービーを編集、作成、共有することができます。iMovieを使ったことがなければ、今すぐ使ってみて多くの楽しみを見つけましょう!

パート1.iMovieで動画を作成する方法

iMovieで写真や動画を繋ぎ合わせて「無料」「簡単」にオリジナルのムービーが作れます。字幕を入れることやがBGMを追加できることもできます。
iMovieでムービーを作成すること実際には簡単です。
iMovieで作れるコンテンツは、「予告編(trailer)」と「ムービー」二つあります。この記事では「ムービー」の作り方を説明していきます。

ステップ 1. iMovieを起動後に以下の画面が表示されます。「+新規作成」ボタンを押してプロジェクトを作成してください。

ステップ 2. ムービーまたはムービーの予告編を作成します。
ムービー:ビデオ、写真、およびミュージックを結合して、独自のムービーを作成します。
予告編:テンプレートを使用して、ハリウッド作品のような予告編を作成します。

ステップ 3. 使用したい画像・動画を取り込む前にテーマを決めます。今回は下記画像の赤字で囲った「テーマなし」で進めてみましょう。なお、テーマは後々変更することができます。

ステップ 4. ファイルをドラッグ&ドロップすることで画像・動画を取り込ます。ァイルが取り込めたら使いたい部分だけ、画像や動画を選択し、配置していきます。段落を把握し、タイトルのスライドだけ先に作ってしまってから細かなシーン配置を行っていくと、動画の修正や、各段落の時間配分などを行えます。

ステップ 5. トランジションの設定、タイトルの配置、エンドロール、文字とBGMの追加。

ステップ 6. プレビューして問題がなければ、編集を終えたムービーデータを書き出します。「共有」をクリックして、「ファイル」をクリックすることでPC内にファイルとして保存することができます。メール添付やYouTubeでの公開の他、Facebookなどにも直接アップ&公開することもできます。

パート2.作成したムービーを転送する方法

知ってのとおり、iOSデバイスのコンテンツはお互いに自由に転送することができます。上記のケースでは、iMovieで新しいムービーを作成しiPhoneに保存されているので、今iPadに新しいムービーを転送したいと思います。どうすればいいですか?もちろん、iPhoneからiPadにムービーを転送するためにiTunesを活用することができます。しかし、ここで順番に効率的にムービーを転送するために、別のツールを使用すればよりいいです。Leawo iTransferを試してみましょう。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ移行ソフト。

☉ IOSデバイスとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと写真などを転送できる

☉ 最新のiPhone機種に対応、スムーズに実行できる

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

強力なiPhone/ iPadの転送プログラムとして、Leawo iTransferは様々なiOSデバイス間でデータをバックアップまたは転送するために役立ちます。優れたiPhone/ iPad/iPodのファイル管理ツールとして、Leawo iTransferはメディアファイルをよく管理することもできます。プレイリスト、連絡先、SMS、メモなどを効果的に管理できます。高度なスキャンと転送技術により、Leawo iTransferは、ユーザーがiPhone/ iPad/iPod、iTunesやコンピュータの間でシームレスに音楽、ビデオ、写真、SMSなどを転送するのに役立ちます。

パソコンの動画をiPhoneに転送する方法

パート3.作成したムービーをDVDに変換する方法

上記の手順に従って、iMovieでムービーを作成することが非常に簡単なようです。さらに、iMovieで作成したムービーを変換する必要がある場合、どうすればいいですか?どのようにDVDにムービーを書き込みますか?強力なDVD書き込むプログラムが必要です。ここでLeawo DVD作成を強くお勧めしたいと思います。Leawo DVD作成は6倍速の高速で180以上の種類のビデオと写真からDVDに書き込むことができます。さらに、無料ですべての種類のDVDメニューのテンプレートを体験することができ、好きなようにビデオを編集することができます。以下の詳細な手順を参照してください。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

ステップ1. コンピュータにLeawo DVD作成をダウンロードしてインストールします。

ステップ2. ムービーを保存するために、十分な容量の新しいDVDディスクをディスクドライブに挿入します。

ステップ3. メインメニューで「ムービーを追加」をクリックして、ムービーをソフトにインポートします。

Step 4. ディスクメニューを設定します。ディスクメニューを設定して、パーソナルDVDディスクを取得することができます。ディスクのメニューが設定してから、左下で書き込み先のディスクの規格、アスペクト比を設定してください。

Step 5. ムービーをDVDに書き込み始めます。テンプレートを設定したら、緑色の「書き込み」アイコンをクリックして、DVD書き込み処理を開始します。その前に、書き込み、ディスクラベル、及び保存オプションを把握する必要があります。最後に、「書き込み」アイコンをクリックして書き込みを開始します。

結論:

上記を参照して、iMovieでムービーを作成する方法とLeawo DVD作成でDVDディスクにムービーを書き込む方法が分かると思います。試してみてください。