Leawo を無料ダウンロード

MacからiPhoneに音楽を転送する方法

      高橋遥     

Windowsシステムパソコンと違い、MacBookはMac OS X初心者に対して簡単的にハンドルすることができません。特にMacからiPhoneに音楽を転送することといえば、確かにそうです。iTunesによる音楽転送に助けることができるが、iPhoneをパソコンに接続すれば、iTunesは自動的に起動してiPhoneと連接してから、数クリックだけで音楽を転送できます。

 

iTunesでミュージックライブラリに保存してある全ての音楽ファイルをiPhoneと同期することによって、iPhoneユーザーは簡単にMacからiPhoneに音楽を転送できます。

また、iPhoneユーザーも専門的なiPhoneデータ転送ソフトを利用してこういう音楽転送に対応すればより便利だと思います。最適なiPhoneデータ転送ソフトと言えば、一番目立つなのはやはり Leawo iTransfer です。このソフトはiTunesとの同期しないで、iOSデバイス、iTunesとMacパソコンの間に全て種類のファイルを転送可能です。さて、以下の文章はこのソフトを例として、MacからiPhoneに音楽を転送する方法を紹介します。ちなみに、このソフトは完全に無料体験できるので、ダウンロードして以下の手順によって一度試しましょう。

メモ:Leawo iTransferはパソコンにiTunesをインストールした場合しか使えません。

MacからiPhoneに音楽を転送する方法

ステップ1.

パソコンでiTransferを起動します。パソコンとiPadを付属のUSBケーブルで接続します。


ステップ2.

iTransferは自動的にiPadのデータを識別するので、iPadの各ライブラリがソフト画面の左サイドバーに表示されます。「ミュージック」ライブラリをクリックすれば右のサイドバーにiPhoneの中の音楽ファイルを表示されます。


ステップ3.

左上のメニューバーの「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、Macパソコンに保存してある音楽を追加します。



 

Leawo iTransferは直接にMacからiPhoneに音楽を転送開始します。転送完了すれば音楽をiPhoneに保存しております。もとろん、iTunesミュージックライブラリに音楽を保存したなら、Leawo iTransferでiTunesからiPhoneに音楽を転送することもできます。

ステップ1.

パソコンでiTransferを起動します。パソコンとiPadを付属のUSBケーブルで接続します。iTransferは自動的にiPadのデータを識別するので、iPadの各ライブラリがソフト画面の左サイドバーに表示されます。


ステップ2.

転送したい音楽ファイルを選んで、右下の「転送」ボタンをクリックします。または、選んだ音楽ファイルを右クリックして、「転送先」>「iPhone」をクリックします。


ステップ3.

転送リストと転送先をiPhoneにチェックした後、「今すぐ転送」をクリックすればiTunesからiPhoneに音楽を転送開始します。


Leawo iTransferは実用かつ便利な転送機能を提供して、iPhone、iPad、iPod及びMacユーザーに十分な役に立つことができます。このソフトはMac版もWindows版も実用でき、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験しましょう。

Download Windows Version
Download Mac Version

Rating: 4.6 / 5 (151Reviews)