Leawo を無料ダウンロード

動画削除によってiPadストレージ容量不足を解消する方法

      高橋遥     

私は好きなムービーを手軽にiPadに保存する習慣があります。気がついたらiPadストレージの容量がいっぱいになっちゃて、ムービーを見ようとするたびに「容量不足」というメッセージが表示されてしまったりします。使い勝手よく実用なストレージ不足を解消する方法はありませんか。iPadに保存してあるムービーを削除しなければならないですか。

iPadは非常に便利で、ほとんどのユーザーはiPadでゲームをしたりムービーを見たりすることです。ムービーはiTunes Storeで買う或いはiTunesでパソコンから同期すると二つの方法で簡単にiPadで見ることができます。でも便利だからこそ、有限なストレージにゲーム・ムービーなどをどんどん放り込んでいると、容量がいくつあっても足りません。できるだけ常に容量を空けとくために、定期的にムービーを削除することが必要です。さて、ユーザーは簡単にiPadでムービーを直接に削除できる方法 を紹介します。「設定」>「一般」>「使用状況」をタップして、「ムービー」タグを選んで削除したい動画を左に滑って「削除」ボタンをタップすれば、iPadに保存してあるムービーを削除できます。


 

もう一つ方法は、動画アプリを起動して、右上の「編集」をタップすれば、ムービーのアイコンの左上に「✖」ボタンを表示されています。削除したいムービーの「✖」ボタンをクリックすれば、iPadに保存してあるムービーを削除できます。

iPadから動画を削除する前に、iTunesライブラリやパソコンにバックアップしたほうがよいと思います。また、上記の二つの方法で一回に一つの動画が削除できるが、多くの動画を一括処理したいなら、以下の方法を試して下さい。

iPad、iTunesやパソコンの他に、pcソフトウェアが必要です。市販に色々な転送プログラムがありますが、私にとって、バックアップに一番便利なのは、iTransferです。Leawo iTransferはiOSデバイス、iTunes、PCsファイルの相互転送、iOSデバイスのファイル管理等の機能を提供しています。iTransferを利用して、iPadから動画を削除する、動画をパソコンにバックアップすることができます。このソフトは無料体験が可能ですので、ソフトをダウンロードして、以下のの使用ガイドを通してiTransferの機能を試してください。

Download Windows Version
Download Mac Version

メモ: Leawo iTransferはパソコンにiTunesをインストールした場合しか使えません

iTransferでiPad動画を削除&iPad動画をPCにバックアップする方法

1.パソコンでiTransferを起動します。パソコンとiPadを付属のUSBケーブルで接続すると、iTransferは自動的にiPadのデータを識別するので、iPadの各ライブラリがソフト画面の左サイドバーに表示されます。

2.「ムービー」をクリックすれば、iPad動画が右の画面で表示されています。右下の「転送」アイコンをクリックすれば、iPadの動画は全てパソコンに転送開始になります。或いは、「Ctrl」ボタンを押す同時に転送したい動画を選んで、選んだ動画を右クリックして、ドロップダウンメニューから「転送先」>「マイコンピューター」をクリックすれば、選んだ動画は全てパソコンに転送開始になります。選んだ動画を一括削除したいなら、「削除」をクリックします。

3.「転送」ボタンをクリックすればポップアップ画面が出てきます。「フォルダに転送」をチェックを入れて、「変更」アイコンをクリックすればパソコンに保存フォルダを選べます。設定した後「今すぐ転送」をクリックします。

4.動画を削除すると動画をバックアップすることが同時に進行することができます。というのは動画削除をクリックした後、残り動画をパソコンにバックアップすることが操作できて、動画削除完了を待つ必要が無いということです。

iTransferで、ごく簡単な手順でiPadの動画を削除、バックアップすることができます。もちろん、このソフトは、iPadデータをパソコンに転送する機能だけでなく、iOSデバイスの間の転送にも対応できます。例えば、iPhoneアプリを他のiPhoneに転送することもできます。iTransferにご興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして無料体験をお試しください。

Download Windows Version
Download Mac Version

Rating: 4.7 / 5 (191Reviews)