windows8は従来のWindows Vistaや7のログオン画面、壁紙、コントロールパネルなど取り除かれ、極めてシンプルの操作画面になりました。マイクロソフト社は、PC端末と移動端末の一元化操作を強化するため、Windows8でModern UIを採用することになりました。今まで使い慣れたWindownsOSでのPC操作は、Modern UIの登場で革新しました。
以前のスタートボタンが無くなり、タイルと呼ばれるアプリケーションのショートカットが羅列されたスタート画面となります。初めてこのOSを利用する方は、使いにくいと感じられます。そこで、今回は、初心者向けのwindows8/8.1でのdvd作成方法をご紹介いたします。

Windows8/8.1の標準機能でのDVD作成方法

Windows 8 では、CD-R/RW および DVD-R/RW にデータファイルを書き込むための特別なソフトウェアがない場合でも、OS の標準機能を使って CD-R/RW および DVD-R/RW にデータを書き込むことができます。

Windows 8 では以下の 2 つの形式でデータを書き込むことができます。

  • ライブファイルシステム形式 (UDF 形式)
  • USB フラッシュ ドライブのようにデータを追加 / 削除できる形式で、ディスクに書き込みを行わなくても、ファイルをドラッグアンドドロップするだけで即座にコピーすることができます。そのため、頻繁に更新するよなファイルを書き込む場合に適しています。
    Windows XP より古い OS が搭載されている PC や他の機器では、書き込まれたデータを読み取りできないことがあります。

  • マスター形式 (ISO 形式)
  • ライブファイルシステム形式よりも速くデータを書き込むことができ、ファイルの数が多い場合や、データ容量が多い場合のデータの書き込みに適しています。この形式は機種やアプリケーションへの依存が少ないため、他の機種でも書き込まれたデータを読み取ることができます。バックアップデータメディアの作成や、他の人にデータを渡す場合に適しています。
    すべてのファイルを一度に書き込む必要があり、グループ化されてデータが書き込まれるため、書き込み後に個別のファイルを編集または削除することができません。

Windows 8 / 8.1で動画や画像をDVDに書き込むには、以下の操作手順を行ってください。ここではWindows 8.1の画面で案内していますが、Windows 8でも同様の操作が行えます。

POINT

    手順一:

    書き込み可能なDVDディスクをドライブに挿入してください。
    スタート画面の右上に「ラップして、空のDVDに対して行う操作を選んでください」いうメッセージが表示されるので、それをクリックしてください。

    1-2

    手順二:

    選択メニューで「ファイルをディスクに書き込み」を選んでください。
    そして、ディスクの書き込み画面でディスクのタイルを設置して、「CD/DVDプレーヤーで使用する」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックしてください。

    1-2

    手順三:

    スタート画面の右上に「タップして、リムーバブルドライブに対して行う操作を選んでください。」いうメッセージが表示されるので、それをクリックしてください。
    そしてディスクメニューで「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

    1-2

    手順四:

    「ディスクにファイルを追加するには、ファイルをこのフォルダにドラッグしてください」パネルで、書き込みたいファイルを追加してください。

    1-2

    手順五:

    エクスプローラの画面のタブで「管理」ボタンをクリックして、その中の「書き込みを完了する」ボタンをクリックしてください。

    1-2

    手順六:

    ディスク書き込みメニューでディスクタイルや書き込み速度が設置できます。
    設置完了後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

    1-2

    手順七:

    「ファイルがディスクに正しく書き込まれました」というメッセージを表示される時、「完了」ボタンをクリックして、書き込み完成です。

    1-2
    以上はWindows8/8.1の標準機能でのDVD作成の手順です。

 

動画や画像を加工して、より個性的なDVDを作成する方法

上記の標準機能を利用する以外、ほかに強力な編集機能を持つ高性能の書き込みソフトがあります。今回はオススメするのはLeaow DVD作成というソフトです。

Leawo DVD作成は、あらゆる動画形式に対応でき、複数の動画を編集して、DVDに書き込むことができる高性能の書き込みソフトです。動画の特定範囲の切り出しや削除、透かしの追加、3D効果の設定、字幕の入力、再生効果の設置など実用性高い編集機能が搭載されています。また、画像との結合、音楽の組み込み、スライドショーの作成も可能です。そして、ユーザーのニーズによって、出力形式も設置できます。例えば、動画をISOファイル、DVD-Videoフォルダに作成可能です。更にシンプルな操作画面で初心者でも簡単にオリジナルなDVDを作ります。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

POINT

    手順一:

    上にある「無料体験」ボタンをクリックして、ソフトをダウロード&インストールします。

    手順二:

    ソフトを起動し、画面左上にある「ビデオを追加」や「写真を追加」ボタンをクリックして、動画や画像ファイツを指定します。画面の左下にある選択肢でディスクタイプ、アスペクト比を選択してください。

    1-2

    手順三:

    追加されたファイルの右の「編集」ボタンをクリックして、編集パネルで動画や画像を編集します。透かし追加、ノイズ除去、3D変換などができます。編集後、編集パネルの右下の「保存」ボタンをクリックして、設定を保存しましす。

    1-2

    手順四:

    画面の右にディスクメニューの作成パネルがあります。
    豊富なテンプレートから、お気に入りのディスクメニューが設定できます。
    ディスクメニューがいらない場合、「NO Menu」を選択してください。

    1-2

    手順五:

    画面の右上にある大きな緑り「書き込み」ボタンをクリックしてください。書き込み先でターゲットのディスクを設置してください。設置完成後、画面下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、書き込み作業が開始します。
    もちろん、動画をISOファイルとDVD-Videoフォルダを出力形式として設定できます。

    1-2

 

他のオススメのDVD作成ソフトご紹介

WindowsOS内蔵の書き込み機能とLeawo DVD作成を利用したくない場合、こちらは他のオススメのDVD作成ソフトを紹介します。お気に入りのソフトを選んで、DVDを作成してみてください。

1.ImgBurn

ImgBurnは、CD/Blu-Ray/DVDの書き込みを目的とする無料で役に立つDVDメーカーソフトです。この無料のDVD 書き込みソフトを使って、Windows OSで DVD にファイルを簡単に書き込みます。動画ファイルをディスクに書き込みだけでなく、ファイルをイメージファイルに作成、イメージファイルをDVDに焼くなどのこともできます。

1-2

2.ImgBurn

MakeMKVはBlu-rayとDVDをデコードして、可逆圧縮MKVビデオに変換することで最も有名です。MacとWindowsの両方に対応しています。DVD変換機能は無料です。つまり、DVDのデコードと処理がタダになります。MakeMKVの最もいいところは、DVDを画質の損失なしでMKVビデオに変換することす。ただし、可逆圧縮ファイルは通常のビデオファイルよりもサイズが大きいです。

1-2

3.DVD Flick

DVD Flickは45種類以上のフォーマット(MP4、AVI、WMV、VOB、MOV、MPEG、FLV、MKVなど)、60種類以上のビデオコーデック、40種類以上のオーディオコーデックを対応できます。DVD FlickでDVDにメニューや字幕の作成も可能です。さらに、DVDディスク又はISOを出力として焼くことができます。

1-2

以上は初心者向けのDVD作成方法です。ご参考になりましたら幸いです。