「Handbrakeにとって、CPUとGPU、どちらのほうを利用してエンコード処理したほうがいいでしょうか。最近、handbrakeを使い始めました。確かに機能的には文句がありませんが、コンピューターの性能に対する需要が高く、大量のリソースが使われています。パソコンへの負担を軽減ために、ホームサーバー/NAS (2500K/HD 7870)(よくアップグレードする必要があるけど)にオフロードしています。一応スムーズに実行できますが、下記のことも検討しています。

1.適切な映像サイズ(解像度)と優れた品質を達成するために、どのような設定をしたらいいでしょうか。手元のBD ROMの大多数は4K UHDで、残りのものも4Kもしくは1080Pです。要するに、ほとんどは4K/1080Pコンテンツです。

2.より速めのエンコーディングスピードを達成するために、GPUパワーとCPUパワー、どちらのほうを利用したほうがいいでしょうか。例えば、i7 2600とGTX 1060(RX 480/580も検討に入れています。NVENCのほうがより良いとも聞いた)、8c Xeon2台(16c/32T)もしくは同値段のディスプレイアダプターを搭載する旧型HP/Dellサーバー、どちらのほうを利用すべきでしょうか。」

最も優れて、最も人気が高いビデオ変換ソフトの一つとして、HandBrakeは世界中のユーザーに高く評価されています。ブルーレイ/DVD/ビデオファイルの変換に使われて、libdvdcssプラグインがインストールされたら、コピープロテクト付きのBlu-ray/DVD映画でも対応できます。GPUとCPU両方をパワーとしてエンコードできるのは特徴です。


この記事では、HandBrakeを利用するとき、GPUエンコードとCPUエンコードの方法を説明し、両者の違いや、メリットとデメリットを解説します。詳しくは下記をご参照ください。



パート1:CPUとGPU、HandBrakeはどっちを利用しますか。

動画トランスコードはCPUの大きなリソースが消費され、しかも大変時間がかかります。現在、全体的な計算ブロックの劇的な増加、および離散NVIDIA VIDEO CODEC SDKの向上につれて、ハードウェアに基づく動画エンコーディングが可能になったため、実行スピードは従来より速くなりました。



HandBrakeも徐々にGPUアクセラレーションサポートを追加してきました。HandBrakeでより速いスピードで動画をエンコードするために、NVIDIA CUDAアクセラレーションとNVENCエンコーディングに有効する必要があります。HandBrakeでGPUエンコーディングに有効する方法は下記のようです。

  • 1.HandBrakeの公式サイト(http://www.handbrake.fr/)から当該ソフトをダウンロードし、コンピューターにインストールします。利用しているパソコンはIntel Quick SyncもしくはNVENCエンコーディングハードウェアが搭載されているを確保しておいてください。
  • 2.HandBrakeを立ち上げて、「Open Source」をクリックし、ソースとしてのビデオ/ DVD/ブルーレイファイルを選び、ロードします。
  • 3.ソートとしてのメディアファイルを追加した後、タイトル、アングル、値域などを選択します。
  • 4.出力プリセットを選択します。
  • 5.上部のメニューバーからTools->Preferences> Videoを選択します。サポートできるハードウェアビデオエンコーダーは自動的に有効になります。サポートしないHandBrakeエンコーダーオプションはグレーになっていて、選択できない状態です。NVENCを例として説明します。
  • 6.ハードウェアアクセラレーションエンコーダーを選択します。「ビデオ」タブでは、ビデオコーデックのドロップダウンリストを開いて、Intel QSVオプション(H.264をエンコードできる)もしくはNVIDIA NVENCオプション(HEVC/H.264をエンコードできる)を選択できます。
  • 7.「Save as」オプションでは、出力するパスとファイル名を設定します。
  • 8.メニューバーでの「Start Encode」ボタンをクリックすれば、CPUパワーで動画をエンコードするプロセスが始まります。


HandBrake はIntel QSVのハードウェアによるエンコード処理もサポートします。プロセッサでの専用ASICを利用してビデオをエンコードするので、必要とするCPUリソースも少なくて、残られた大量のCPUリソースでほかのタスクを実行できます。Haswellもしくはそれ以上の性能を持つIntel HD Graphicsを搭載するインテルプロセッサを持っている場合、高効率に、高品質にエンコード処理を行えます。


HandBrakeはCPUパワーでエンコードする機能も備えていますが、CPUパワーでエンコードすること自体は時代遅れです。CPUとメモリを駆動したほうが、より速くビデオエンコード、オーディオエンコード、ビデオフィルタリングなどの操作を実行できます。


パート2:Handbrakeにとって、CPUとGPU、どちらのほうを利用してエンコード処理したほうがいいのか

Handbrakeにとって、CPUとGPU、どちらのほうを利用してエンコード処理したほうがいいでしょうか。答えは目的次第です。GPUパワーで動画をエンコードするとき、エンコードスピードが速いですが、品質が劣られてしまいます。それに引き換え、CPUパワーで動画をエンコードするとき、品質が劣らないですが、エンコードスピードが遅くて、時間がかかります。具体的な需要によって、選択したほうがいいです。


HandBrakeは複数のGPUアクセラレーションとCPUアクセラレーション方式をサポートします。詳しく言うと、X265、X264、Intel (QSV)、NVIDIA (NVEnc)とAMD (VCE)になります。これらのエンコード機能を強いてランキングで言えば、x265 > x264 > QSV > NVEnc > VCEになります。

X265/x264はCPU/ソフトに基づくエンコード方式で、GPUをパワーとしてのIntel (QSV)、NVIDIA (NVEnc)とAMD (VCE)エンコード方式に比べると、品質がよりよいです。


パート3:ハードウェアアクセラレーションによるエンコード方式をサポートできる最高のHandBrake代替ソフト

HandBrake はBlu-ray/DVD/ビデオをトランスコーディングできますが、デコーディングとエンコーディング速度が遅くて、コピープロテクト付きのBlu-ray/DVD映画を処理するときに、libdvdcssなどのプラグインをインストールする必要があるため、最高の選択肢とは言えません。HandBrakeと比べると、Leawo Prof. Media Ultraはより強力な機能、より優れた実行スピードを提供できて、HandBrakeを代替できます。


オールインワンのメディアプロセシングソフトパッケージとして、HandBrakeが持つ機能以外に、Leawo Prof. Media UltraはHandBrakeが持っていない機能も満載です。HandBrakeと同じように、Leawo Prof. MediaはCPUでのエンコーディングとGPUでのエンコーディング両方をサポートできます。詳しく言うと、x265/x264 CPUエンコーディング、およびNVIDIA CUDA、インテル® クイック・シンク、AMD APP加速GPUを対応できます。


Leawo Prof. Media Ultraができること:

    1.リージョンフリーのメディアプレーヤーとして、ディスク保護と地域リージョンを限られずに、Blu-ray、DVD、動画、音楽、更にisoイメージファイルを再生できます。

    2.Blu-ray/DVDリッピングソフトとして、暗号化されたBlu-ray/DVDのコピーガードを解除し、Blu-ray/DVDディスクのコンテンツを200+フォーマットのファイルにリッピング、変換できます。

    3.動画変換ソフトとして、様々な形式の間に動画と音声ファイルを相互変換できます。出力するファイルは違うメディアプレーヤーやデバイスと互換性があります。それに、4K動画を出力できます。

    4.ブルーレイバーナーとして、動画ファイルをBlu-ray/DVDディスク、フォルダまたはisoイメージファイルに変換、書き込みできます。また、イメージファイルをBlu-ray/DVDディスクに焼けます。

    5.ブルーレイコピーソフトとして、フルムービーまたはメインムービーというモードでBlu-ray/DVDのコンテンツを空きのディスクまたはパソコンのハードドライブにコピーできます。

    6.動画ダウンローダとして、YouTube、Facebook、Veoh、VEVOなど1000+の動画共有サイトから動画をダウンローダできます。

    7.写真スライドショー作成ソフトとして、複数の写真を写真スライドショーに作成、編集できます。

    8.動画編集ソフトとして、Blu-ray/DVD/動画ファイルを自由に編集できます。例えば、動画サイズのトリム、クロップ、透かしの追加、効果の調整、3D作成、ノイズ除去など。

    9.DVD/Blu-rayを焼くとき、ディスクメニューを自由に選択したり、メニューを作ったりできます。


Leawo Prof. Media UltraはGPUとCPUを利用してBlu-ray/DVD/動画ファイルをエンコードできるだけでなく、様々な実用的な機能をユーザーに提供しています。Leawo Prof. Media UltraでBlu-ray/DVD/動画ファイルを処理したい場合、Leawo Prof. Media Ultraの詳しい使い方をチェックしましょう。


パート4:まとめ

Leawo Prof. Media UltraとHandBrakeの違いについては、下記の比較表をご覧下さい。


機能 HandBrake Leawo Prof. Media Ultra
Blu-ray/DVD/ビデオ/オーディオを再生 ×
Blu-ray/DVDをビデオに変換
ビデオを変換
暗号化されたBlu-ray/DVDムービーを変換 libdvdcssなどのプラグインを利用すれば変換できる 最新の暗号化されたBlu-ray/DVDディスクを変換できる
出力する動画形式 MP4、MKV MP4、MKV、AVI、WMV、MOV、FLV、F4Vなど200+形式
動画をダウンロード × 1000以上のサイトから動画をダウンロード
写真を写真スライドショー動画に変換 ×
動画をDVD/Blu-rayに焼く ×
isoファイルをDVD/Blu-rayに焼く ×
DVD/Blu-rayを空きのディスクにコピー ×
DVD/Blu-rayビデオを編集 × ○(トリム、クロップ、透かし、効果、3Dなど)
2Dから3Dへ変換 ×
ディスクメニューをデザイン ×
字幕と音声トラックを選択 ×
外部字幕を追加 ×
ビデオのパラーメータを設定 ×
CPUエンコーディング
GPUエンコーディング
対応OS Windows、Mac、Linux Windows、Mac


要するには、Leawo Prof. Media UltraとHandBrakeのとぢらもWindows/MacでBlu-ray/DVD/ビデオトランスコーディングをサポートできます。GPUとCPUエンコーディングにも対応できます。HandBrakeはとっても簡単ですが、いろいろな機能が制限されています。


その一方、Leawo Prof. Media Ultraのほうがメディアファイルを処理するためのユーザーフレンドリーの機能を搭載しています。ほぼ全てのメディア変換に対応できます。例えば、Blu-ray/DVD書き込み、Blu-ray/DVDコピー&バックアップ、動画ダウンロード、写真から動画へ変換、2Dから3Dへ変換、Blu-ray/DVD/動画編集など。


Blu-ray/DVD/動画ファイルをデコードするまたはMP4もしくはMKVファイルをエンコードするとき、HandBrakeを使えばいいです。しかし、動画編集や動画のパラーメータを調整したい場合、Leawo Prof. Media Ultraは最適な動画変換ソフトです。