GoogleカレンダーとiPhoneのカレンダーを同期すれば、いつでも任意デバイスであなたが設定したイベントを確認することができるようになります。グーグルカレンダーを使用して、すべての予定と通知を1か所にまとめることができます。Google Appsで設定したお友達との集まり時間を見逃したくないなら、この記事を参照にしてグーグルカレンダーとiPhoneを同期する方法を身につけましょう。

パート1. iPhoneとGoogleカレンダーを同期する方法

iOS 7とそれ以降のバージョンで適用

iOS 7とそれ以降のバージョンを使用しているiOSユーザーは、以下の手順に従ってiPhoneとGoogleカレンダーを同期することができます。

1. 「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」> 「アカウントの追加」をタップし、アカウント追加画面で「Google」を選択します。そして、お使いのアカウント名、名前、Gmailアドレスやパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

2. 次に、「カレンダー」のオプションをオンにし、他のオプションをOFFにします。最後に、ホーム画面に戻り、カレンダーアプリを起動すれば、GoogleカレンダーがiPhoneに同期されます。

iOS 5又はiOS 6で適用

iOS 5またはiOS 6を使用している場合は、次の手順で操作してください。

1. 「設定>>メール/連絡先/カレンダー>>アカウントを追加>>その他>> CardDAVアカウントを追加」。

2. フィールドにサーバー、ユーザー名およびパスワードを入力します。

3. 「詳細設定」で、SSLがオンに、ポートが443に設定されたことを確認した後、「次へ」をタップします。

4. ホーム画面に戻り、カレンダーをタップすれば、カレンダーが自動的に同期されます。

パート2.共有されたGoogleカレンダーとiPhoneを同期する方法

iPhoneまたはiPadをお持ちの場合は、あなたが共有したカレンダーがネイティブのカレンダーアプリまたはサードパーティのカレンダープログラムに表示されるまでに、もういくつかの手順を行う必要があります。次の手順では、共有したグーグルカレンダーをiPhoneに同期する方法が紹介されています。

1.「設定」>>「メール/連絡先/カレンダー」>> 「アカウントの追加」をタップし、アカウント追加画面で「Google」を選択します。そして、お使いのアカウント名、名前、Gmailアドレスやパスワードを入力して「次へ」をクリックします。
Googleアカウント情報を追加すると、メール、連絡先、カレンダーとメモを同期することができます。同期が成功に行われるために、カレンダーオプションがオンになっていることを確認してください。

2.次に、www.google.com/calendar/iphoneselectにアクセスします。 Googleアカウントにログインすると、すべての個人用および共有のカレンダーがすべて表示されます。各カレンダーの横には、チェックボックスがあります。すべてのデバイスに同期しようとする項目にチェックを外してください。既定設定はチェックオフですので、共有したいカレンダーを個別に選択する必要があります。また、同期したくないカレンダーも選択を解除することができます。