Windows8/8.1のPCでDVDを見たいですが、標準で搭載されるWindows Media Playerで再生すると、『このディスクは空です』と出て、再生できないみたいです。おすすめのフリーソフトがあればぜひ教えてください。

Windows8/8.1のパソコンはデフォルトでWindows Meida Playerが搭載されているものの、DVD再生機能がありません。そのため、DVDを再生するには別途ソフトのインストールが必要です。本記事は、Windows8/8.1のパソコンでDVDを再生できるフリーソフトを紹介します。また、Windows8のムービーメーカーを利用してDVDに焼く方法も説明します。

パート1:Windows 8/8.1のPCに対応する無料DVD再生ソフト・4選

・豊富な機能を搭載、DVD・Blu-ray・ISO対応のLeawo Blu-ray Player

Leawo Blu-ray Playerは一番人気のある無料DVD再生ソフトです。WindowsとMacパソコンの両方に対応し、Blu-ray/ DVD /ISO/ HDビデオ(MP4、MOV、MPEG、MTS 、WMV、AVI、AVCHDなど)を綺麗に再生できます。

最新のビデオ/オーディオコーデック技術を持って、ほとんどすべての暗号技術をサポートし、保護されたディスクにも対応できます。一番速い読み込み速度、無損画質、DTS-5.1オーディオ、高音質の立体音をサポートして、PCで最高の視聴体験を提供できます。

media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray Player

無料でBD/DVD/ISO/HD動画/4K動画再生可能!
☉ Blu-ray/DVDをリージョンフリー再生!
☉ MP4、AVC、MTS、MKV、AVCHDなどの形式に対応!
☉ 映画館並みの映像空間を創出、最高の映像体験を提供!

無料体験 無料体験

・クラシックで多形式に対応可能のVLC Media Player

VLC Media PlayerはDVD、オーディオCD、VCDなど多くのメディア形式や様々なストリーミングプロトコルを再生できるマルチメディアプレイヤーです。DVDを再生するには、「メディア」メニューから「ディスク」をクリックして設定画面を表示し、「ディスク」タブの「DVD」を選択して「再生」をクリックします。

ただし、VLC Media Playerは結構古いものなので、動作が若干遅く、操作も面倒な感じがします。ISOファイル再生時は不安定な場合もあるし、再生画質と音質はいまいちという意見があります。

VLC Media Player

・軽量・シンプルで使いやすいSMPlayer

「SMプレーヤー」は、シンプルなインターフェースが特徴です。DVDやISOイメージファイルを含め、ほとんどのフォーマットに対応します。また、軽量でありながら動作も軽く、DVDや容量の大きい動画ファイルもストレスなく再生可能です。

再生エリアの右クリックメニューから「開く」-「ディスク」-「ドライブのDVD」の順にクリックして、DVDを再生します。

ただし、UIが少し安っぽく見えてしまいます。また、音が出なかったり動画が乱れたりする場合もあります。

SMPlayer

・使いやすい設計、多機能のGOM Player

GOMプレーヤーの魅力は、インターフェースが洗練されている点です。DVDはもちろん、FLV、MP4、MPEG、MTS、M2TS、MKV、VOBなどの形式も対応できます。

DVDを再生するには、ソフトの右クリックメニューから「開く」-「CD/DVDドライブ」の順にクリックするだけです。

欠点を挙げるとしたら、広告が多すぎるので邪魔に感じてしまいます。また、ISOファイルも直接再生できないのでやや面倒です。

gomplayer

ご注意:

上記に紹介した再生ソフトは地デジを録画したCPRMのDVDディスクは再生できません。別途の有料ソフトを購入する必要があります。

パート2:Windows8のPCにムービーメーカーでDVDを焼く方法

Windows8のPCでムービーメーカーが搭載されるので、スライドショー&動画を編集するのが便利です。ムービーメーカーで作成される動画は、Windows DVDメーカーというソフト連携して、DVDに焼くことができます。

ムービーメーカーでDVDを焼く方法:

  • ムービーメーカーのメニュー項目に「ムービーの保存」-「DVDへの書き込み」の順にクリックして、Windows DVDメーカーを起動します。
  • DVD書き込み用ドライブやDVDタイトルを設定して、「次へ」をクリックします。
  • テンプレート一覧からメニューを選択して、メニューを作成します。
  • 「書き込み」ボタンをクリックすると、DVDの作成が始まります。
Windows-DVDメーカーを起動

パート3:Leawo DVD作成で簡単に動画をDVDに書き込む方法

Leawo DVD作成は、MP4、WMV、AVI、TS、M2TSなどあらゆるの動画形式をDVDディスク/ISOファイル/フォルダに書き込むことができます。また、メニューテンプレートも提供されるので、お好きにメニューを作成できます。さらに、動画のカット、複数の動画の結合、透かしの追加、3D効果の追加などの編集機能も利用できます。Windows DVDメーカーよりは機能も多いし、シンプルな操作だけでDVDの作成が可能です。

次に、Leawo DVD作成を利用して、動画をDVDに書き込む方法を説明します。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

ステップ1:

ソフトを起動して、「Blu-ray/DVD作成」モジュールを選択します。

モジュールを選択

「ビデオを追加」ボタンをクリックして、動画ファイルを追加します。

動画ファイルを追加

ステップ2:

動画ファイルの右に編集ボタンをクリックすると、動画編集画面が表示されます。

編集ボタンをクリック

プレビューし見ながら、ご自由に動画を編集できます。

動画を編集

ステップ3:

空のDVDディスクをドライブに挿入してください。

画面の左下にある選択肢でディスクタイプを設置します。

ディスクタイプを設置

ステップ4:

メニューテンプレートをプレビューしながら、好きなテンプレートを選択します。

テンプレートを選択

編集ボタンをクリックすると、メニューの背景イメージやBGMなどを設定できます。

メニューを設定

ステップ5:

「書き込み」ボタンをクリックします。書き込み先か保存先を設定します。

丸い「書き込み」ボタンをクリックすると、DVDの作成が開始します。

保存先を設定 DVDの作成が開始