「FLVインポートバグ:Adobe Live Media Encoder 3を利用してライブイベントをストリーミングします。レコードからのFLVファイルを編集して、Adobe Premiere CS4に導入する時、ビデオとオーディオトラックは同期しないケースがしょっちゅう起こります。解決方法はあるでしょうか。」

FLVをAdobe Premiereにインポートする時、ユーザーはよく上記のトラブルに巻き込まれます。心配無用です!解決案はこちらです。この記事はFLVをAdobe Premiereにインポートできない原因、及びFLVをAdobe Premiereに変換する方法をご案内します。

パート1:Adobe Premier Proとは?

Adobe Premier Proは人気が高いビデオ編集ソフトです。3GP、3G2、ASF、AVI、DV、F4V、GIF、M1V、M2TS、M4V、MOV、MP4、MPEG、MPE、MPG、M2V、MTS、VOB及びWMV等の幅広いビデオフォーマットをサポートできるので、グラフィックデザインとカメラマンに愛用されています。しかし、Adobe Premiere ProはFLVファイルをサポートできません。そのため、Adobe Premiere ProでFLVファイルを編集したい時、まずそれをAdobe Premiere Proがサポートできるフォーマットに変換(以下、「FLVをAdobe Premiereに変換」と言う)しなければなりません。その時、FLVをAdobe Premiereに変換するソフトが必要です。

パート2:Leawo HD動画変換プロでFLVをAdobe Premiereに変換

品質が最高で人気が高いビデオ変換ソフトとして、Leawo HD動画変換プロはビデオファイルを180種類以上のフォーマットに変換できます。例えば、MP4、AVI、MOV、MKV、MTS、FLVなどのビデオファイルを入力できて、MP4、H.265 MP4、MKV、H.265 MKV、MOV、HD ビデオ、4Kビデオなどに出力できます。つまり、Leawo HD動画変換プロがあれば、ユーザーはビデオファイルを任意のほかのビデオフォーマットに変換できます。同類ソフトより6倍の速さでオリジナル品質を再現できるのは特徴です。FLVをAdobe Premiereに変換できるだけでなく、Final Cut Pro、iMovies、Chromebook、Chromecast等にも変換できます。Leawo HD動画変換プロをダウンロード&インストールしてから、下記のガイドによって操作してください。

   

ステップ1:FLVビデオファイルを変換ソフトにインポート。

「ビデオを追加」ボタンをクリックし、FLVビデオファイルをプログラムにインポートしてください。直接プログラムにドラッグ&ドロップしてもいいです。

ご注意:このプログラムは、青い「すべてのファイルを結合」ボタンをクリックすることで、任意に追加されたビデオファイルをマージすることができます。

add-video-to-converter-1

ステップ2:MP4を出力形式に指定。

ソースビデオを導入した後、青い「変換」ボタンの隣のドロップダウンボックスをクリックし、また「変更」ボタンをクリックすると、「プロファイル」パネルにアクセスできます。そこで、MP4を出力形式に指定してください。

output-format-device-setting-2

ステップ3:ビデオファイルのパラメーターを設定。

ステップ2のドロップダウンボックスに後退して、「編集」ボタンをクリックすると、選択されたビデオのパラメーターを設定できる「プロファイル編集」インターフェースが現れます。映像コーデック、品質、ビデオサイズ、ビットレート、フレームレート及びアスペクト比等を設定できます。「OK」をクリックし、設定した内容を保存してください。

video-parameters-settings-3

ステップ4:出力ビデオの保存先を設定。

パラメーターを設定してから、メインインターフェースに戻って、大きな青い「変換」ボタンをクリックしてください。ポップアップされたサイドバーの「保存先」ボックスで出力ビデオの保存先を指定してください。

output-directory-setting-4

ステップ5:FLVをAdobe Premiereに変換し始める。

サイドバーの下部の「変換」アイコンをクリックし、FLVをAdobe PremiereがサポートできるMP4に変換し始めます。間もなく出力ファイルは指定された保存先で保存されます。こうして、Adobe Premiereにインポートできるようになりました。

convert-video-audio-files-5

パート3:フリーオンライン変換ソフトでFLVをAdobe Premiereに変換

Leawo HD動画変換プロのほか、FLVをAdobe Premiereに変換するオンラインソフトもあります。例えば、Files-Conversion。このソフトは多くのフォーマットを変換できるフリーサービスです。3GPをAVIに、WMVをFLVに、FLVをMP4に変換できます。出力品質カスタマイズ機能もあります。操作方法は極めて簡単です。下記のガイドをご参照ください。

ステップ 1: Adobe Premiereに変換したいFLVファイルを導入してください。

ステップ 2: MP4を出力形式に指定してください。

ステップ 3: 好きなように品質を設定できます。またサイズボックスで出力ビデオのサイズを選択できます。

ステップ 4: 「変換」をクリックし、FLVをMP4に変換し始めてください。変換時間はビデオファイルのサイズに関わります。

Files-converter-free-online

終了してから、MP4に変換されたビデオをAdobe Premiereにインポートできます。

パート4:もっと読む:Leawo HD動画変換プロ VS.Files-conversion

上記でLeawo HD動画変換プロ及びオンライン変換ソフトのFile-Conversionをご案内しました。二者の相違点を下記にまとめました。

相違点: 相違点: Files-conversion
機能
  • 1. パソコンにインストールされたアプリソフト
  • 2. トリム、切り抜き、ウォーターマークの追加、2Dを3Dに変換などのビデオ編集機能を提供
  • 3. 180種類以上のビデオとオーディオフォーマットの相互変換をサポート
  • 1. オンライン変換ソフト
  • 2. ビデオサイズを設定できる
  • 3. 普通のビデオフォーマットといくつかのオーディオフォーマットをサポートできる
スピード
  • 同類ソフトより6倍の速さ
  • 少々時間がかかる
品質
  • オリジナル品質をそのままキープできて、パラメーター設定が可能
  • Low、Moderate、High及びVery Highを含む様々な解像度で保存できる
プライバシー
  • 保証あり
  • 保証なし
コスト
  • 試用版は無料、低価格でアップグレードできる
  • 無料

要するに、両方とも自分なりのメリットを持って、FLVをAdobe Premiereに変換できます。優れた機能を持つLeawo HD動画変換プロは簡単にFLVをAdobe Premiereに変換できます。その一方、Files-conversionはソフトをインストールする手間を省けて、FLVをAdobe Premiereに変換する無料サービスを提供できます。便利さ及び安全性の角度から見ると、Leawo HD動画変換プロの方がましです。ご自分の需要によって自由に選びください。