iOSデバイス上の優れた機能の1つとして、FaceTimeは、データやWifiで便利なビデオとオーディオ通話に使用されています。 すべてのiOSユーザーは、インターネットからこのアプリを無料でダウンロードできます。特に、iPhoneとiPadの顧客は、友人や家族とFaceTimeで交流する傾向があります。 しかし、スムーズな接続とパフォーマンスとは関係ないが、FaceTimeが時々iPhoneで機能しないことがあります。この問題は、iPadにでも同じように発生する可能性があります。原因はまだ分からないですが、この問題を解決できるいくつかの実用的な方法があります。

方法1:インターネット接続を確認する

ほとんどの場合、FaceTimeが実行しないのは、ネットとの接続に問題があることに関連付けられています。それはネットワークは正しく実行していません。 iOSデバイスに接続されているWifiがインターネットにアクセスできないなら、FaceTimeをアクティブ化にすることはできません。一方、FaceTimeでのビデオチャットは大量のセルラーデータを消耗するため、大量なデーター通信量がないと同じく実行できません。 それで、データ通信量が不足している場合は、データプロバイダーに確認したほうがいいです。

Wi-Fiに接続するときは、このガイドに従ってネットワークのトラブルシューティングを行う必要があります。

Step 1. 他のデバイスを使用してWifiをテストします。 iPhoneまたはiPad以外にFaceTimeが機能しない問題のあるiOSデバイスがある場合は、デバイスを同じWifiに接続します。別のデバイスでインターネットへのアクセスに問題がある場合は、他のネットワーク環境に変更することをお勧めします。

Step 2. ネットワークルーティングデバイスを再起動します。 WiFiがFaceTimeに残された唯一の選択肢である場合は、ルーターまたはモデムを再起動して、それがルーターツールの問題であるかどうかを確認する必要があります。

Step 3. 信号源の近くにとどまります。すべてのネットワークは正常に見える可能性がありますが、読み込み速度は非常に遅く、iPhoneはほとんどコンテンツを読み込みません。 iPhoneまたはiPadをルーターの近くに移動します。

Step 4. ファイアウォールやその他の制限を確認してください。パーソナルプロキシサーバーは、FaceTimeでの接続を遅くしたり、妨げたりすることがありました。速度を上げるには、このようなサービスをシャットダウンしてください。

方法2:FaceTimeサーバーのステータスを確認する

周知されるように、FaceTimeはAppleサーバーをベースに構築されています。 FaceTimeサービスを利用するには、このサービスがユーザーに利用可能かどうかを確認する必要があります。サーバーの実行ステータスがないと、FaceTimeにアクセスする方法はありません。 したがって、これはFaceTimeが実行しない問題を解決するとう迅速で簡単な方法です。おそらく、ほとんどのiPhoneとiPadのユーザーたちが、Apple社が公式サイトに提供されているApple System Statusについてよく分かっていません。 誰でも任意のブラウザからWebページにアクセスできます。

FaceTimeサーバーのステータスを確認する手順:

Step 1. ウェブブラウザーでページhttps://www.apple.com/support/systemstatus/を開きます。

Step 2. 一般に、緑色の点は、すべてのサービスが正常に動作していることを示します。
プラスアイコンをクリックして、アルファベット順にリストされているコンテンツを拡張します。 FaceTimeを見つけて、タイトルの横に何が付いているかを調べます。 FaceTimeに関連して進行中の問題がある場合は、現在問題が発生している可能性のあるアイテムを示す別の黄色の点が表示されます。

方法3:FaceTimeをオフにしてから、再実行する

時々、FaceTimeがiPhoneで実行しないという問題は、そのプログラム自体と関係があります。 FaceTimeを長時間アクティブ化にすると、他のソフトウェアとの競合が発生かもしれません。 同様に、マルチタスクの原因でFaceTimeがiPadで実行しない場合もあります。FaceTimeは、各種のアプリケーションと一緒に実行している時に、スタックする可能性があります。 このような状況では、システム設定からFaceTime機能を再びアクティブ化することができます。

iPhoneまたはiPadでFaceTime機能を無効または有効にする方法がわからない場合は、ここに完全なガイドがあります。

Step 1. ホーム画面から[設定]に移動します。

Step 2. システムメニューを下にスライドして、FaceTimeのタイトルを見つけます。基本機能モジュール内にあります。

Step 3. このラベルをタップして、FaceTimeメニューに入ります。メニューの最初のオプションを切り替えて、FaceTime機能をオフにします。

Step 4. FaceTimeをすぐに有効にするために、約1〜2分待ってから、もう一度戻ってオンに切り替えることができます。

方法4:FaceTimeからサインアウトしてから、再度サインインする

iPhoneとiPadを使用するには、Appleアカウントを取得する必要があります。 この要求は、すべてのiOSデバイスと機能に適用されます。1つのAppleIDにサインインすることで、複数のiOSデバイスを利用できます。 FaceTimeも同じように、共有するApple IDが必要です。 もしApple IDがFaceTimeで正常にログインできないなら、他のアカウントにも接続することはできません。 FaceTimeが実行しないという問題は、無効なFaceTimeアカウントが原因である可能性があります。

Step 1. [設定]から[FaceTime]メニューに移動します。設定を入力し、FaceTimeタブまでスクロールダウンします。このタイトルに入り、FaceTime機能をオンにします。

Step 2. Apple IDのオプションをタップして、アカウントをサインアウトします。 FaceTimeアカウントに関連するさまざまな操作を求めるプロンプトが表示されます。サインアウトの選択肢を選択します。

Step 3. FaceTimeアカウントがクリアされると、パネルにAppleIDが表示されなくなります。ここで、Apple IDをもう一度タップすると、サインインするように求められます。AppleIDのメールアドレスとパスコードを入力します。確認が完了したら、他のアカウントを呼び出してFaceTimeを再試行します。

方法5:iPhone/iPadの日付と時刻の設定を確認する

iPhoneやiPadでの特定の基本設定が間違っていると、何が発生するかを予測するのは難しいです。 毎日のフルなスケジュールがあるので、時刻や日付などのデフォルト設定には、あまり注意を払わない可能性があります。
日付と時刻の設定によってFaceTimeがiPhoneで実行しなくなる可能性があることに驚かれるかもしれませんが、iPadなどのような他のiOSデバイスでもFaceTimeが動作しないとう同じような現象があります。言い換えれば、Facetimeが実行しないという問題は、誤った日時と関係があります。

指示に従って、正確な日付と時刻を設定します。

Step 1. ホームインターフェースから設定アプリをタップします。

Step 2. メニューを調べて、一般的な見出しを見つけます。このオプションを選択して、次のメニューに入ります。

Step 3. 下にスクロールして、各アイテムを注意深く参照します。日付と時刻が表示されたら、少しタップしてさらに設定します。

Step 4. ユーザーの好みに対処するための選択肢がさらに3つあります。 1つ目は、個人的な考えによって決定される午前と午後の代わりに24時間制を使用することです。重要なのは2番目の–自動設定です。時間を調整するのが面倒だと思われる場合は、この機能を有効にして、タイムゾーンが滞在場所と一致していることを確認してください。

方法6:iPhoneをリセットする

もし、上記の解決策のいずれもFaceTimeがiPhoneやiPadで実行しない問題を解決できないなら、最後の方法を試すしかないです。 それは、iOSデバイスのすべてのコンテンツと設定を削除することです。 FaceTimeがiPhoneやiPadで動作しないというパフォーマンスによって、個人データ、レコードおよびメディアファイルが消去される可能性がありますので、iPhoneやiPadのデーターを事前にバックアップするようとお勧めします。

ただし、iPhoneをiCloudやiTunesにバックアップするなど、データをバックアップするという通常のプロセスの中では、データ紛失の発生を防ぐことができません。 一方、iPhoneとiOSデバイスをリセットすることも、データが失われるというリスクがあります。FaceTimeが実行しない問題を解決した後、Leawo iPhoneデータ復元などのプロなプログラムによって、iPhoneやiPadから紛失されたデータを復元できます。 このオールインワンソフトウェアは、画像、ビデオ、チャット履歴、ブックマークなどを含む14種類のデータを取り戻すことができます。それにより、iOSプラットフォームで貴重な情報を安全で確実に保護することができます。 数多くの偶発的なデーター紛失を防ぐために特別に設計された、この強力なiOSデータ復元ソフトは、リセットによる損失を最小限に抑えることに役立ちます。なお、3つの機能モードによって、必要なファイルを復元できます。

  • ios-data-recovery
  • Leawo iPhoneデータ復元

    ☉ iPhoneから12種類の紛失したファイルを復元
    ☉ iOSデバイスの最深層セクタースキャン
    ☉ すべてのiOSデバイス、ソフトウェアに対応
    ☉ iTunes、iCloudバックアップからデータを復元
    ☉ セキュリティー保証

iphoneをリセットする詳細の手順はこちら:

Step 1. メインインターフェイスから[設定]をタップします。

Step 2. [一般]メニューにアクセスして展開します。

Step 3. パネルの一番下までスクロールし、[リセット]オプションを選択します。

Step 4. [リセット]セクションには、関連するコンテンツを変更およびクリーンアップするための操作がいくつかあります。この手順では、[すべてのコンテンツと設定をリセット]を選択する必要があります。

Step 5. オプションをタップすると、パフォーマンスを確認するためにパスコードを入力するように求められます。最後に、iPhoneの消去を選択し続けてプロセスを完了します。