DVDの書き込み時間を短縮する方法が考える人がいますが、最速な動画-DVD変換ソフトのことを知らない人は多いようです。さらに、動画やデジタル写真を撮影することは日常生活に欠かせないことになっています。インターネットのおかげで友人や家族とメディアを共有するのを簡単にできることが知られています。余暇時間を最大限有効に活用するために、最速な動画-DVD変換ソフトを紹介します。

パート 1: DVD書き込み速度について知っておくべきこと

「書き込み速度」というのは、ハードディスクまたは別のディスクからDVDディスクへの動画または他のタイプのコンピュータデータの書き込み速度のことを意味します。一般的に、最新のDVDは最大24倍速に対応しています。1Xの速度は、1.385MB/sとなります。CDを書き込む場合、等速の9倍速にすることができます。つまり、CDとDVDは読み書き速度が違うということです。Blu-rayディスクの場合は、次元が違います。

writespeed-01

書き込み速度はどれくらいが良いのか?

空の書き換え可能DVDラベルにディスク容量と記録モード時間、書き込み速度など情報が表示されます。基本的には、2x、4x、8x、またはそれ以上の書き込み速度と書かれています。nXは、基準速度のn倍の速度で書き込みができるということです。たとえば、8倍速のDVDを書き込む場合は、4倍速のものより書き込み速度が2倍速くなることになります。実際の書き込み速度は書き込むデータの種類などの要因によって変わります。最速なDVD書き込みソフトがない場合、書き込み速度設定をMAXに設定しておくと品質には影響する可能性があります。

10年くらい前は、書き込み速度は遅ければ遅いほど良いと言われていた時代もありましたが、ディスクの製造技術によって、今はそんな事は無いようです。8倍速で書き込むのは一番安全ですが、16倍速で書き込むにも、特に問題はありません。低速メディアの利用する場合、4倍速などの低速で書き込みを行うのがオススメです。
記録データの品質を安定させるために重要なのは、「低速度で記録する」事ではなく、「メディアとドライブに合った速度で書き込みプロセスを行う」ことが一番大事です。

パート 2: DVD書き込む前に知っておくべきこと

パソコンでDVDを作成するに、必要なものはDVDドライブ、DVDオーサリングソフトウェア、書き込み可能なDVD。
DVDオーサリングについて知っておく必要があることは下の記事をご覧ください。

パート 3: DVDを簡単に焼く方法

DVDドライブ、DVDオーサリングソフトウェア、書き込み可能なDVD、動画ファイルが全ての準備完了の場合、DVDの作成が開始できます。Leawo オーサリングソフトについて、この記事はLeawo DVD作成というソフトでデモンストレーションします。

「Leawo DVD作成」は今まで使われたオーサリングソフトの中で一番使いやすいものです。このソフトは、MKV、MOV、MP4、AVIなど汎用的なビデオフォーマットに対応して、一般的な動画ファイルをISOファイルに作成、またはDVDに直接書き込むことができます。十分なメニューテンプレートが選択可能で、自分なりのDVDが作成可能です。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験