友人が古いDVDをたくさん集め、様々なオンラインのビデオ共有サイトからHD画質の動画を見た後、DVDディスクの品質に満足しなくなりました。そこで、DVDをブルーレイ品質に変換する方法を私に聞きました。発想はいいのだけれど、DVDをブルーレイ品質に変換するのは物理的に不可能です。

DVDをブルーレイ品質に変換できますか?

簡単に言えば、できません。

DVDに格納されるビデオは、北米、韓国、日本などの国および地域では720*480ピクセル、ヨーロッパのほとんどの国、オーストラリア、アジアのほとんどでは720*576ピクセルの解像度であり、これを標準精細度と呼びます。標準精細度ビデオは、MPEG−2圧縮技術を使用して符号化されます。9.8 Mbpsは、DVDにおけるビデオの最高ビットレートであり、ほとんどのDVDビデオの平均ビットレートは、約4~5Mbpsです。より低いビットレートは、ピクセレート、画像をソフトな感じ及び他の視覚的問題が発生する可能性があります。

ブルーレイディスクは、異なる解像度のビデオを格納することができます。しかし、ほとんどのスタジオは、フルHD(1920*1080解像度)を採用します。ほとんどのブルーレイは、ビデオ圧縮のためにVC−1またはMPEG−4 AVCビデオコーデックを使用します。それらはより高度で進歩した技術であり、従来のMPEG−2よりも低いビットレートでより良いビデオ品質を可能にします。そして、ほとんどのブルーレイのビットレートはDVDよりもはるかに高品質です。

 
 
ご覧のように、ブルーレイはDVDより品質面でリードしています。DVDは、作成中に高度に圧縮されます。DVDをブルーレイに変換できるプログラムはあるようですが、実はDVDをブルーレイに変換するのではなく、圧縮を元に戻すだけです。そうすれば、480p解像度を1080pに拡張したDVDビデオを得られますが、画質がぼやけて不鮮明です。

DVD stretched to FHD

どうしても変更したい場合、DVDをブルーレイに変換するプログラムと方法は以下の通りです。

DVDの動画をブルーレイに書き込む方法

DVDをバックアップしてコピーしたいですが、書き換え可能なブルーレイディスクしかない場合は、DVDの映像を空のブルーレイディスクに書き込むことができます。DVDをブルーレイの品質に変換することはできませんが、ブルーレイに保存することができます。品質を損なうことなくDVDをブルーレイに変換する最良の方法は、DVDを無損失なMKVビデオに変換してから、ブルーレイに書き込みます。必要なプログラムはLeawo DVD変換Leawo Blu-ray作成です。
Leawo DVD変換は、DVDを損失のないMKVビデオや考えられる多くの他のフォーマットに変換できるトップDVD変換プログラムの一つです。Leawo DVD作成は、あらゆる種類のビデオをブルーレイの作成に役立つ強力なブルーレイ作成ソフトウェアです。この二つのプログラムはLeawo社のLeawo Prof.Mediaというソフトに含まれているので、実に便利です。。

2つのプログラムを使って、DVDをブルーレイに変換する方法を説明します。

video-converter

Leawo Prof. Media

☉ ブルーレイとDVDをMP4、MKVなどの形式に変換

☉ 動画、ISO、VOBファイルを空のBDとDVDに書き込み

☉ YouTubeの動画を簡単にダウンロード

☉ 動画フォーマットを180種類以上の形式に変換可能

☉ 動画を空のDVD-5、DVD-9、BD25、BD50ディスクに簡単に書き込み

無料体験 無料体験

ステップ 1. ブルーレイに変換したいDVDディスクをディスクドライブに挿入し、デスクトップ上のプログラムのショートカットアイコンをダブルクリックして、Prof.Mediaを起動します。画面にDVD変換タブを押し、モジュールを開きます。

Load DVD Ripper

ステップ 2. ディスクの準備ができたら、「ブルーレイ/DVDの追加」>CD−ROMの追加>ディスク」をクリックして、DVD内のすべてのコンテンツをDVD変換に直接ロードできます。

Load source file

ステップ 3. ほとんどの場合、ディスクに複数のビデオタイトルが含まれているので、すべてのタイトルを保存するか、一部のタイトルを保存するかを決める必要があります。3種類異なるタイトルから選べられます。フルムービーはすべてのタイトルを保留し、メインムービーは最も長いタイトルのみを保留します。メインムービーは必要なタイトルを手動で選択できます。OKをクリックし、選択したタイトルをビデオリストに追加して次のステップに進みます。

Select video title to rip

ステップ 4. 右上緑の「変換」ボタンの左にあるボタンをクリックし、「変更」をクリックしてプロファイルパネルに進みます。フォーマット>無損失ビデオの中から無損失MKVフォーマットを探し出します。このタブにはマルチトラックMKVオプションしかありません。これは必要とする無損失MKVプロファイルです。マウスで直接タブを押して、デフォルトに設定します。

Set Lossless MKV as default

ステップ 5. 右上にある緑の「変換」ボタンを押し、ビデオリストの右側からサイドバーが表示されるのを待ちます。サイドバーの[保存先]の下に出力MKVビデオの出力場所を設定し、下の[変換]ボタンをクリックして、DVDをロスレスMKVに変換し始めます。

Start copying

MKVビデオを入手すると、Leawo DVD作成を使用してMKVビデオをブルーレイディスクに書き込むか、またはビデオをパソコン上のブルーレイやブルーレイ ISOイメージに直接変換することができます。その方法を次に示します。

Open Blu-ray Creator

ステップ 1. 左上隅の「Home」ボタンをクリックし、Prof.MediaのHome画面に戻り、Blu-ray作成をクリックします。

Add MKV Video

ステップ 2. MKVビデオをBlu-ray作成の画面に直接ドラッグするか、「ビデオを追加」ボタンを使用してMKVビデオをモジュールに追加します。

Choose audio tracks and subtitles

ステップ 3. ファイルの「オーディオ/字幕」ドロップダウンメニューをクリックして、必要なオーディオトラックと字幕を選択します。左下の「ディスク規格」ドロップダウンメニューをクリックし、メニューから空のブルーレイディスクの規格、アスペクト比を選択します。

Start converting

ステップ 4. 右上の緑の「書き込み」ボタンをクリックすると、より多くのオプションが付いたサイドバーが表示されます。「書き込み」の下には、3つのオプションがあります。「フォルダ」および「ISOファイル」オプションは、MKVビデオをブルーレイまたはブルーレイISOに変換し、ファイルをハードドライブに保存するのに役立ちます。2つのオプションのいずれか、または両方を選択する場合、「保存先」のボックスに出力パスを設定する必要があります。3番目の選択肢は、空きのブルーレイディスクとブルーレイ変換ソフトがあれば、MKVビデオをディスクに書き込むことです。下部の「変換」ボタンをクリックして、MKVファイルの書き込みまたは変換を開始します。

以上、DVDをBlu−rayに変換する方法です。DVDをブルーレイ品質に変換することはできませんが、品質はそれほど良くないけど、DVDをブルーレイに変換することができます。

必要に応じて、Leawo DVD変換は、MP4、WMV、AVIなどのフォーマットに対応しているため、Apple TVや他のスマホでDVDを再生するのに役立ちます。

関連記事:

【レビュー記事】ブルーレイ・DVDを簡単に作成!Leawo Blue-ray作成のインストール・使い方をご紹介

高性能のメニュー付きのDVD作成ツール5選

PCでマルチアングルBD/DVDを再生する方法