クラウド・ストレージは、ファイル共有とアクセスをシームレスに行い、プラットフォームの互換性を確保し、複数のデバイスを同期させ、整合性を保つために重要な役割を果たしているので、日常生活と業務に欠かせないツールです。Google ドライブとDropboxは、主要なオンラインストレージサービスであり、どちらも基本的な機能を備えていますが、比較すると相違点があります。

パート 1 : Dropbox vs. Google ドライブ

DropboxはGoogle ドライブより何年も前から市場に参入してきたので、Dropboxは大きなシェアを占めていますが、Google ドライブはDropboxにとってライバルとなっています。Google ドライブについては、「iPhoneからGoogleドライブに写真をアップロードする方法」で詳しく解説します。

以下は、DropboxとGoogle ドライブの違いについての比較表です。

比較項目 Google Drive Dropbox
1. 対応ファイル Google ドライブは、AutodeskやPhotoshopなどの30種類のファイルに対応しています。
パソコンにプログラムをインストールせずに直接表示でき、ファイルをダウンロードすることなく直接編集することができます。
Dropboxはどのファイルにも対応しておらず、代わりに、すべてのファイルをパソコンでダウンロードする必要があります。
なぜなら、オンラインファイルは利用できないため、ファイルのプログラムを入手する必要があるからです。
2. 料金とストレージ容量 15GBプラン / 無料、100GBGB は250 JPY / 月、
1 TB は1.300 JPY / 月のお支払いプランを提供
Basic プランは無料。
年間払いにすると、1TBのPlusプランは¥1,000/月 、
2 TB(2,048 GB)のProfessionalプランは¥2,000 / 月
3. 削除されたファイルと以前のバージョン ドキュメントは最大100件、30日間保存されます。
削除されたファイルはごみ箱に保存され、ごみ箱から削除すると完全に削除される。
削除してしまったファイルや保存前のファイルを 30 日間保存してくれます。
以前のバージョンの保存容量は合計ストレージ容量に計上されません。
4. 共有機能 ファイルは電子メールで共有されます。
ファイルの編集の権限を与えず、ファイルの閲覧のみの権限を共有相手に対して設定できます。
Google ドライブはMacとWindowsに対応しています。
共有方法には2種類があります。一つは共有リンクでデータを共有します。
もう一つはチームフォルダを作成して共有します。
Dropboxが対応しているMacやWindowsのバージョンが多いです。
5. 顧客満足度 95% 97%
6. 主な機能 大容量保存スペース
ファイル保存とシェア
セキュリティプラットフォーム
Gmailでアカウントを探す
サードパーティーアプリと連携
256-bit AES セキュリティ保護
ファイル自動的に整理とバックアップ
高速同期
自動アップデート
オフライン アクセス

パート 2 :DropboxからGoogle ドライブにファイルを転送する方法

IT技術の進歩に伴い、クラウド・ストレージ・デバイスはますます普及していきます。データはクラウド・ストレージによってオンラインに保存されるようになり、インターネットに接続すると、あらゆるパソコン上のデータを制限なしに使用できるようになりました。よく知られているクラウドドライブはDropboxとGoogle Driveです。特殊な要求によりDropboxアカウントやGoogle Driveアカウントなど複数のクラウドドライブを持っているかもしれません。2つのアカウントがあることを想定し、Dropboxに格納されたファイルを、DropboxからGoogle Driveに移動したい場合があります。この問題を解決する良い方法をご存知ですか。以下では、DropboxにあるファイルをGoogle Driveに移行する効率的な方法を紹介します。

moving dropbox to google drive for files

1. DropboxよりファイルをダウンロードしてからiPhoneに保存することができます。「Dropboxからパソコンにファイルを移動するにはどうすればいいでしょうか?」という疑問があるかもしれません。詳しい手順は手順 2にて解説しています。

2. iTransferを利用して、iPhoneからパソコンへファイルを転送する。Leawo iTransferはiOSデバイスとパソコン間の転送問題を解決するための強力な転送プログラムで、アプリやビデオ、連絡先、写真など12種類のファイルを転送するのに対応しています。ファイル、特に音楽ファイルを管理する際に便利なツールです。Leawo iTransferは、プレイリストを自由に有効管理することができます。このソフトウェアは、高度なスキャンと転送技術により、高速かつ安全で高品質なファイル転送を実現しています。操作は簡単で転送速度が速いので、ファイル転送完了までに数秒間しかかかりません。詳細な手順は次のとおりです。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ移行ソフト

☉ IOSデバイスとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと写真などを簡単に転送

☉ 最新のiPhone機種、iOSソフトウェアに対応

☉ iTunesと同期しなく、データー紛失の心配なし

無料体験 無料体験

2.1 パソコン中のiTransferを起動し、iPhoneをパソコンに接続すると、iTransferは自動的にiPhone検出し、左側のサイドバーにはiPhoneの情報を表示します。

Launch iTransfer

2.2 転送するファイルを右クリックして選択し、「転送先」>「マイコンピュータ」の順に選択します。CtrlキーまたはShiftキーを押しながら複数のファイルを選択することもできます。次に、右側の一番下にある転送アイコンボタンをクリックします。

Choose the files

2.3 プロンプトが表示されたら、転送されたファイルを保存するフォルダを選択するために、「フォルダに保存」にチェックを入れ、「変更」ボタンをクリックします。「今すぐ転送」をクリックして、転送を開始します。

click the button change

3. iPhoneからパソコンにファイルを転送した後、出力先フォルダに移動して、Google ドライブにアップロードする必要があるファイルを検索します。これでDropboxからGoogle ドライブにファイルを転送が完了します。