iPhone6s/6s plusの発行につけ、最新のiOS9もリリースされています。さて、今回iPhoneユーザーの皆さんで、iOS 9対応機種を利用中の場合は、無料でiOS 8からアップデートできるのですが、その際にちょっと気を付けておきたい点がいくつかあります。という事で、本日は個人的に気になる【iOS 9アップデート】時の注意点を、少しまとめてみたいと思います。


 

iOS 9にアップデート前にiPhoneのバックアップをしっかり取っておこう!

こういったiOS 8→iOS 9のような大きなアップデートの際には、様々な不具合が出る可能性もあります。そのため事前にiPhoneのデータをバックアップしておくことが重要です。パソコンがある場合は、iTunesでパソコンにバックアップを取るのがベストでしょう。

特に連絡先などはしっかりバックアップを取っておくようにしましょうね。こちらの記事で自分のiPhoneデータバックアップ方法をまとめています。良かったら参考にしてみてください。
iPhoneデータをパソコンにバックアップする方法

smart-ios9-latest-news


 

iOS 9にアプリが対応しているかよく確認を

現在パズドラやモンストなどの課金系ゲームアプリで遊んでいる方はもちろんのこと、普段これがないと仕事にならない!というような重要なアプリがある方は、事前に公式サイトでiOS 9へのアプリ対応状況を見極めておく必要があります。

そして【iOS 9対応済み】と報告があっても、実際にiOS 9がリリースされた後、少し時間をおいて不具合が無いかをよく確認してからアップデートするのがおすすめです。事前検証では分からない不具合が発生することも考えられますので。

一度アップグレードすると前のバージョンに戻せないため、不具合が無いかの確認は、気になる方はしっかりとチェックしておきましょう。

maxresdefault


 

iOS 9にアップデートする二つ方法

iOS 9にアップデートするには、直接デバイスでおこなう方法やパソコンにインストールしたiTunes経由でおこなう方法二つ方法があります。

多くの方はもっとも手軽なデバイス単独でおこなう方法を選ぶと思いますが、デバイスによる方法は、アップデートが失敗しやすい、iPhoneに相当な空き容量が必要、アップデート時間が長くかかる等のデメリットがあります。もしパソコンの利用が可能であれば、iTunes経由による方法をおすすめします。

iTunes経由による方法は、一度iTunesをインストール後iPhoneをバックアップすることがあれば、iPhoneをiTunesに接続するだけでiPhoneのバックアップとiOSのアップデートメッセージが出ることが出来ます。

ios9_3


iOS9にアップデートする際の準備作業および必要な事:

■ 事前にデータをバックアップ

■ デバイスでアップデートするにはWi-Fi接続環境が必要

■ iPhoneに1.3Gバイト以上の空き容量が必要

■ アップデート時間を短縮

 

 

ご注意:

iPhone/iPad/iPodユーザーは、iOS9にアップグレードする際、iOSアップデートのトラブル解決方法はこちらへ、良かったら参考して見てください。

iOS 9にアップデートしたら消えたデータを復元する方法