CDとDVDの違いはなんでしょうか?CDの中に曲があります。DVDの中に動画があります。多分多くの人はそう思うんでしょう。実は、CDとDVDの違いは多いです。CDとDVDは主にレーザー波長、レンズ開口率(NA)、ディスク構造、容量、ディスク規格、用途の面で違いがあります。今すぐ説明します。

 

パート1. CDとDVDの違い

 

CDとDVDの違い:

  • レーザー波長
  • レンズ開口率(NA)
  • ディスク構造
  • 容量
  • ディスク規格
  • 用途

 

CDDVD

CD,DVDだけでなく、BDも、記録方式から見ると、どちらも必要なデータをディスクトラックの非常に小さな溝(記録層/反射層)に取り込んで、光学ドライブのレーザービームで読み取ります。

レーザー波長の違い

レーザーの波長が短いほど、単位面積あたりにより多くの情報を記録または読み取ることができます。CDは波長780〜790 nmの赤い色レーザーを使用してデータを読み取り、DVDは波長635〜650 nmの赤い色レーザーを使用してデータを読み取ります。ちなみに、ブルーレイディスクの青紫色のレーザー波長は405nmとさらに短波長。通用することができません。

レンズ開口率(NA)の違い

DVDは光を絞りこむ能力に優れた高い開口数(NA)のレンズを採用しました。CDのレンズ開口率は0.45で、DVDは0.60です。ちなみに、Blu-rayは0.85です。短波長の青紫色レーザーを高開口数のレンズでギュッと絞り込むことで、光スポット(焦点)面積を小さくできます。つまり、カバー層で記録できるデータが増えます。

ディスク構造の違い

CDとDVDも透明の樹脂層からレーザー光を当てて、その反射光の明るさを読み取ります。外観はCDと同じ直径12cm、厚さ1.2mmのディスク盤ですが、DVDは反りに強くするため半分の厚さのディスクを2枚貼り合わせた構造になっています。
DVDはCDの半分以下のサイズのピットで高密度化を行い、さらに効率の良い誤り訂正符号を用いることでCDの7倍もの記録容量を実現しています。

CDDVD構造

反射光は平らなランド部分では明るく、突き出たピット部分では暗くなるように設計されていて、 この明暗の差がデータを表しています。

 

※CDとDVDのレーザー波長、レンズNA、構造の違いについて、こちらの写真を参考してください。
CDDVDBDの違い

容量の違い

CDもDVDもブルーレイディスクも、同じ12cmのディスクですから面積は同じです。同じ面積で記録量を増やすには、より密度を高くして記録する必要があります。レーザー波長、レンズNA、構造なの要因によって、DVDの容量はCDより大きいです。
一般的なCDとVCDのデータ容量は約650MB〜700MB、片面1層DVDディスクの容量は4.7GBで、これはCD-ROMの約7倍です。両面2層DVDディスクの容量は9.4GBに達します。

ディスクの容量が大きいほど、より多くのデータを保存できますので、画質も高くなります。
VCDの画像解像度は352 * 240(NTSC方式)または352 * 288(PAL方式)に過ぎないため、1080 * 720までの解像度のDVDの登場により、VCDは基本的に置き換えられました。

規格の違い

①CDは主に三つの種類があります。
1. CD-ROM:読み取り専用となり、データの記録・削除はできません。音楽やアプリケーションなどのソフトを販売する際に使われます。市販のオーディオCDやアブリケーションCDがこのタイプ。
2. CD-R:音楽・画像・テキストなど、様々なデータを一度だけ書き込むことができます。書き込んだ後に移動や削除や追加はできません。
3. CD-RW:音楽・画像など、様々なデータの読み書きに加え、約1000回程度のデータの書き換えが可能なディスクです。書き込むためには「CD-RW」に対応したレコーダーが必要です。

②DVD主はDVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW四つの種類があります。詳細はこちらの記事をご覧下さい。

用途の違い

①CDには「音楽用」「データ用」の2種類がある
「音楽用」はCDプレーヤーで音楽を記録することを目的に作られた規格で、販売価格に「私的録画補償金」が上乗せされています。ただし、パソコンで音楽データを記録するのなら音楽用である必要はなく、データ用でもちゃんと記録できます。どちらを選ぶかは倫理的な問題となります。

②DVDにも「録画用」「データ用」の2種類がある
「録画用」は地デジのテレビ番組を録画するときに使用するディスク。「データ用」は主にパソコンでデータを記録する場合に使用するディスクです。
「録画用」は価格に「私的録画補償金(著作権料の協力費)」がわずかに上乗せされており、CPRM対応(コピー制限)となっています。地デジ放送のテレビ番組はこのCPRM対応のディスクでないと、録画ができない仕組みになっているのです。一方の「データ用」は基本的にCPRMに対応していないため、テレビ番組を録画することはできません。なお、CPRM対応ディスクで記録・再生するにはCPRM対応のDVDレコーダー(最近の大半のレコーダーが対応)が必要です。
また、「録画用」をパソコンを使ってデータ記録用として利用しても特に問題はありません。

 

パート2. 曲をCDに書き込む方法

音楽、写真、ビデオを PC から空の CD や DVD にコピーする操作は “書き込み”、”焼く”と呼ばれます。一方、音楽、写真、ビデオを CD や DVD から PC にコピーする操作は “取り込み” と呼ばれます。

好きな曲または自作の音楽をCDに焼くとき、Windows Media Playerというソフトで簡単にできます。Windows Media Playerでは、オーディオCD、データCD、データDVD の 3 種類のディスクに書き込むことができます。どの種類のディスクを使用するかを決めるうえで、コピーする内容と量、およびどのようにディスクを再生するかを考慮に入れる必要があります。

詳細のやり方は下の記事をクリックして、チェックしてください。

 

パート3. 動画をDVDに焼く方法

動画をDVDに書き込みたいなら、DVDドライブとDVD作成ソフトが必要です。今日は「Leawo DVD作成」で動画をDVDに書き込んでみしょう!「Leawo DVD作成」は、Windowsでの最良のDVD書き込みソフトの一つとして、高速で動作し、DVDでの出力ファイルを高画質に保持するので、DVDを作成に最適な選択肢になります。このソフトを利用して、動画の形式を変換する必要がありません。DVDに直接書き込めます。ダウンロードしてインストールしてみたらいかがでしょうか。そして案内手順を参考して試してみてください。ファイルの書き込みを開始する前に、空のDVDディスクの挿入を忘れないでください。

  • dvd作成
  • Leawo DVD作成

    ☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに書き込み
    ☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW ほぼ全てのDVDメディアに対応
    ☉ DVDメニューテンプレートを自由に選択可能
    ☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応
    Download Windows VersionDownload Mac Version

ステップ 1. 動画ファイルを追加

add-source-avi-video

「Leawo DVD作成」を起動して、 「ビデオを追加」をクリックして、動画ファイルを選択します。その後、空のディスクをドライブに挿入して、ソフトウェアの左下で「DVDの規格」を設定します。

ステップ 2. 動画編集

do-burning-settings

追加したファイルの「編集」ボタンをクリックして、動画を編集できます。例えば、透かしの追加、3Dモードに変換、時間のカットなど。

ステップ 3. DVDメニューを設定する

do-burning-settings

追加したファイルにメニューを作成することができます。DVDにメニューを入れたくない場合は、プログラム画面の右側で「NO Menu」をクリックすればいいです。

ステップ 5. 出力設定

do-burning-settings

右上の「書き込む」をクリックすると、動画を「フォルダ」または「ISOファイル」の形式に変換できます。もちろん、直接的にDVDに書き込むこともできます。

ステップ 6. DVD作成開始

burn-avi-to-iso

出力先と出力形式を決めた後は、下の「書き込む」をクリックして、DVDの焼く作業を開始します!

動画ガイド|Leawo DVD作成