よくある質問

    「Windows7内蔵のムービーメーカーで、友人の結婚式の余興ムービーを作りました。作成した動画をWMV形式で保存しました。その動画をDVDプレイヤーでも再生できる規格で焼きたいのですが方法を教えてください!」

    「Windows Movie Makerを使って子供の動画を編集しました。作成したMP4ファイルをDVDに焼きたいです。パソコンはWindows8.1です。何か簡単にできる方法ありませんか?」

Windows ムービーメーカー(Windows Moive Maker)とは、マイクロソフトが開発したビデオの作成・編集に使用するソフトです。動画のトリミング/連結、テキストの合成、音量の調整、エフェクト効果の追加など、基本的な編集機能が内蔵されます。

ムービーメーカーのサポートは、2017年1月10日で終了しました。もともとWindowsに標準搭載されていましたが、Windows 7以降のOSには標準搭載されていません。直感的に使いやすいので、今でも愛用されていた方が多いです。

ムービーメーカーで作成する動画はMP4・WMVとして出力しかできません。本記事は、Windowsムービーメーカーで作成した動画を簡単にDVDに焼く方法を紹介します。

パート1:DVDメーカーで動画をDVDに作成する方法

Windowsムービーメーカーで動画を作成した後に、ソフトの左上にあるメニュー項目に「ムービーの保存-DVDへの書き込み」の順にクリックすると、Windows DVD メーカーというソフトと連携して使えます。

Windows DVD メーカーはWindows Vista・Windows 7 に標準搭載されているDVDオーサリングソフトです。動画をメニュー付きのDVD簡単に作成できます。次に、Windows DVD メーカーで動画をDVDに作成する方法を説明します。

DVDメーカーで動画をDVDに作成する方法:

  • 「画像とビデオのDVDへの追加」をクリックして、作成した動画を追加します。
  • 書き込み用ドライブやDVDタイトルを設定して、「次へ」をクリックします。
  • DVDメーカーで動画をDVDに作成する方法-1

  • プレビューしながら、右のテンプレートから好きなメニュースタイルを選択します。
  • ニーズによって、DVDタイトル、再生ボタンのテキスト、メニューの背景などを設定します。
  • 設定完了後に、「書き込み」ボタンをクリックすると、DVDの作成が始まります。
  • DVDメーカーで動画をDVDに作成する方法-2

ご注意:

  • MP4ファイルの動画に非対応
  • Windows DVDメーカーに対応する動画形式:

    AVI / MPG / M1V / MP2V / MPEG / MPE / MPV2 / WM / WMV / DVR-MS / WTV / ASF

    Windows DVDメーカーはMP4ファイルの動画が書き込めないので、Windowsムービーメーカーで動画を作成する時はWMVファイルとして出力する必要があります。

  • Windows 7以降のOSでは利用できない
  • Windows 8/8.1/10では、Windows DVDメーカーが搭載されていないため、ムービーメーカーで作成した動画をDVDに書き込むことができません。ほかのオーサリングソフトを用意する必要があります。

パート2:Leawo DVD作成で動画をDVDに書き込む方法

Leawo DVD作成は、MP4・WMVだけでなく、あらゆるの動画形式をDVDディスク/ISOファイル/フォルダに焼くことができます。そして、動画のトリミング・連合、透かしの追加、3D効果の追加、メニューの作成など実用性高い編集機能が備えます。シンプルな操作だけで、動画の編集やDVDディスクの作成を一気できます。

次に、Leawo DVD作成を利用して、Windows ムービーメーカーで作成した動画をDVDに書き込む方法を説明します。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験

ステップ1:

ソフトを起動して、「Blu-ray/DVD作成」モジュールを選択します。

「ビデオを追加」ボタンをクリックして、ビデオファイルを追加してください。

「Blu-ray/DVD作成」モジュールを選択-1
「Blu-ray/DVD作成」モジュールを選択-2

ステップ2:

追加したビデオファイルの右に編集ボタンがあります。

それをクリックして、動画編集パネルに移行します。

編集パネルで、プレビュー画面を見ながら、お好きに動画を編集することができます。

動画を編集-1
動画を編集-2

ステップ3:

空白DVDディスクをドライブに挿入してください。

画面の左下にある選択肢でディスクタイプを設置してください。

ディスクタイプを設置

ステップ4:

画面の右半分にテンプレートのメニューがあります。

プレビューしながら、好きなテンプレートを選択します。

プレビュー画面の左上に編集ボタンがあり、ディスクメニューの背景イメージやBGMなどのことが設置できます。

メニューを設置-1
メニューを設置-2

ステップ5:

ソフト画面の右上に「書き込み」ボタンをクリックします。

書き込みメニューでディスクを選択してください。

ディスクラベル、保存先なども設置できます。

設置完成後、画面下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックすると、作業が開始します。

変換が始まり-1
変換が始まり-2