ブルーレイはメディア業界では重要な役割を担っていて、われわれの生活にとって必要不可欠なものです。BDMV(Blu-ray Disk Movie、BD-MV)とは光ディスクメディアで利用されるアプリケーションフォーマットの一種で、名前の通りに、ブルーレイディスク情報を格納できて、何時間の720p/1080p/ UHDビデオを保存できます。このフォーマットは単なるファイル情報で、メディアファイルとして使われません。そのため、プレーヤーや、ほかのデバイスにストリーミングするために、BDMVファイルをBlu-rayに書き込む必要があります。

パート1:BDMVファイルについて

まず、BDMVを理解する必要があります。拡張子が「.bdmv」のファイルはブルーレイ映画情報ファイルで、Blu-ray Disk Movie情報ファイルとも呼ばれます。これらのファイルはブルーレイ映画ディスクの関連内容(例えば、映画ファイルの名前や、オーディオデータ、また映画の保存先、対象など。)を含みますが、マルチメディアファイルそのものではありません。そのため、直接プレーヤーにストリーミングできません。

これは、BDMVファイルをBlu-rayに書き込む必要がある原因です。この記事では、MacとWindowsでBDMVファイルをBlu-rayに書き込む方法をそれぞれ紹介します。

パート2:MacでBDMVファイルをBlu-rayに書き込む方法

MacシステムはWindowsなどのシステムと違います。ソフト開発会社はMacシステム向けのプログラムを数々リリースしました。たとえば、Leawo Blu-ray作成 for MacはMacでBDMVファイルをBlu-rayに書き込めるいいツールです。このプログラムは180+形式のビデオ・写真を40+DVDメニューテンプレートを持つブルーレイ/ DVDディスクに書き込めます。
Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10/10.11/10.12/10.13/10.14と互換できて、Leawo Blu-ray作成 for Macは簡単にファイルをHDブルーレイもしくはDVDディスクに書き込めます。また、編集機能を内蔵したので、ユーザーにディスクメニュー、レイアウト、サイズ、効果などをカスタマイズする機能を提供できます。それに、ユーザーはこの上級な編集機能を生かし、トリムボタンで不要な部分を削除したり、クロップ機能でスクリーンを拡大したり、ビデオにウォーターマークを追加したり、コントラスト比、彩度、輝度などのパラメーターを調整したり、通常の2Dビデオに3D効果を追加したりできます。これほど強力な編集機能はLeawo Blu-ray作成 for Macならではの魅力です。

dvd-creator

Leawo Blu-ray作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをBlu-rayディスク/DVDに焼く

☉ BD-25, BD-50, DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAMなどのDVD/Blu-rayメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオ編集可能

☉ チャプター付きで動画をBlu-rayディスクに作成

無料体験 無料体験

Leawo Blu-ray作成 for Macを利用してMacでBDMVファイルをBlu-rayに書き込む方法は以下のようです。

ステップ 1: Leawo Blu-ray作成 for Macをダウンロードし、Macにインストールします。
上記のダウンロードボタンをクリックしてもいいですし、製品の公式サイトでダウンロードしてもいいです。

App-store-1

ステップ 2: ソースのBDMVをプログラムに追加します。「ビデオを追加」ボタンをクリックし、ソースのBDMVをプログラムに追加します。このボタンは一括導入には特に便利です。ビデオのほか、ISOファイル、フォルダ、ディスク(空白のディスクに内容を書き込みたい場合)、写真スライドショーもインポートできます。

Add-BDMV-2

ステップ 3: ディスクタイプ、アスペクト比とメニューテンプレートを設定します。ファイルをプログラムにインポートした後、下部をクリックし、焼きたいディスクタイプ、アスペクト比を選択します。左側のパネルでは、無料なメニューテンプレートが用意されております。その中から選んでもいいですし、自分で出力ディスクメニューをカスタマイズしてもいいです。フォント、バックグラウンドミュージック、写真などのメニュー要素を自由に調整できます。調整が終わってから、目の形のアイコンをクリックすると、メニューテンプレートをプレビューでき、それを参照しながら、ご自分が満足するまでレイアウトを調整できます。

Set-template-3

ステップ 4: ブルーレイディスクに書き込む前にビデオを編集します。「編集」アイコンをクリックし、ファイルをトリムしたり、クロップしたり、ファイルを追加したりできる設定ページに辿り着けます。

Edit-video-4

ステップ 5: ディスクに書き込みます。ツールバーの青い「書き込み」ボタンをクリックすると、書き込み先と保存先を指定できるサイドバーが現れます。指定した後、下部の「書き込み」ボタンをクリックすれば、BDMVファイルをBlu-rayに書き込めます。

Burn-to-Blu-ray-5

ステップ 6: 内蔵のメディアプレーヤーあるいはほかのデバイスでディスクを再生します。Leawo Blu-ray作成 for Macはプレーヤーを内蔵したので、BDMVをブルーレイに書き込んだあと、直接このプログラムでブルーレイを楽しめられます。

パート3:WindowsでBDMVファイルをBlu-rayに書き込む方法

WindowsでBDMVファイルをBlu-rayに書き込みたいユーザーに、BurnAwareをおすすめします。 BurnAware はCD・DVD・BD(M-Disc)に書き込みを行う無料のライティングアプリです。 ブータブルディスク、マルチセッションディスク、HDファイルを簡単に焼けます。このプログラムがあれば、簡単にBDMVファイルをBlu-rayに書き込めます。

ステップ 1: プログラムをインストールします。下記のボタンをクリックし、プログラムをインストールし、起動します。 BurnAwareのインタフェースには、複数のセクションがあります。必要な部分をクリックし、BDMVファイルをBlu-rayに書き込めるページにアクセスします。

Launch-burnaware-7

ステップ 2:BDMVファイルをプログラムに追加します。「ファイルを追加」ボタンをクリックし、もしくは、ファイルをプログラムにドラッグ&ドロップすることで、BDMVファイルをプログラムにインポートします。導入されたファイルは直ちにホームインタフェースに現れます。

ステップ 3: ファイルを編集します。オプションをクリックし、ファイルのパラメーターを設定します。編集機能は限られていますが、初心者には向いています。書き込みプロセスを始める前に、保存先を設定したほうがいいです。

ステップ 4: BDMVをブルーレイに書き込みます。すべての設定が終わってから、「書き込み」ボタンをクリックし、直ちに書き込みプロセスを始めてください。プロセスは少々時間がかかります。ブルーレイをカスタマイズする機能が必要な場合、高級版もしくはプロ版を購入したほうがいいです。

パート4:Leawo Blu-ray作成 vs Burnaware

Leawo Blu-ray作成もBurnAwareも世界中のユーザーに人気が高いプログラムです。BurnAwareより、Leawo Blu-ray作成は三つの面で優れています。まず、Leawo Blu-ray作成は幅広いフォーマットをサポートできて、先進的なメディアプロセス技術をもって高精細度ファイルを作成できます。それに、Leawo Blu-ray作成の操作方法はとても簡単で、数クリックすれば、ファイルを作成できます。正式ソフトのため、アドウェアや、マルウェアが混雑されている心配がございません。しかも、プレーヤーとしても使われます。最後に、Leawo Blu-ray作成は豊富な編集機能を持っています。焼く前に、ファイルをカスタマイズすることを可能にしています。

BurnAwareも悪くないですが、それほど多い編集機能を持っていません。豊富な機能を望むなら、高級版を購入する必要があります。また、ユーザーインタフェースもLeawo Blu-ray作成のように簡潔ではありません。要するに、BurnAwareはブルーレイレイアウトに拘らない初心者に向いています。

パート5:終わりに

BDMVファイルを再生するには、一番の方法はそれをブルーレイに書き込むことです。上記にはそれを実現できる2種類のツールを紹介しました。Leawo Blu-ray作成はWindows版とMac版を持って、作成機能のほか、豊富な編集機能も持って、世界中のユーザーに愛用されています。簡単な書き込み機能だけを必要とするユーザーにとって、BurnAware無料版を利用してもかまいません。

どちらを選択しても、出力品質はとても重要だということを絶対に忘れてはいけません。高精細度/超高精細映画は優れた観賞体験をもたらせますから。この記事の内容はお役に立てれば幸いです。