「ブルーレイをビデオに変換するプロセスを加速する方法がありませんか。好きな映画のブルーレイディスクをたくさん持っていて、ディスクなしでも便利に再生できるように、これらのブルーレイ映画をロスレスMKV動画にリッピング&変換したいです。しかし変換プロセス自体は時間がかかりすぎて、一つのブルーレイディスクを変換するには4時間近くもかかります。
コピー&変換したいブルーレイディスクはまだ30枚が残っています。変換プロセスを加速する方法、もしくは変換時間を短縮する方法とか、ありませんか。今、MakeMKVを利用して変換を行っています。素早く変換プロセスを実行できるツールがあったら、ぜひ教えてください。」


最近、ブルーレイ/DVDコンテンツをデジタル化し、コンピューターもしくはオンラインクラウドサービスに保存しておくことがますます人気が高まってきました。ブルーレイ/DVDディスクをデジタルメディアファイルに変換したら、もっと便利に再生&共有できますし、物理のブルーレイ/DVDディスクがスクラッチもしくは破損されてもデジタルファイルを引き続き利用できます。
しかし、ブルーレイディスクの容量が大きくて、また時にはコンピューターの低性能の制限もあって、Blu-ray/DVDディスク一枚をコピーするには、往々にして数時間もかかります。


そのため、ブルーレイ/DVDディスクの変換プロセスを加速する方法を求めるユーザーは数多くいます。
この記事では、その方法を詳しく説明します。ハードウェア・アクセラレーション技術と素早くブルーレイ/DVDディスクを変換できる素敵なBlu-ray/DVD変換ソフト両方を紹介します。 



パート1:ハードウェア・アクセラレーションはブルーレイ/DVDの変換プロセスでの役割

ハードウェアのBlu-ray/DVDプレーヤーでさまざまな地域でリリースされたBlu-ray/DVDディスクを再生するときに、リージョン制限があります。
また、ホームシアターシステムの凄まじい発展に加えて、Blu-ray/DVD映画をホームシアターデバイスでストリーミングできるリージョン制限なしの形式に変換する需要がますます高くなってきました。



Blu-ray/DVDディスクをデジタルビデオに変換することで、用途を広げられますし、安全性も高められます。しかし、変換プロセス自体は結構時間がかかりますので、とても不便です。時間がかかる原因は下記のようです。


まず、殆どのブルーレイ/DVDディスクは商業用のためリリースされました。つまり、発売当初、コピープロテクトとリージョン制限(Blu-ray/DVDディスクのコピーガードとリージョン制限について、関連情報をご参照ください)がかかられていました。
これらのブルーレイ/DVDディスクをデジタルメディアファイルに変換するには、まず暗号化されたディスクを一度デコードし、またエンコードしなければなりません。このデコード&エンコードプロセス自体は複雑で、ものすごく時間がかかります。

第二に、ブルーレイ/DVDディスクのサイズが大きいので、変換するには時間がかかります。通常に言えば、ソースファイルのサイズが大きければ大きいほど、変換プロセスは時間がかかります。

第三に、出力したい品質が高ければ高いほど、変換時間が長くかかります。たとえば、ブルーレイディスクを1080P動画に変換するには、720P動画に変換するより、時間がかかります。4Kブルーレイディスクを4Kビデオにリッピング&変換するには、もっと時間がかかります。

第四に、ブルーレイ/DVD変換ソフトは変換スピードを左右します。一部のソフトの変換効率が悪いので、変換プロセスは時間がかかります。もちろん、素早く変換を行える変換ソフトもあります。さらに、GPU加速技術を搭載した一部の優れたブルーレイ/DVD変換ソフトは大幅に変換時間を節約できます。

最後に、Blu-ray/DVD変換において、コンピューターのハードウェア構成も重要な役割を果たしています。ハードウェア構成はよければよいほど、変換スピードが速いです。
Blu-ray/DVDディスク、Blu-ray/DVD変換ソフト、変換設定は同じ前提で、GPU加速技術を導入すれば、変換スピードが大幅に上げられます。それはハードウェア・アクセラレーションが必要とする原因です。


パート2:3種類のハードウェア・アクセラレーション技術について

Blu-ray/DVD変換に最も広く使われたハードウェア・アクセラレーション技術は、NVIDIA CUDA、AMDとインテル® クイック・シンクが上げられます。下記にて、この3種類のハードウェアGPU加速技術を紹介します。


NVIDIA CUDA

NVIDIA CUDAは世界中の何百万件ものデスクトップパソコン、ノートパソコン、ワークステーション、スーパーコンピュータをサポートしていて、消費者、技術者、科学者、研究者に素早くコンピューターでの実行結果をお届けできます。NVIDIA CUDAとは、NVIDIAが開発・提供している、GPU向けの汎用並列コンピューティングプラットフォーム(並列コンピューティングアーキテクチャ)およびプログラミングモデルです。開発者はC、C++、 Fortranなどの言語でCUDAを開発しました。C言語以外からCUDAを呼べるようにしたバインディングもあります。


AMD APPアクセラレーション

AMD APP技術とは、グラフィックス処理ユニット(GPU)を中央処理装置( CPU)と連携させて異種の処理を実行することにより、画像処理ソフトウェアなどのアプリケーションの性能を上げる高度なハードウェアとソフトテクノロジのセットです。AMD APPアクセラレーションを使って、動画を変換するのはコンピュータのCPUじゃなく、AMDのGPUで処理しています。そのため、プログラムを実行する時CPUのスペースとソース(他のアプリケーションやタスクに使用できる)を節約できて、変換速度を大幅に上げられます。


インテル® クイック・シンク

Intel Quick Sync Video(QSV)とはIntelによって開発されたハードウェアによるビデオエンコード・デコード技術の名称です。2011年1月9日にリリースされたSandy Bridgeにて初めて搭載され、以降の製品で採用されています。”Quick Sync”の名前はDVDやBlu-ray Disc等のビデオをスマートフォン向けの形式に高速に変換できることに由来します。「インテル® クイック・ シンク」を活用すると、長時間の変換作業が必要であったブルーレイ作成やH.264のファイル出力を短時間で行うことができます。CPUや、GPUでのビデオエンコードと違って第2世代インテル® Core™ プロセッサーに内蔵された映像のデコードとエンコード処理を高速化するハードウェアアクセラレータは高効率にビデオ変換を行えます。


パート3:ハードウェア・アクセラレーションはBlu-ray/DVD変換プロセスを加速できる原因

上述のように、一部のBlu-ray/DVDリッピングソフトはハードウェア・アクセラレーションを利用し、ブルーレイ/DVDをビデオに変換するプロセスを加速できます。ハードウェア・アクセラレーションは変換プロセスを加速できる原因を下記にて詳しく説明します。
05


ハードウェア・アクセラレーションはメディアデコーディングとエンコーディングのプロセス中には重要な役割を果たしています。周知のように、ブルーレイ/DVD映画をMP4、MKV、WMV、AVIなどの形式のデジタルメディアファイルに変換するには、まず映画の暗号化を解除し、それから、お気に入りのメディアファイルのコーデックでエンコードしなければなりません。

ハードウェア・アクセラレーションがないと、このデコーディングとエンコーディングプロセスは数時間もかかります。逆に、ハードウェア・アクセラレーションがあれば、このデコーディングとエンコーディングのプロセス時間が大幅に圧縮されます。
たとえば、3種類のGPUグラフィックカード加速技術をすべて取り入れたLeawo Blu-ray変換は6倍速でデコーディングとエンコーディングを行えて、かなり時間を節約できます。


また、ハードウェア・アクセラレーションはディスクコピープロテクトとリージョン制限解除も役立ちます。ハードウェア・アクセラレーション構成がよければよいほど、ディスク解除は早くなります。


パート4:ハードウェア・アクセラレーション技術を導入した最高のBlu-ray/DVDリッピングソフトーLeawo Blu-ray変換

上述のように、ハードウェア・アクセラレーション技術を内蔵するブルーレイ/DVDリッピングソフトはデコーディングとエンコーディングのプロセス時間を短縮でき、素早くブルーレイ/DVDをビデオに変換できます。
Leawo Blu-ray変換は上記の三つのハードウェア・アクセラレーション技術を一体化した優れたツールで、すべてのリージョンからの、あらゆるコピーガードにかけられたブルーレイ/DVDディスクの暗号化を解除でき、さまざまなデバイスとプレーヤーで自由に再生できるように、これらのディスクを必要に応じて、MP4、AVI、MKV、MOV、WMVなどの形式に変換できます。
Leawo Blu-ray変換を通して、簡単にロスレス形式のリージョンフリー3Dブルーレイ映画を入手できて、便利にXbox One、iOSデバイス、アンドロイドデバイスなどで再生できます。


Leawo Blu-ray変換の使い方は下記のようです。

ステップ1:Leawo Blu-ray変換をダウンロードして、コンピューターにインストールします。注:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaに含まれます。

   


ステップ2: 「変換」モジュールを開いて、メインインタフェースの「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ブルーレイディスクをロードします。3Dブルーレイディスク、フォルダ、ISOイメージファイルを追加できます。

convert-3d-blu-ray-to-xbox-one-add-blu-ray-01


ステップ3: 映画をプログラムに追加した後、コンテンツをロードするには、三つのオプションがあります。「フルムービー」、「メインムービー」、「カスタムモード」です。ディスクのすべての内容をインポートしたいなら、「フルムービー」を選択します。不要なものを除いて、映画だけを導入したいなら、「メインムービー」を選択します。また、「カスタムモード」を選択すると、マニュアルでインポートしたい内容を選べられます。

ソースのブルーレイ映画をロードした後、字幕とオーディオトラックを選択したり、ロードされたブルーレイ映画を再生したり、ブルーレイ映画を編集したりなどができます。


ステップ4: ハードウェア・アクセラレーション技術を選択します。
コンピューターはNVIDIA CUDA、インテル® クイック・シンク、AMD APP加速GPUを備える場合、Leawo Blu-ray変換は変換スピードを上げられます。右上の歯車アイコンをクリックし、また「パフォーマンス」タブをクリックし、「GPU」フレームでは、GPU加速技術を選択します。


ステップ5: 大きな青い「変換」ボタンの左側の「MP4 Video」のドロップダウンボックスから「変更」ボタンをクリックすると、「プロファイル」パネルにアクセスできます。MP4は最も人気が高いフォーマットなので、ここでMP4を出力形式にします。「フォーマット別 > Lossless Video」グループから「Multi-track MP4」を、もしくは「フォーマット別> Common Video」グループから「MP4 Video」を、また、「フォーマット別> HD Video」グループから「HD MP4」を選択できます。

convert-3d-blu-ray-to-xbox-one-set-lossless-mkv-03


ステップ6: 「Multi-track MKV」を出力形式に指定した後、大きな緑の「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。「保存先」ボックスには出力ファイルの保存場所を指定できます。指定が終わってから、下部の「変換」ボタンをクリックすると、変換プロセスが始まります。

convert-3d-blu-ray-to-xbox-one-set-directory-04

変換プロセスが終わるまでそのままお待ちいただければいいです。Leawo Blu-ray変換はGPUグラフィックカード加速技術を取り入れたので、HandBrakeなどの同類ソフトより6倍の速さで動画を変換できるため、変換プロセスは長くかかりません。