科学技術が凄まじく発展している今、製品の開発は生活を簡単化していきます。大手ソフトウェアメーカーのアップルは毎年年間会議を開き、技術革新を堅持しています。Apple USB SuperDriveが導入される当初、DVDドライブとしてもまだまだ不完全でした。そのとき、ブルーレイも流行り始めました。
では、完全されたApple USB SuperDriveはブルーレイを焼けますか。この問題を解決するために、まずApple USB SuperDriveの基礎知識から解説しなければなりません。この記事では、アップルユーザーが必要なApple USB SuperDriveの関連情報を提供します。


 

パート1:Apple USB SuperDriveについて

If yoApple USB SuperDriveとブルーレイ技術に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。実は、Apple USB SuperDriveの歴史は一般人が思っているより長いです。

最初、Apple USB SuperDriveは高密度フロッピーディスクドライブとして開発されました。アップルは自社生産のコンピューターに合うために、この独自のドライブを開発始めました。その後の1988年に、最初のドライブはアップルのトレードマークになりました。そのとき、Apple USB SuperDriveは800 KB(両面)ディスクと400 KB(片面)ディスクの読み込み機能と書き込み機能しかありません。

時間が経つにつれて、インタネットは世界中で広がってきました。フロッピーディスクも時代遅れになってきて、アップルはCDとDVDドライブの革新を検討していて、このトレードマークに内蔵光学ドライブの意味を与え、再利用始めました。この快挙はDVDディスク市場では深い影響を与えました。2001年に、初めて発売されたApple USB SuperDriveは従来のトレイスタイルを諦めて、独特のディスクホルダーを導入し、ほかのドライブと比べると、圧倒的な優位性を持っていました。しかし、この時のApple USB SuperDriveはインナーガイドリングがなかったため、ミニCDもしくはミニDVDディスクを載せられません。この短所もその後の世代で改善され、強力なドライブになってきました。

2008年、MacBookが発売された後、Apple USB SuperDriveは生産中止されました。しかし、必要の場合、USB接続可能な外付けSuperDriveは相変わらず市場から購入できます。

パート2:Apple USB SuperDriveはブルーレイを焼けるかどうか。

「Apple USB SuperDriveはブルーレイディスクをサポートできますか。ブルーレイディスクを焼けますか。」

Appleコミュニティで上記のような質問がよく見かけられます。この記事の読者の皆さんも同じ疑問を抱えているかもしれません。コミュニティでは、殆どの答えはノーです。確認したところに、ノーは正解です。最初のモデルから、今まで、Apple USB SuperDriveはブルーレイディスクをサポートできません。そもそも、Apple USB SuperDriveはブルーレイドライブとして開発されたものではありません。ブルーレイ(Blu-ray ISOファイルを含む)をサポートしないので、ブルーレイを焼いたり、再生したりなどができません。

Apple USB SuperDriveはブルーレイをサポートできないことはしょうがないですが、別の方法でMacでブルーレイを焼けます。ブルーレイを焼くのは三つのものをあらかじめ用意しなければなりません。パート3では詳しく紹介します。引き続き読み上げてください。

パート3:Macでブルーレイを焼くことに必要なもの

ブルーレイフォーマットは高品質な映画観賞体験を提供できて、さらにブルーレイディスクに焼かれたファイルは安定的に保存されるので、映画ファイルをブルーレイディスクに焼くのは人気があります。最高のプレーヤーを利用してブルーレイディスクを再生するには映画館並みの観賞体験をお届けできます。それがお望みでしたら、ぜひ下記をご参照ください。

1.必要なハードウェアを用意する

  • ブルーレイを書き込むには、お手元のMacコンピューターと互換できる外付けブルーレイドライブを用意しなければなりません。市場にはかなりいいMac向けの外付けブルーレイドライブがたくさんありますが、具体的な需要によって、それぞれ違う機能を持っています。たとえば、まず外観とサイズは違います。小柄な機体は人気が高いです。そのほか、書き込みスピード、安定性、一括バックアップ、システム互換性、パワーモードなどの面でも注目する必要があります。予算が限られている方は金銭面も考えなければなりません。そのため、ブルーレイドライブを購入する前に、よいものを入手するために、関連の基礎知識を身に付けなければなりません。

 

2.ブルーレイ書き込みに必要なソフトウェア

  • ブルーレイディスクを焼くには、プロのブルーレイ書き込みソフトも必要欠かせない部分です。万能のブルーレイ作成ソフトは如何なるフォーマットのビデオとオーディオデータをブルーレイディスクに焼けるべきです。市場にはたくさんのブルーレイ書き込みソフトが溢れますが、その中からトップランキングのプログラムを選出するのは容易なことではありません。この記事では、一流のブルーレイ作成ソフトが持つべき特徴を紹介します。まず、最高の書き込みソフトであれば、AVI、MKV、MOV、MP4、WMV、FLVなどの主流ストリーミングフォーマットを対応すべきです。次に、書き込みスピードも肝心です。よいソフトは素早くメディアファイルをブルーレイディスクに書き込めます。最後に、上級のソフトなら、オリジナルファイルの品質を完全に再現できます。ソースファイルの解像度と細目を全部保てるソフトは実は本当に少ないのです。

 

3.空白のブルーレイディスクを用意する

  • 最後に、ハードウェアとソフトウェアは全部そろった上で、空白のブルーレイディスクを用意する必要があります。お手元にすでにブルーレイディスクを持っている場合、Macに接続した外付けブルーレイドライブに挿入し、異常なく書き込めるもしくは読み取れるかどうか、確認しておきます。ブルーレイディスク自体が破損されていなくて、且つ空きスペースがあったら、書き込みに利用できます。ソースとしてのブルーレイメディアファイルをMacに保存しておきます。

 

パート4:Mac向けのブルーレイ作成ソフトーLeawo Blu-ray作成 for Mac及びそのガイド

Mac向けのブルーレイ作成ソフトをお探し中ですか。この記事では、すばらしい作成ソフトのLeawo Blu-ray作成 for Macを紹介します。この万能の書き込みソフトは簡単な手順で任意の映画をブルーレイに焼けます。

すべてのユーザーに最高のブルーレイ体験を捧げるために、Leawo Blu-ray作成 for Macは任意のコピーガード付きのメディアファイルの暗号化を解除できます。数クリックで、AVI、MP4、DAT、WEBM、RMVB、MPEG、VOB、MOV、M4V、QT、FLV、F4V、NSV、NUT、MKV、MTS、MOD、TOD、DV、WMVなどの形式のファイルをBD50、BD25、DVD5もしくはDVD9に焼けます。40種類以上のブルーレイメニューテンプレートを前もって用意したので、とても便利です。
ビデオ編集ソフトも内蔵したので、豊富な調整機能を行えます。たとえば、トリム、クロップ、透かし/効果の追加、3D/チャプターの作成、ノイズ除去など。満足するまでいくらでも調整できます。
書き込み速度は同類ソフトの6倍です。しかも、書き込み中には品質が落ちることがまったくなくて、出力ファイルの品質はオリジナルファイルと100%同じです。そのほか、スライドショー動画を再生したり、ビデオを直ちに再生したり、スクリーンショットを撮ったり、一括書き込んだりなどのさまざまな付加機能を持っています。

 

Leawo Blu-ray作成 for Macのインタフェースはユーザーフレンドリーなので、初心者でも各モジュールを素早く確認でき、使い方を短時間に身に付けられます。Leawo Blu-ray作成 for Macを利用してブルーレイを焼く方法は以下のようです。

ステップ1:Leawo Blu-ray作成 for Macをダウンロード&インストールします。

WindowsユーザーにWindows版を用意しております。

ステップ2:メディアソースファイルを追加する二つの方法

ユーザーはソースファイルをプログラムのインタフェースにドラッグ&ドロップすれば、導入できます。また「ビデオを追加」ボタンをクリックすることでも、同じくビデオもしくは映画をインポートできます。

ステップ3:出力ファイルのパラメーターを調整する

メインインタフェースから直接ブルーレイディスクのタイプを選択できます。左下ではブルーレイタイプをBD50もしくはBD25に指定できます。また、字幕、バックグラウンドミュージック、ブルーレイメニュー、映画品質、ビデオアスペクト比なども編集できます。

ステップ4:ブルーレイの保存先を設定。

ソースファイルを編集終わってから、ホームウィンドウに戻って、緑の「書き込み」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。「書き込み」ボタンの下では、ドライブタイトルの前のチェックボックスにチェックを入れて、関連のCD-ROMを選択します。ISOファイル/フォルダを選択した場合、「保存先」オプションのところに保存場所を指定できます。

ステップ5:ブルーレイディスクを再生

最後には、サイドバーの下部の「書き込み」ボタンをクリックすると、書き込みプロセスが始まります。進捗状況は画面のストリップバーで表示されます。プロセスが終わってから、最高のブルーレイプレーヤーでこのロスレス品質のブルーレイディスクを再生できます。

 

パート5:まとめ

上記で説明したように、Apple USB SuperDriveはブルーレイを対応できません。しかし、別の方法を通して、Macユーザーもブルーレイを楽しめられます。この記事では、必要なツールと必要なプログラムをすべて紹介しました。Macでブルーレイを再生したいなら、Leawo Blu-ray作成 for Macはなくてはならないものです。一度試したら、絶対に止められません。