「最近、好きな映画の4K HEVCブルーレイディスクを購入しました。手元の4K HDRテレビは4Kブルーレイディスク再生をサポートしないため、Plex Media Playerを通してこれらの4Kブルーレイ映画を4K HDRテレビにストリーミングしたいです。どうやってPlex media playerを通して4K HDRテレビで4K HEVCブルーレイディスクを再生しますか。どの4Kブルーレイ変換ソフトを利用すべきでしょうか。」


HDR搭載の4Kテレビの値段はごく高いですけど、感動的な4Kビデオ観賞効果をお届けできます。4K HDRテレビで4Kブルーレイを再生するには、普通のブルーレイプレーヤーよりも数百ドール高い4Kブルーレイプレーヤーを購入する必要があります。4Kブルーレイプレーヤーは特定のリージョンが割り当てられるので、ディフォルト状態でしたら、特定のリージョンのブルーレイディスクしか再生できません。ほかの地域のリージョンコードにかかられたブルーレイディスクを再生するために、プレーヤーのリージョンを変更する必要があります。幸い、プレーヤーのリージョンは変更可能できますが、変更回数は5回まで制限されています。


値段も高いし、制限もありますし、4Kブルーレイプレーヤーを購入せずにPlex media playerで4K HEVCブルーレイディスクを再生する方法がありますか。もちろんあります。4KブルーレイディスクをPlex media playerと互換できる4Kビデオにリッピング&変換できたら、4K HDRテレビにストリーミングできます。この記事では、素早く4KブルーレイディスクをPlex media playerと互換できる4Kビデオにリッピング&変換できるGPUアクセラレーションサポートのソフトを二つ紹介します。



パート1:4K HEVCブルーレイをPlex media playerに変換できるGPUアクセラレーションサポートのソフトーLeawo Blu-ray変換

4K HEVCブルーレイディスクをPlex media playerがストリーミングできる4Kビデオに変換するには、プロの4Kブルーレイディスク変換プログラムが必要です。また、GPUアクセラレーション技術は4Kブルーレイを4Kビデオに変換するプロセスを加速できるので、GPUアクセラレーションサポートの4K HEVCブルーレイ変換ソフトを利用することをおすすめします。たとえば、これから紹介するLeawo Blu-ray変換。


Leawo Blu-ray変換を真っ先におすすめする理由は下記のようです。

優れたディスク暗号化解除機能を持っている。

先進的なディスク暗号化解除技術を搭載したため、Leawo Blu-ray変換はAACS、BD+と最新のMKB保護にかけられたブルーレイディスク、CSSコピーガード付きのDVDディスクの暗号化を解除できます。それに、リージョンAからリージョンCのブルーレイディスク、及びリージョン1からリージョン6のDVDディスクのリージョン制限も解除できます。つまり、Leawo Blu-ray変換はあらゆるブルーレイディスクとDVDディスクを対応できる万能の変換ソフトです。


幅広い形式のファイルを対応できる。

Leawo Blu-ray変換はブルーレイ/ DVDディスク、フォルダ、ISOイメージファイルを200種類以上のファイルフォーマット(たとえば、MP4、MKV、MOV、WMV、AVI、FLV、MP3、AAC、FLACなど)、もしくはiPad、iPhone、アンドロイドタブレット、スマートフォン、Microsoftデバイスなどのデバイスとプレーヤーで再生できる形式に簡単に変換できます。また、4Kビデオ、ロスレスマルチトラックビデオにも変換可能です。



三つのロードモードを備える。

Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードがあります。それぞれ自分なりの特徴を持っています。「フルムービー」モードではすべてのタイトルをインポートでき、「メインムービー」モード(デフォルトモードでもあります)では一番長いタイトル(ほとんど映画そのもの)を導入でき、そして「カスタムモード」では、ユーザーが思うままにタイトルを選択できます。具体的な需要に応じて、一つを選んでください。


ブルーレイ/DVD映画を編集できる。

変換する前に、ユーザーはLeawo Blu-ray変換を利用してブルーレイ/DVD映画を編集できます。ブルーレイ/DVD映画の長さをトリミングしたり、クロップすることで外側の余白と必要としない区域を削除したり、ビデオ効果を調整したり、イメージもしくはテクストウォータマークを追加したり、ビデオを回転したり、3D効果を適用することで2D Blu-ray/DVDを3Dビデオに変換したりできます。


GPUアクセラレーション技術を搭載する。

6倍速でブルーレイ/DVD映画をリッピング&変換するために、Leawo Blu-ray変換はNVIDIA CUDA、AMD APP、Intel Quick Sync GPU加速という3種類のGPUアクセラレーション技術をサポートします。コンピューターにそのいずれがあれば、高速度にBlu-ray/DVDをビデオに変換できます。


実用的な付加機能を採用する。

メイン機能のほか、Leawo Blu-ray変換はさまざまな実用的な付加機能も備えています。たとえば、ユーザーは字幕とオーディオトラックを選択したり、変更点を直ちにプレビューしたり、スクリーンショットを撮ったり、複数のブルーレイ/DVDファイルを一つに合併したりできます。


パート2:Leawo Blu-ray変換を利用して4K HEVCブルーレイをPlex media playerに変換する方法

Leawo Blu-ray変換をコンピューターにダウンロード&インストールし、また、4Kブルーレイディスクをブルーレイディスクレコーダードライブに挿入した後、下記の手順に沿えば、4Kブルーレイディスクを4K HEVCファイルにリッピング&変換できます。


   

注:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaに組み込まれています。


ステップ1:ソースの4Kブルーレイを追加

Leawo Prof. Mediaを立ち上げて、「変換」モジュールを開いて、Leawo Blu-ray変換にアクセスします。「BD/DVDを追加」ボタンをクリックすると、「ディスクを追加」「フォルダを追加」「ISO ファイルを追加」という三つのサブメニューが表れます。「ディスクを追加」をクリックし、4Kブルーレイディスクを、もしくは「フォルダを追加」をクリックし、4Kブルーレイフォルダを追加します。

注:Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードがあります。それぞれ自分なりの特徴を持っています。「フルムービー」モードではすべてのタイトルをインポートでき、「メインムービー」モード(デフォルトモードでもあります)では一番長いタイトル(ほとんど映画そのもの)を導入でき、そして「カスタムモード」では、ユーザーが思うままにタイトルを選択できます。具体的な需要に応じて、一つを選んでください。


ステップ2:4K MP4もしくは4K MKVを出力形式にする

大きな緑の「変換」ボタンの右側の形式ボタンをクリックすると、ドロップダウンボックスが現れます。その中の「変更」をクリックすると、出力形式を指定できる「プロファイル」パネルにアクセスできます。「フォーマット別> 4K Video」グループから、4K MP4ビデオもしくは4K MKVビデオを出力形式にします。


ステップ3:パラメーターを調整

出力形式を設定した後、前述の形式ボタンに戻って、ドロップダウンボックスから「編集」オプションをクリックし、「プロファイル設定」パネルを開けます。そこで、出力ビデオ/オーディオのパラメーターを調整します。たとえば、映像コーデック(H.265にしておきます)、品質、ビットレート、フレームレート、アスペクト比、チャンネル、オーディオコーデック、解像度など。


ステップ4:ハードウェア・アクセラレーション技術を選択します。

右上の歯車アイコンをクリックし、また「パフォーマンス」タブをクリックし、「GPU」フレームでは、GPU加速技術を選択します。


ステップ5:出力先を設定する

大きな緑の「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。そのサイドバーの「保存先」ボックスで出力ファイルの保存場所を指定できます。


ステップ6:4Kブルーレイを4K H.265ビデオに変換

終わってから、サイドバー下部の「変換」アイコンをクリックすると、4Kブルーレイを4K H.265ビデオに変換するプロセスが始まります。

変換プロセスが終わってから、Plex media playerを通して4Kブルーレイ映画を4K HDRテレビにストリーミング&変換できます。


パート3:HandBrakeで4K HEVCブルーレイをPlex media playerに変換する方法

周知のように、HandBrakeはH.265/HEVCブルーレイ映画をエンコードできます。下記にて、HandBrakeでH.265/HEVCブルーレイ映画をエンコードする手順を解説します。


手順

  • 1.Handbrakeをダウンロード&コンピューターにインストールします。ソースとしてのブルーレイ映画を用意した後、Handbrakeを立ち上げます。
  • 2.「Source Selection」(ソースの選択) で、「File」(ファイル) を選択し、変換したいブルーレイファイルをプログラムに追加します。(「フォルダ」をクリックすると、複数のファイルを一括に導入できます)
  • 3.「Destination」(展開先) フィールドの下でエクスポート先の場所を設定します。
  • 4.「フォーマット」ボックスでは、MP4もしくはMKVを出力形式に指定します。
  • 5.「Video」(ビデオ) タブ) では、関連のパラメーターを設定する必要があります。FPSは「Same as source」(ソースと同じ)にするのが最も綺麗で効率が良いです。Use Advanced Tab instead(高度なタブを使用) のチェックを外します。x265 Preset スライダーを右にすればより綺麗に保存できるが変換時間がとても長くなります。必要に応じて、各パラメーターを設定します。
  • 6.Audioタブでは、コーデックをHE-AAC (FDK)に変更します。ほかのも必要に応じてカスタマイズ可能です。
  • 7.Subtitlesタブでは、必要な字幕を選択します。将来に便利に使うために、こららの設定の保存しておくことも可能です。
  • 8.Advancedタブでは、コンピューターに相応しいGPUオプションを選択します。
  • 9.最後に、「Start(開始)」ボタンをクリックすれば、H.265/HEVCブルーレイ映画をエンコードするプロセスが始まります。


エンコードプロセスがかかる時間はコンピューターの性能、ソースファイルのサイト、エンコードする前に選択したビデオ/オーディオパラメーターと関わりがあります。一般的に言えば、長くかかりません。


パート4:比較とまとめ

Leawo Blu-ray変換とHandBrakeの相違点について、下記の比較図表をご参照ください。


 

HandBrake

Leawo Blu-ray変換

Blu-ray/DVDを4K H.265/H.264 ビデオに変換する

出力フォーマット

MKV, MP4

MKV, MP4, WMV, MOVなど200+種類

Blu-ray/DVDをオーディオに変換する

×

暗号化されたBlu-ray/DVDを変換する

×

Blu-ray/DVDムービーを編集する

×

字幕とオーディオトラックを選択する

×

2Dを3Dに変換する

×

イメージ品質

標準

高画質

オーディオ品質

標準

高音質

GPU アクセラレーション

NVIDIA CUDA

NVIDIA CUDA, Intel Quick Sync, AMD APP

エンコーディング速度

遅い

6X高速、HandBrakeより速い

対応OS

Windows/Mac

indows/Mac


HandBrakeはブルーレイ/DVD映画をMP4/MKVファイルにエンコードできる簡単なツールです。それに引き換え、Leawo Blu-ray変換はブルーレイ/DVD映画をさまざまな形式の4K/1080P/720Pビデオに変換するほか、いろいろな付加機能も備えています。