「DVDの書き込みに関してはあまり分かりませんので、何か方法があれば少しずつのご説明をお願いいたします。実は、この間に容量6.51GBのデータをDVDに書き込もうとしていますが、手元にあるのは通常のDVD-Rディスクで、4.7 GBしか保存できない。この場合、どうしますか? AcerのようなスタンドアローンのDVDプレーヤーや普通のラップトップで再生できるDVDを作成できるようにしたいです。オリジナルのデータを圧縮してDVDディスクに書き込むことができるようにする方法はありますか?それとも、6.51GBの情報容量を格納できる他のタイプのDVDディスクを入手する必要がありますか?何か方法があれば教えてください。」

これは、DVDコンテンツを書き込もうとする人にとっては、時々遭った問題です。ファイルが実は4.7GBよりはるかに大きいですが、手元にDVD-5ディスクしか持っていません。 このような場合、容量4.7GBデータを超えるDVDを作成するにはどうすればよいですか? 4.7GBしか対応できるDVDディスクに大きなファイルを配置するために、最も良い方法は何ですか? 以下のコンテンツでは、各種違うソリューションをご紹介いたします。

Part 1: 4.7GB以上のデータをDVDに書き込む方法

どのように4.7GB以上のデータをDVDに書き込みますか?解決策は2つあります。1つは4.7GB以上のデータDVDを8.5GBの二層DVDへ書き込みます。もう1つは、4.7GBを超えるファイルを圧縮してDVD-5ディスクに書き込むという方法です。

DVDには2つのサイズがあります。4.7GBの単層ディスクと8.5GBの二層ディスクです。 単層のDVDがより安いので、多くの人々に採用されています。しかし、二層DVDは、ファイルのバックアップとメディアの書き込みという作業を作成できるので、使用している人も少ないです。

Windowsは、4.7GBと8.5GBサイズのDVDの書き込みを両方もサポートできるため、もし4.7GB以上の個人ファイルやISOイメージファイルを書き込む必要がある場合は、8.5GBの二層DVDを使用してください。 以下の記事でも、4.7GB以上のビデオファイルを8.5GBのDVDディスクに書き込む方法をご紹介いたします。

1. 動画ファイルをDVDに書き込む

ステップ1:8.5GB 2層DVDをDVDバーナードライブに挿入します。ディスクはクリーンで未使用である必要があります。 [スタート]メニューの[コンピューター]フォルダーを開き、ディスクをダブルクリックしてストレージフォルダーを開きます。

手順2:表示されるダイアログボックスにDVDの名前を入力し、使用法の種類を選択します。フラッシュドライブのように使用するには、[USBフラッシュドライブのように]を選択します。プレーヤーで使用するには、「CD / DVDプレーヤーあり」を選択します。 「次へ」をクリックします。

手順3:目的のファイルをクリックしてフォルダーにドラッグし、書き込みリストを作成します。ファイルはまだDVDに書き込まれないので、誤って不要なファイルを追加しても心配しないでください。このような場合は、ファイルをドラッグして戻します。

手順4:ツールバーの[ディスクに書き込む]ボタンをクリックし、画面の指示に従ってファイルを8.5GB 2層DVDに書き込みます。

2. ISOファイルをDVDに焼く

ステップ1;書き込みたいISOディスクイメージファイルを右クリックし、カーソルを[プログラムから開く]に移動して、[Windowsディスクイメージバーナー]を選択します。 8.5GB 2層DVDをDVD書き込みドライブに挿入します。

手順2:書き込みが完了したらWindowsで書き込みの品質を確認する場合は、ドロップダウンメニューから書き込みドライブを選択し、[書き込み後にディスクを確認する]オプションを選択します。

ステップ3:[書き込み]ボタンをクリックして、ISOディスクイメージファイルを8.5GBの2層DVDに書き込みます。

上記の2つの方法で、4.7GBを超えるビデオファイルをDVD 8.5GBディスクに簡単に書き込むことができます。上記のように、WindowsでDVDに書き込むために、4.7GBより大きい4.7GB未満のビデオファイルを圧縮することもできます。以下のガイドは、ビデオファイルを4.7GB DVDディスクに書き込むために圧縮する方法を示しています。

3. ビデオファイルを圧縮して4.7GB DVDディスクに書き込む

無料のビデオエンコーダソフトウェアであるHandBrakeを使用して、ビデオファイルを圧縮できます。

4.7GBを超えるビデオファイルを圧縮する方法については、以下の手順を確認してください。

  1. コンピュータにHandbrakeをダウンロードしてインストールします。ソースビデオファイルを圧縮する準備をします。
  2. HandBrakeを起動し、[ソース]> [ファイルを開く]をクリックして、圧縮するビデオを選択します。ここでファイルサイズを確認できます。
  3. Handbrakeの[宛先]で、[参照]をクリックして、圧縮ファイルを保存する場所を決定できます。デフォルトでは、元のファイルと同じフォルダに保存されます。
  4. 必要に応じて、他の場所に変更できます。圧縮ファイルの名前を指定する必要があります。
  5. 「出力設定」で、MP4が選択されていない場合は選択し、「Web最適化」オプションを選択します。
  6. 「ビデオ」をクリックし、H.264(X264)が選択されていることを確認します。
  7. 「開始」ボタンをクリックしてビデオを圧縮します。
  8. 次に、圧縮が完了するのを待つだけです。圧縮が完了したら、通常どおり、圧縮ビデオファイルを4.7GB DVDディスクに書き込むことができます。

Part 2: Prof.Mediaで4.7GBを超えるデータをDVDに書き込む

4.7GBを超えるファイルをDVDに書き込むには、様々なDVD書き込みツールにより完成できます。 これらのDVD書き込みツールの中で最も優れているのはLeawo Prof. Mediaです。これにより、4.7GB以上のファイルを8.5GBのDVDディスクに書き込んだり、4.7GB以上のビデオファイルを4.7GBのDVDディスクに圧縮したりすることができます。
Leawo Prof. MediaはDVD作成機能を搭載しているので、ビデオファイルをDVD-5のシングルレイヤーディスクに自動的に圧縮することができます。 Leawo DVD作成は、MP4、AVI、WMV、MKV、JPG、PNGなど形式の動画をDVDへ書き込むだけでなく、ビデオとイメージファイルをDVD-9/DVD-5タイプのディスク、フォルダー、ISOイメージファイルに変換して作成することができます。

DVDコンテンツに書き込む前に、ムービーの編集、ディスクメニューの応用、及びディスクメニューのカスタマイズもできます。プロのDVD書き込みソフトウェアツールとして、Leawo DVD Creatorは、ビデオを4.7GBの DVDディスクに圧縮して書き込むことができるだけでなく、ビデオファイルを直接DVD-9の二層ディスクに変換して書き込むこともできます。それにより、「4.7GB以上のDVDを書き込むことができない」という問題を解決できます。」以下のガイドでは、ステップバイステップでその解決する方法を説明いたします。

  • dvd作成
  • Leawo DVD作成

    ☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに書き込み
    ☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RW, DVD+RW ほぼ全てのDVDメディアに対応
    ☉ DVDメニュー作成編集!テンプレートから選択可能
    ☉ ビデオ編集機能搭載
    Download Windows VersionDownload Mac Version

Leawo DVD作成でビデオをDVDに書き込む方法:

DVDコンテンツに書き込むにはソースDVDファイルを用意します。ビデオファイルをDVDディスクに書き込みたいなら、ブランクの書き込み可能のDVDディスクをDVDレコーダードライブに挿入します。

ステップ1:ソースビデオをインポート
Leawo Prof. Mediaをクリックし、「書き込み」モジュールを開きます。「書き込み」モジュールでは、「ビデオの追加」のボタンをクリックし、ソースビデオファイルを直接プログラムにドラッグ&ドロップできます。そして、ソースビデオから字幕とオーディオトラックを選択でき、ビデオを再生します。また、このダッシュボードでは、下部に出力のDVDディスクタイプ(DVD-5やDVD-9)、品質、アスペクト比(16:9や4:3)を設定できます。

Leawo-DVD-creator

ステップ2:ディスクメニューを選択
Leawo DVD作成は、標準、ビジネス、教育、子供時代、休日など、違うテーマの複数なプリセットディスクメニューテンプレートを提供します。画面右側のサイドバーのディスクメニューテンプレートの中央をクリックし、ディスクメニューのプレビューウィンドウにアクセスできます。ディスクメニューのプレビューウィンドウでは、鉛筆のアイコンをクリックするだけで、自分なりのバックグラウンド音楽/イメージ/ビデオを追加、タイトルコンテンツ/色/フォント/サイズなどを調整することにより、ディスクメニューを設計できます。クリックしてディスクメニューの設計方法を了解できます。

Leawo-DVD-creator

ステップ3:出力DVDビデオモードを設定
そして、右上隅のホイールアイコンをクリックし、[コピー&書き込み]タブに移動して、NTSCとPALからデフォルトのDVDビデオモードを選択します。

DVD-PAL-NTS設定

ステップ4:DVD書き込み設定
「書き込み」ボタンをクリックして書き込み設定パネルを開きます。そこに、「書き込み先」でターゲットDVDを選択し、「ディスクラベル」でディスクに名前を付け、「オプションに保存」を選択します。その後、下部の「書き込み」ボタンをクリックし、ビデオをDVDに書き込みのを開始します。 この書き込みプログラムは、すぐに書き込みを開始し、数分間だけで書き込みプロセスを完了します。

Leawo-DVD-creator

動画ガイド

Part 3. 結論

ソースビデオファイル或いはISOイメージファイルが4.7GBより大きいかどうかと関係なく、上記の2つのソリューションによれば、DVD-5やDVD-9ディスクに書き込むことができます。 Leawo Prof. Mediaにより、ビデオ/ISOイメージファイルをDVDに書き込むことが100%の成功が保証できます。