この科学技術の時代に、バーチャル・リアリティのすさまじい発展は世界経済に活力を注いてきました。映画や、テレビ番組を見るとき、VRヘッドセットを通してより優れた観賞体験を得られたことに気づいた人もますます多くなってきました。


現在、市場にはさまざまな種類のVRヘッドセットが販売されています。スタンドアローン型VRヘッドセットもありますし、パソコン/スマート接続が必要なVRヘッドセットもあります。その数々のVRヘッドセットから、一番iPhoneに適切するものを選ぶのは容易いことではありません。各VRヘッドセットの値段も、性能もそれぞれ違います。オールインワンのスタンドアローン型ゴーグルから、ルームスケールVR体験を提供できるシステムまで、すべてヘットセットと付加のセンサーを実行できる強力なコンピューターシステムを搭載しています。お求めのVR体験に基づいて選んだほうがいいです。


この記事では、2020年に大人気の八つのiPhone向けのVRヘッドセットを紹介します。また、3DブルーレイをiPhone向けのVRヘッドセットの対応形式に変換する方法も解説します。



パート1:【2020年版】3Dブルーレイを観賞できる最高の八つのiPhone向けのVRヘッドセット

中古車よりも高い高級なVRヘッドセットと比べると、iPhone向けのVRヘッドセット
のほうはかなり安いです。手頃な値段で各アプリとゲームにアクセスできるiPhone向けのVRヘッドセットを入手できるのは本当にラッキーです。VRヘッドセットがあれば、スマートフォンでゲームをするとき、映画をするとき、優れた体験を得られるため、子供も大人もVRヘッドセットが好きです。


市場には、いろんなサイズのiPhoneに向いているVRヘッドセットがあります。標準サイズのiPhone、iPhone 11、新発売のiPhone X、どのiPhoneを持っても、適用できるVRヘッドセットを見つけられます。下記にて、2020年に大人気の八つのiPhone向けのVRヘッドセットを紹介します。いずれも手ごろな価格で入手でき、また多くのスペースを必要としなくて、収納しやすいです。


No.1 DESTEK V4 VR


DESTEK V4 VRヘッドセットをかぶると、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験をもたらします。レースゲームをするとき、身を危険に置かれなくても、激しい真剣勝負の気分を味わえます。HD画面で圧倒的な臨場感を生み出し、仮想をリアルにします。デザインも、値段も、性能も、いずれも完璧です。頑丈な素材とよくデザインされた外観は映画観賞体験を大幅に上げられます。レンズの焦点は頭の動きによって調整可能です。スマートフォンとレンズの間の距離を調整することによって深度も調整可能です。


No.2 Panasonic VR Headset


Panasonic VR Headsetはやや高いです。ほとんどのモデルのiPhoneに対応できます。人間工学デザインを採用して、眼鏡をかける方にも眼鏡のスペースを設定しておきました。エアフロー技術を取り入れたため、使い心地が非常にいいです。120度の視野で没入型体験を楽しめられ、リモートコントロールも可能です。


No.3 Freefly VR Beyond


最大視野120°のiPhone向けのVRヘッドセットです。旧型ヘッドセットなので、値段が発売当初よりかなり安くなっているため、手ごろな価格で入手可能です。このヘッドセットはVirtual Reality(VR、人工現実感)やAugmented Reality(AR、拡張現実感)、複合現実感を実現できます。


No.4 VR SHINECON


VR SHINECONはその場にいるようなVR世界を構築できます。高品質な非球面光学(PMMA)レンズを採用することでレンズ直径を広げ、より広い視野で、より鮮明な映像を表示できます。近視調整機能を備えているため、600度未満の近視の方でもメガネをかけずにこのアイテムを使用できます。4.7-6.0インチのすべてのスマホを対応できます。


No.5 KINGA VR Headset


KINGA VR headsetはおしゃれで、快適な観賞体験をお届けできます。この3D VR Glassesは超軽量型なので、着心地が抜群です。レンズとストラップはニーズによって調整可能です。優れた材質を採用したため、スマートフォンのスクリーンをスクラッチしたりなどができなくて、スクリーンでの動きをタイミングに捕られます。

アンドロイド、Win とIOS システムにかかわらず、4.7-6.0インチのすべてのスマホを対応できます。近眼の方にも向いています。軽いVRヘッドセットなので、バッグに入れれば、持ち歩きやすく、映画館にいなくても、どこでもいつでも、没入型の映画観賞体験もしくはゲーム体験を楽しめられます。


No.6 MERGE VR Headset


MERGE VR headsetの値段はかなりリーズナブルなので、収入がない学生さんの中に大人気です。没入感の高い世界を構築することができて、勉強にも、映画観賞にも向いていて、世界中の学生さんに愛用されています。このVRヘッドセットはほとんどのiOSとAndroidスマートフォンと互換できます。


No.7 BNEXT VRヘッドセット


BNEXT VRヘッドセットがあれば、iPhoneでゲームや、映画を見るとき、VR世界に没入し、独特な体験を得られます。優れたVRヘッドセットなので、プレゼント用に最適です。

iPhoneをヘッドセットの前部に挿入してから、ゲームをするとか、映画を見るとか、今まで想像もできない360度の視野で快適な没入型体験を味わえます。ヘッドストラップは調整可能です。目を保護するシステムも導入しています。


No.8 Virtual Reality Goggles


VR Wear gogglesは超軽量型のVRヘッドセットで、6.5インチのiPhone、iPhone 11 MaxとX Maxを含む、すべてのiPhone機種に対応できます。Google Cardboardの基準を採用したため、ワンボタンをクリックすれば、Google Cardboardアプリと併用できます。しかし、このVRヘッドセットの視野はやや狭くて、またリモートコントロール機能を備えていません。


上記の八つのVRヘッドセットはいずれも使いやすいです。どれも自分なりの特徴とメリットを持っています。ご自分のニーズによって一つを選んでください。全部気に入らない場合、ネットで自分に相応しいヘッドセットを検索するのも一つの方法です。


パート2:Leawo Blu-ray変換で3DブルーレイをiPhone向けのVRヘッドセットの対応形式に変換する方法

VRヘッドセットは直接3Dブルーレイを再生できませんが、3DブルーレイをVRヘッドセットの対応形式に変換すればいいです。周知のように、スマートフォンとタブレットで、3D映画アプリで3D映画を再生でき、3D眼鏡をかけば、見られます。そのため、VRヘッドセットで3Dブルーレイを見たいなら、3Dブルーレイを普通の3Dビデオに変換すればいいです。


この記事では、Leawo Blu-ray変換という変換ソフトを紹介します。プロで、強力な変換ツールとして、正確に3DブルーレイをVRヘッドセットの対応形式に変換できます。Leawo Blu-ray変換は3D 映画効果を保つ前提で、3Dブルーレイ映画をMP4、MKV、FLVなどの普通のビデオフォーマットに変換できます。

ブルーレイをMP4、AVIなどの形式に変換できるほか、2Dブルーレイ映画を3Dビデオファイルにも変換可能です。こうして、先進的なVRヘッドセットを通して、素晴らしい3D映画観賞体験を得られます。Leawo Blu-ray変換は6倍速で、ロスレス品質で、180種類以上のビデオとオーディオフォーマットの相互変換を対応できます。


Leawo Blu-ray変換を利用して、3D Blu-rayをiPhone向けのVRヘッドセット用に変換する方法を案内いたします。3D Blu-rayを変換する前、Leawo Blu-ray変換を前もってパソコンにダウンロード&インストールする必要があります。また、3D Blu-ray映画を用意します。(ご注意:Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Media Ultraという10-in-1多機能な総合メディア変換ツールに組み込まれています。)

media-converter-ultimate

Leawo Blu-ray変換

☉ Blu-ray/DVDを任意形式の動画/音声に変換保存!
☉ 出力字幕と音声トラックを自由選択!
☉ 実用な使いやすい編集機能!
☉ 映画館並みの映像体験を提供!
☉ 高速変換速度およびシンプルなインターフェース!

無料体験 無料体験


ステップ1:元の3D Blu-ray映画をインポートする

Leawo Prof. Media Ultraを実行して、ホーム画面の「変換」アイコンをクリックします。「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ディスクもしくはパソコンに保存している元の3D Blu-ray映画をプログラムにインポートします。
3D Blu-ray映画をプログラムに追加するとk、三つのロードモードが選択可能です。フルムービー、メインムービー及びカスタムモードです。一つを選んで、3D Blu-ray映画をインポートします。


ステップ2:出力フォーマットを選択し、パラーメータを調整する

「写真を追加」ボタンの隣にあるドロップダウンメニューから「変更」オプションを選択したら、プロファイルパネルが現れます。「フォーマット別 > Common Video」グループからMP4 Videoなどの動画形式を選択します。


変換された動画ファイルの再生効果に拘る場合、ビデオとオーディオパラーメータを調整することができます。例えば、ビデオコーデック、ビットレート、解像度、フレームレート、アスペクト比、オーディオコーデック、チャネル、サンプルレートなど。ドロップダウンメニューから「変換」オプションを選択して、詳細設定を行えば良いです。


ステップ3:3D効果を設定する

Leawo Blu-ray変換は実用的な動画編集機能(トリム、透かし、クロップ、効果、3D、ノイズ除去など)を搭載しています。3D Blu-ray映画をインポートしてから、動画ファイルの右側の「編集」ボタンをクリックすると、動画を編集する画面に入ります。「3D」タブで3Dモードを設定することで3D効果を調整できます。


ステップ4:3D Blu-ray映画を変換する

上記の設定が終わったら、緑の「変換」ボタンをクリックします。サイドバーで出力する動画ファイルの保存場所を設定して、「変換」ボタンをクリックします。すると、3D Blu-ray映画を変換開始します。


パート3:まとめ

いろいろなVRヘッドセットを試してきて、やっと最高の八つを選出し、上記で紹介しました。ネットからもっと多くの関連情報を検索できます。その中から好きなVRヘッドセットを購入すれば、自宅でも、移動中でも、VRヘッドセットを通して映画を観賞したり、ゲームをしたりできます。


手元には多くの3Dブルーレイ映画ディスクを持っている場合、Leawo Blu-ray変換を利用し、VRヘットセットの対応形式に変換すれば、VRヘットセットで楽しめられるようになります。変換手順はパート2をご参照ください。VRヘットセットで優れた3Dブルーレイ映画観賞体験を得られます。一度試したら、止められなくなります。