サラウンドとは、音声の記録再生方法のひとつです。視聴者のまわりをスピーカーが取り囲むように配置することによって、音に包まれるような立体的な音響効果を得るので、サラウンド音声と言います。

 
サラウンドのチャンネル数は通常「5.1ch」「7.1ch」などと記述されます。音が発する位置(聞こえてくる方向、場所)を「チャンネル」、「ch」で表記します。この「チャンネル」の数が多いほど、サラウンド効果はより臨場感にあふれたリアルなものになります。

通常のスピーカは1chで1とカウントし、超低音域再生専用のスピーカー(サブウーファー)は、1つのチャンネルとは数えず、「0.1ch」と表します。

この記事は、2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの違いについて説明します。

パート 1. 2.1ch・5.1ch・7.1chの違い

2.1chとは

「2.1ch」は、ステレオの左右スピーカーに加えて、低音再生専用のサブウーファーがあるスピーカーシステムです。簡単に言えば、左右2個、低音1個で、「2.1ch」となります。
「5.1ch」、「7.1ch」より安くて、場所を塞ぐことがないですが、サラウンド効果も特に优れたところがないです。

5.1chとは

聴取者の正面、右前方、左前方、右後方、左後方、低音出力用サブウーファースピーカー(通常は正面に配置)の6つのスピーカーを配置するスピーカーシステムです。基本的には映画館そのままの構成ので、DVDの登場で5.1chという言葉が広く知られるようになりました。DVDは5.1チャンネルを収録する事ができ、映画館さながらの立体音響が家庭でも楽しめる可能性をもたらしました。
ホームシアターシステムを導入したい方にオススメです。

 

7.1chとは

現在最も一般的なのが7.1チャンネルです。
基本の5.1に加えてより臨場感があり自然なサラウンド感を高めるために、SBL(サラウンドバック左)、SBR(サラウンドバック右)が追加されています。追加の2chは主に真後ろを受け持ち、視聴者を取り囲むスピーカー間の距離が短くなる事から、5.1chに比べてさらに音の移動感がスムーズになり、立体感や密度感も増します。後方のスピーカーが増えることで水平方向の音のつながり方がより自然になります。
ホームシアターシステムを導入したい方にオススメです。

 

パート 2. 5.1chのDVDを5.1chのMP4に変換する方法

「たくさんのDVDを持っていますが、それらをリッピングして、USBメモリーなどのフラッシュドライブに保存して、バックアップしたいです。家に5.1chのホームシアターシステムがあるので、なるべく5.1ch音声のMP4ファイルに変換したいです。どうすればいいですか?」
心配しないで、今は、5.1chのDVDの映像を5.1ch音声のMP4ファイルに変換する方法を紹介します。

DVDの映像をMP4ファイルに変換して、PCに保存するにはDVDリッピングソフトウェアが必要です。ここでは、Leawo DVD変換というソフトをオススメします。映像・音声編集用の多彩な機能を提供するLeawo Prof.Mediaの重要な部分です。DVDをMP4、MKV、AVI、VOBなどの180種類以上のメディアフォーマットを出力することで、DVD変換のニーズを満たすことができます。スマートフォン、タブレットなどのデバイスで簡単に再生できます。

dvd-ripper

Leawo DVD変換


☉ DVDの動画をMKV、MP4、MP3のような形式に変換
☉ 動画の解像度、ビットレートを自由にカスタマイズ
☉ 使いやすい編集機能で、個性的な動画を作成可能
☉ 高品質や六倍以上の高速でDVD動画を変換出力
☉ アングル、字幕と音声言語の切り替えが可能

無料体験    無料体験

ステップ1:機能を選択する

「DVD 変換」を起動し、メイン画面で自分に適用する機能を選択します。ここでは、「変換」を選択します。「BD / DVDを追加」ボタンをクリックしてDVDコンテンツをロードします。

ステップ2:動画を編集する

「編集」ボタンをクリックすると、動画が編集できます。例えば、透かしを追加、動画時間をカット、動画の輝度、アスペクト比を変更、2D動画3D
化など。

ステップ2:出力フォーマットを設定する
[写真を追加]ボタンの横にあるドロップダウンボックスをクリックし、“[変更]”を選択します。その後はプロファイル設定パネルにお好きな格式を選択してください。

ステップ3: プロファイルの編集
ビデオとオーディオコーデック、ビットレート、解像度、フレームレート、サンプルレート、アスペクト比、チャンネルなど詳細な出力ビデオとオーディオの設定を編集できます。設定項目が不明な場合はデフォルトのままにしておきなさい。
5.1chサラウンドのままで、ビデオをMP4ファイルに変換する場合、「音声コーデック」「Audio Copy」に設定してください。

ステップ4: 変換を始めます
最後に、緑色の「変換」ボタンをクリックして保存先のフォルダを確認し、下の「変換」ボタンをクリックして変換処理を開始します。メインインターフェイスで変換プロセスの進度が表示できて、また、一時停止することもできます。