拡張子がFLVのファイルは、Flashビデオと呼ばれ、主にAdobe Flash Player 6とその以降のバージョンを利用してインターネット上で動画を配信するために利用されるメディアコンテンツであります。FLV拡張子は完全独立の動画形式でありながら、SWFファイルに埋め込むことができます。さらに、拡張子が.FLV の動画ファイルは、YouTube、Vimeo、NetflixやHuluなどの動画サイトとWebサービスに対応でき、もっとも互換性の高い動画形式の一つと言えます。

YouTubeやブログなどのWebサービスでPowerPointファイルを変換して、オンラインでPowerPointファイルを見られるため、パワーポイントをFLV動画に変換する必要があります。しかし、マイクロソフトのパソコンでは、PPTをFLVに直接変換できる機能が提供されていません。そのため、パワーポイントをFLV動画に変換する場合は、使いやすいサードパーティーの変換ソフトが必要となります。今回の記事では、超簡単にパワーポイントをFLV動画に変換方法をご紹介いたします。また、完全無料で利用できる五つの変換ソフトとその利用方法も参考になります。

パート1:パワーポイントをFLV動画に変換する方法

下記では、パワーポイントをFLV動画に変換できる二つの方法をご参考までにお送りいたします。参考例と違う、ほかの変換ソフトを利用してもよろしいです。

方法1:オンラインの変換ツールを利用して、オンラインでパワーポイントをFLVに無料変換

PPTをFLVに変換するには、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換という強力な変換ツールを利用すれば、サードパーティー変換ソフトをダウロード&インストールなしで、オンラインでパワーポイントをFLVに無料変換することができます。パワーポイントをPDFにオンラインで変換は、完全無料のオンライン変換ツールであり、インタネットと接続することで、パワーポイントをFLVに変換できます。ただし、インターネットの接続環境のみで実現できます。そのため、インターネット接続が不安定な場合は、この変換ツールを利用できることを注意ください。

powerpoint-to-flv-online

下記では、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換を利用して、オンラインでパワーポイントをFLVに変換する手順をご紹介いたします。ネット接続の安定性を事前にご確認ください。安定性が低い場合は、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換を利用できないことをご注意ください。

  1. 上記のリンクより、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換のページに移動してください。
  2. 「ファイルを開く」ボタンをクリックして、ローカルドライブやDropbox 、Google ドライブに保存している変換したいPPTファイルを選択してアップロードしてください。ファイルは1つずつしか転送できません。この変換ツールは、ファイルのバッチできません。
  3. ビットレート、アスペクト比、品質、解像度などの設置は、「オプション設定」メニューで完成してください。
  4. 「ファイルを変換」ボタンをクリックして、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換の変換作業が始まります。
  5. この変換ツールは、お使いのパソコンで変換したファイル(拡張子はFLV)を自動的に保存します。そのため、変換したFLVファイルは、先に設定されたデフォルトのダウンロード保存先で保存されます。
  6. 変換したFLVファイルは、YouTubeやブログなどのWebサービスに自由にアップデートすることができます。

方法2: Leawo PowerPoint to Video Proを利用して、PowerPointをFLV動画に変換する

上記のように、オンライン パワーポイント FLV変換ソフトで変換を利用して、動画を変換するには、ネット接続の環境のみ実現できません。そして、ファイルを一括で変換することにも対応できません。複数のPPTファイルをバッチ処理で変換するには、Leawo PowerPoint to Video Proという強力な変換ソフトをオススメします。Leawo PowerPoint to Video Proは、強力な変換機能が搭載され、FLVだけではなくて、150種類以上の動画形式にも対応でき、ユーザーのニーズに応じてメディアプレーヤーと再生デバイスによって動画を変換できます。Leawo PowerPoint to Video Proを利用すれば、PPTをFLV簡単に変換することがもちろん、PowerPointファイルを編集してオリジナルのFLV動画にも作れます。

powerpoint-to-video-pro

PowerPoint to Video Pro 

☉ PowerPoint 2000/2002/2003/2007/2010/2013に対応します;

☉ PPT、PPTX、PPTM、PPS、PPSX、POT、POTX、POTMを含め、すべてのPPTフォーマットに対応します;

☉ ビデオとオーディオ出力ファイルのパラメータを編集できます;

☉ PowerPointファイルの個人設定を提供しています。例えば、背景音楽、透かしの追加、スライド時間の設定、リアタイムナレーションの追加など。

5550円

すぐ購入無料体験

Leawo PowerPoint to Video Proを選択する理由:

1. PowerPointプレゼンテーションをお好みのビデオフォーマットに変換できます。 出力フィアイルの形式はASF、AVI、FLV、MPEG、MP4、TS、MOV、WMV、VOB、3GPなどの一般的な形式からRA、MKV、WEBM、MKA、WiiのAVI、WiiのMOV、NDS DPG、NDS DPG2、NDS DPG3とNDS DPG4のような特別な形式まであります。
2. 複数のPPTを一括変換でき、あなたが持つ全ての変換したいPPTファイルを追加してから、ワンクリックで全部一括変換できます。
3. Leawo PowerPoint to video Proでは、あなたのPowerPointプレゼンテーションを無許可利用や不正利用から保護するために、PPTファイルの出力ビデオに透かし(例えば、商標など)を追加することができます。
4. Leawo PowerPoint to video Proで最適化されたビデオプロファイルを選択するだけでなく、あなたのパーソナライズされた設定でPPTをビデオに変換することもできます。 最高の出力品質のために、ビデオパラメータでコーデック、ビットレート、フレームレート、ビデオのサイズ(解像度)、アスペクト比、チャネルを設定することができます。

Leawo PowerPoint to Video Proをダウロードして、お使いのパソコンにインストールしてください。それから、下記の利用手順を参考して、バッチ処理でパワーポイントをFLVに変換します。Leawo PowerPoint to Video Proのダウンロード&インターネット作業が完成したら、変換したいソースPowerPointファイルをご用意ください。

ステップ1:PowerPointファイルを追加

Leawo PowerPoint to Video Proを起動して、メイン画面の左にある操作パネルで、簡単な利用方法が見えます。「追加」ボタンをクリックして、PowerPointファイルを選択してソフトに追加してください。
また、バッチで複数のPowerPointファイルを一気に追加することもできます。

4

ステップ2:出力形式を設置

プレゼンテーションを追加した後、「ファイル形式」ボタンの下向き矢印をクリックしてください。「一般ビデオ」にある選択肢から、FLVを出力フォーマットとして選択して下さい。

4

ステップ3:ビデオとオーディオのパラメーターを詳細設定

自分のニーズに応じて、「設定」ボタンをクリックすると、ビデオコーデック、ビットレート、ビデオサイズ、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデック、チャンネルなどのパラメーターを詳細設定できます。具体的な設定は、アップロードする動画サイトの要求によって設置し下さい。(オプショナル)

4

ステップ4:ニーズに応じて、PowerPointファイルを変換

(オプショナル)「カスタマイズ」ボタンをクリックして、パワーポイントファイルを自由に編集できます。PPTの画面切り替えのタイミングおよび速度の設定、PPT背景音楽の追加、音声効果の調整、アスペクト比の設定、透かしの適用などの操作が実現できます。

4

ステップ5:パワーポイントファイルをFLV動画に変換

すべての設置が完成したら、右下にある「Start」ボタンをクリックしてください。お使いのパソコンでワーポイントファイルからFLV動画への変換作業が開始します。

4

結論::

オンライン パワーポイント FLV変換ソフトとデスクトップ版の変換ソフトは、両者ともパワーポイントをFLVファイルに変換できます。ほとんどのオンライン変換ツールは、高速でPPTをFLVに無料変換でき、使いやすいですが、インターネット接続の安定性と出力形式の詳細設置などの不便な所も多くあります。そして、ファイルを追加する時に、バッチに対応できないので、ファイルを一個ずつ追加する必要があります。そのほか、ネット接続の不安定などの問題で、PPTをFLVに変換できなくなる可能性もあります。それに対して、デスクトップ版の変換ソフトは、ほとんどの動画形式に対応でき、追加したパワーポイントファイルを自由に編集できます。インターネットと接続しなくても、動画変換を簡単に実現できます。しかし、ほとんどのデスクトップ版の変換ソフトは完全無料ではありません。

パート2:完全無料で利用できる五つの変換ソフト

お客様が最高の変換ソフトを利用できるため、今回は五つの強力な変換ソフトをオススメいたします。その中には、無料と有料とも含まれています。自分のニーズに応じて、最適の変換ソフトを選んでください。

Leawo PPT to Video Pro

Leawo PowerPoint to Video Proは強力な編集機能が搭載されている動画変換ソフトであります。PowerPointをビデオ、HDビデオに変換できます(PowerPoint をMP4、AVI、WMVなどへの変換に対応できます。そして、PowerPointからiPadやiPhoneなどのデバイスに変換でき、PowerPointをYouTubeやFacebookなどの動画サイトにも変換できます。)。そうすることで、ユーザーのニーズに応じてメディアプレーヤーと再生デバイスによって動画を変換できます。さらに、ソースPowerPointファイルに保存している画面切り替えのタイミングおよび速度の設定、動画と音声の編集などの操作を実現できます。

PPT to Video Pro

PowerDVDPoint Lite

PowerDVDPoint LiteはPPTファイル(パワーポイントプレゼンテーション)から動画ファイルへの高速変換を実現し、使い方も簡単です。そして、バッチ処理に対応できるため、複数のファイルを一括で追加することができます。また、インターフェイスに極めてシンプルです。動画と音声のビットレート、フレームレート、品質などの設置が設定できます。しかし、残念ながら、出力形式には、MOV、ASF、WMV、およびMKVしか対応できません。

PowerDVDPoint Lite

AuthorStream

AuthorStreamはオンラインの動画共有サイトの一つであり、インターネットに接続する
ことでPPTをビデオに変換でる面白い機能が搭載されています。変換したいPPTファイルをAuthorStreamに追加することで、ビデオ変換にできます。そして、AuthorStream では、最大1 GBのPPTファイルの追加に対応できます。

AuthorStreamは複数のプレゼンテーションファイルを一括でアップロードして変換できます。しかし、アップロードするPPTファイルを非公開な状態になる場合は、無料の50個の個人PPTファイルをサービスします。さらに、機能がより強力なAuthorStreamバージョンにアップロードできます。

AuthorStream

ImTOO Convert PowerPoint to Video

ImTOO Convert PowerPoint to VideoはPPTをビデオに変換できる無料の動画作成ソフトであります。そして、PowerPointファイルからAVI、MPG、WMV、FLV、MOVなどの動画形式への変換に対応できます。そのほか、自分のニーズに応じて、ビデオの解像度、品質、フレームレートなどのパラメータを簡単に調整できます。再び利用できるため、オリジナルのプロファイルをパラメータにセーブすることができます。対応できる入力形式:PPT、PPTX、PPTM、PPS、PPSX、POT、POTX、POTMなど。ご注意:Office 2013 PowerPointに対応できません。

ImTOO Convert PowerPoint to Video

E.M. Free Powerpoint Video Converter

E.M. Free Powerpoint Video Converterはもう一つの無料変換ソフトであり、お使いのパソコンにインストールしてダウンロードできます。この無料変換ソフトは、多くの機能が搭載された商用ソフトから、変換機能を弱めしたバージョンであります。無料のPowerpoint Video Converterは、PPTからHDビデオへ完璧に変換できます。しかし残念ながら、変換した動画に透かしが追加されました。

E.M. Free Powerpoint Video Converter