ストリーミング・メディア・プレーヤーを利用できる今は、DVDの最盛期ではありません。しかし、物理的なメディアには依然として多くの支持者がいます。 また、DVDコレクションファン、ムービーファン、テレビファンにとって、薄型テレビでDVDを見るのは、自宅のソファーで安心して座っているのが最も楽になる方法です。薄型テレビでDVDを見る場合、二つの方法があります。 1つはDVDプレーヤ内蔵の薄型テレビを使用ことです。もう1つはDVDを変換し、DVDムービーをUSB経由で薄型テレビに転送することです。

パート1:DVDプレーヤ内蔵の薄型テレビ

最初にDVDプレーヤを内蔵しているトップ3の薄型テレビをご紹介いたします。

最高の全体性能:SuperSonic 24” 1080 LEDワイドスクリーン HDTV

この120Hz 24 “LED HDTVには、多くの機能を搭載して、強力なDVDプレーヤ内蔵の薄型テレビであります。1920 x 1080p解像度のLEDワイドスクリーンを搭載しているSuperSonicのサイドローディング設計のDVDプレーヤ内蔵の薄型テレビは、最高のテレビ視聴を提供します。HDMIとUSB入力を追加すると、互換性のあるメディアデバイスとソースを接続できます。さらに、パソコンのモニタとして画面を出力することもできます。そのほか、SDカードを利用すると、お気に入りの音楽や写真などの再生ができます。

最適な予算:RCA 22” 1080 LED HDTV

RCA 22” 1080 LED HDTVはもう一つのよい選択肢であります。ブランドのRCAは、90年以上にわたって、アメリカ人のために無数のテレビを供給してきました。24インチのディスプレイ・スクリーンは、鮮明でゴーストのないフル1080p HD解像度の画像をリーズナブルな価格で提供します。また、USBとHDMIポートを統合して、より多くのストリーミングオプションを提供します。

互換性が強い&コンパクトな設計:Axess 24”1080p LED HDTV

AxessのDVDプレーヤ内蔵の薄型テレビには、24インチと32インチの2つの画面サイズがあります。1920 x 1080ピクセルの解像度と16:9の比で鮮明な画像を提供します。外部オーディオ機器とソースに接続するためのHDMIポートとUSBポートが内蔵されています。さらに、Axessはコンパクトな設計を採用し、幅広い充電設備に対応できます。AXESSは12V車コードアダプタで、外出先で充電することができます。いつでも、最高の視聴を体験できます。そして、内蔵のAC3デコーダで映画館のような品質のドルビーサウンドを提供します。その他、画像や写真を表示するためのSDカードスロットがあります。

パート2:Leawo DVD変換を利用して、DVDを変換する方法

上記は、DVDを直接再生できるDVDプレーヤ内蔵の薄型テレビのトップ3です。DVDプレーヤ内蔵の薄型テレビを持っていない人や单独のDVDプレーヤーが持つ人は、別の方法をご紹介いたします。DVDムービーを変換して、テレビと互換性のある新しいフォーマットに変換することができます。今は、ほとんどの薄型テレビはUSBポートを持っているので、再生したいムービーをテレビと互換性のあるフォーマットに変換する限り、薄型テレビで再生することができます。

DVDを変換する前に、DVD変換についていくつかの知識を知っておく必要があります。DVDには二つの主要なDVDの種類があります。PAL DVDとNTSCです。PAL DVDは一般的にヨーロッパとアジアの一部で使用されており、NTSCは、米国とカナダで広く使用されています。2つのフォーマットはフレームレートと解像度が異なります。PAL諸国で販売されているDVDプレーヤーは2つのフォーマットディスクをサポートしていますが、ほとんどのNTSCプレーヤーはPALフォーマットをサポートしていないため、NTSCプレーヤーでPAL DVDを再生することはできません。

Leawo DVD変換は、ポータブルメディアプレーヤー用の一般的なビデオフォーマットにDVDを変換する際に、PAL DVDおよびNTSC DVDの領域および暗号化の制限を取り除くことができるDVD変換ソフトです。そして、WindowsとMacの両方に対応できるバージョンがあります。Leawo DVD 変換を使用してDVDムービーを変換する方法については、下記をご参照ください。

   

手順1:ソフトをダウロードしてインストールしてください。ダウロードしたソフトは、Prof. Mediaという名前の総合ソフトです。DVD変換のアイコンをクリックして、DVD変換モジュールを選択して、ソフトを起動します。

手順2:インターフェイスには、サブメニューバーに「Blu-ray / DVDを追加」ボタンがあります。これをクリックすると、DVDコンテンツをプログラムに追加します。 また、DVDコンテンツをインターフェイスに直接ドラッグすることもできます。

手順3:DVDコンテンツをプログラムに追加した後、1つの変換モードを選択します。DVD内のすべてのビデオクリップを変換する場合は、「フルムービー」を選択します。変換したいムービーそのものだけが必要で、他の部分が必要しない場合は、「メインムービー」を選択し、画面の下からムービーを選択します。

手順4:出力ファイルのフォーマットを設定するには、緑色の変換ボタンの左側にあるボタンをクリックします。ドロップダウンメニューに3つのオプションが表示されます。中央の「変更」をクリックして、「プロファイル」パネルを開きます。薄型テレビでDVDを再生するため、薄型テレビに対応できるMP4を出力形式として設置してください。

手順5: 選択した形式のパラメータを調整することもできます。上記のドロップダウンメニューには「編集」ボタンがあります。また、選択した形式のパラメータを調整することもできます。上記のドロップダウンメニューには「編集」ボタンがあります。「編集」クリックすると、プロファイル設定パネルが開き、選択したフォーマットのビデオおよびオーディオパラメータを調整できます。

手順6:メインインターフェイスに戻り、緑の「変換」ボタンをクリックすると、サイドバーがインターフェイスの右側から表示されます。サイドバーの出力ビデオの出力ディレクトリを設定し、下の「変換」ボタンをクリックしてDVDをビデオに変換します。

変換が完了すると、変換されたビデオをフラッシュドライブに転送できます。近年発売されたほとんどのテレビは、USBポートが搭載されています。USB経由でテレビに接続されている他の機器でビデオやオーディオを再生することができます。それため、フラッシュドライブをパソコンと接続したことで、薄型テレビでムービーを鑑賞できます。