MOVとは、さまざまなアップルデバイスでメディアコンテンツを配布するために、Apple社が開発したビデオファイルフォーマットです。理論的には、MOV ファイルはMac OSとWindows OS両方と互換性があります。QuickTime Playerもしくは同レベルのプレーヤーがあれば、簡単にMOVビデオを再生できます。

互換性が優れたMOVビデオファイルでも再生できないときがあります。この記事では、MOV動画ファイル再生不能の解決案を提供します。

パート1:ビデオは成功に再生できない原因

デジタルメディアファイルは一連の複雑な稼動仕組みで構成されます。ファイルが再生できない、もしくは開かれないとき、症状が同じでも、実は潜在的原因が都度都度に違います。その原因を特定するには容易いことではありません。

ビデオを再生できない、もしくは開かれない原因を一概に言えませんが、可能性が高い原因があります。この記事では、これらの可能性が高い原因を紹介します。可能性が高い原因を確認することによって、再生不能の原因を特定し、解決します。

MOV対応のビデオプレーヤーでMOVビデオを再生できない場合、ビデオファイル自体が破損された可能性が高いです。ファイルが破損された原因はいろんな可能性があります。ビデオ圧縮トラブルはサイズが大きいビデオファイルを丸ごと破損する可能性があります。
メディアファイルのヘッダーが破損した場合、肝心な技術情報が紛失する可能性があり、ファイル自体が破損されてしまう結果に導きます。

自分でファイルを録画する場合、録画中の電源断もファイルを破損する可能性があります。要するに、破損は転送プロセス、ダウンロードプロセス、エンコードプロセス、延いてはファイルの作成プロセスのいずれかに起こります。

破損原因によって、再生するときに現れた症状も違ってきます。時にはプレーヤーはファイルが破損されたので認識できないというエラーメッセージを出します。
時にはエラーメッセージもなく、ブルックスクリーン、もしくは乱雑な動画映像だけが表示されます。

殆どのファイル破損は永久的なもので、修復できませんが、肝心的な部分が破損されていない限りに、MOVファイル修復ツールで修復できます。パート2とパート3で詳しく説明します。

how-to-fix-corrupt-mov-damaged-video

ほかの可能な原因

ファイルが破損された以外に、ビデオコーデックがインストールされていない、グラフィックカードが故障した、システムメモリの効率が低い、メディアプレーヤーと互換できない、などもファイル再生不能に導きます。
ビデオコーデックはシステムが特定のビデオフォーマットを対応させるプログラムです。
MOVコーデックをコンピューターにインストールしないと、コンピューターはMOVビデオを再生できません。

上記の原因でしたら、相応のエラーメッセージが提示されます。何のエラーメッセージもない場合、MOVファイル自体が破損された可能性が高いです。下記にて破損したMOV動画ファイルを修復する方法を紹介します。

how-to-fix-corrupt-mov-codec


パート2:拡張子を変更することでMOVファイルを修復

MOV動画ファイルを修復する最も簡単な方法はファイルの拡張子を変更し、それからVLCメディアプレイヤーの修復機能を活用することです。
VLCメディアプレイヤーはさまざまなビデオファイルを再生できるほか、メディアプロセシング機能と修復機能も備えています。VLCメディアプレイヤーの修復機能を利用する手順は下記のようです。

ステップ 1: オリジナルMOVビデオファイルのバックアップを作ります。

ステップ 2: MOVファイルの拡張子を「.mov」から「.avi」に変更します。

ステップ 3: VLCメディアプレイヤーを起動し、ツールバーの「ツール」をクリックし、ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。

ステップ 4: 「設定」ウィンドウでは、「入力/コーデック」をクリックし、「入力&コーデック設定」セクションを開きます。「破損あるいは不完全なAVIファイル」というパラメーターのドロップダウンボタンをクリックし、「すべて修復」を選択します。

ステップ 5: 「保存」をクリックし、変更を適用します。VLCメディアプレイヤーで拡張子が「.avi」のファイルを開くと、プレーヤーは自動的にファイルを修正し始めます。

how-to-fix-corrupt-mov-change-extension


パート3:Kernel Video Repairを利用してMOVファイルを修復

VLCメディアプレイヤーは基本的な修復機能を持って、一部のファイルを修復できますが、複雑な修復作業はプロのビデオ修復アプリケーションを利用したほうがいいです。たとえば、Kernel Video Repairは幅広いビデオフォーマットをサポートできて、任意の破損したビデオを修復できるプロのビデオ修復ツールです。

VLCメディアプレイヤーで修復できないMOVビデオをKernel Video Repairで修復できる可能性があります。Kernel Video Repairのユーザーインタフェースは直感的で、使い方も簡単です。具体的には下記をご参照ください。

ステップ 1: Kernel Video Repairをインストールし、起動します。メインインタフェースの「+」をクリックし、破損したMOVビデオをインポートします。

how-to-fix-corrupt-mov-kernel-video-repair-import-video

ステップ 2:インポートされたビデオの名前と保存場所はインタフェースに表示されます。インポートが完了すると、「+」ボタンが「√」アイコンに変更します。それから、「修復」ボタンをクリックすると、修復プロセスが始まります。

how-to-fix-corrupt-mov-kernel-video-repair-start-repairing


パート4:Leawo Blu-ray Playerを利用して修復されたMOVファイルを確認、再生

修復されたMOVファイルはテストする必要があります。プロのファイル検査プログラムを利用し、ファイルの完全性をテストするのもいいですが、もっと簡単な方法は頼もしいビデオプレーヤーで再生してみることです。
問題がない場合、直接プレーヤーでファイルを再生し続けますので、とても便利です。

ビデオプレーヤーでビデオファイルの完全性を確認する場合、安定的な再生機能を持つオールインワンプレーヤーが必要です。正確なテスト結果をもらえるために、Leawo Blu-ray Playerをおすすめします。

how-to-fix-corrupt-mov-test-video-using-leawo-blu-ray-player

Leawo Blu-ray Playerは殆どのビデオフォーマットを対応できるプロのビデオプレーヤーです。
もちろんMOVも例外ではありません。先進的なビデオ再生技術を持つので、Leawo Blu-ray Playerは1080Pあるいは4K解像度のHDビデオを含むさまざまなメディアコンテンツをスムーズに再生できます。
MOVビデオファイルあるいはほかの形式のビデオファイルの完全性をテストするには、Leawo Blu-ray Playerは最適な選択肢です。

ビデオを再生できるほか、名前の通りに、Leawo Blu-ray Playerはブルーレイ/DVDディスク、フォルダ、ISOイメージも再生できます。その優れた再生機能に右に出るメディアプレーヤーがありません。

強力なビデオ再生機能、ブルーレイもDVDもサポートできる完全性、ネットワークプロトコルクライアントサポート、有力なパワーマネジメント、バーチャルリモコン機能、スキン/背景/言語をカスタマイズする機能、ブルーレイを高品質MKVに変換する機能、これらすべての機能を一体化したLeawo Blu-ray Playerは最高のメディアプレーヤーと言っても過言ではありません。

Leawo Blu-ray Playerを起動し、「ファイルを開く」をクリックし、テストしたいMOVファイルを導入します。
MOVファイルは問題がない場合、直ちに再生されます。
また、Leawo Blu-ray Playerをディフォルトメディアプレーヤーに設定すると、次回には再生したいファイルをダブルクリックすると、Leawo Blu-ray Playerで再生できます。

how-to-fix-corrupt-mov-leawo-blu-ray-player-interface


パート5:終わりに

MOVファイルは殆どのオペレーティングシステムと互換できます。MOVファイルを再生できない場合、ファイル自体が破損された可能性が高いです。この記事では、破損されたMOVファイルを修復する方法を説明しました。この2種類の方法は絶対に問題を解決できるとは言えませんが、一部のMOVファイルを修復できます。

MOVファイルを修復したあと、Leawo Blu-ray Playerのようなプロのビデオプレーヤーを利用して再生してみる必要があります。ファイルが修復されても、スムーズに再生できない場合、ほかの方法を検討するか、プロの修復サービスを求めるしかできません。