最高のメディア記録媒体の一つとして、ブルーレイディスクは高精細度ビデオを提供し続けています。早めに最新映画を楽しむために、映画ファンは常に世界各地からのブルーレイディスクを集めます。

これらのディスクはBD+、AACS+、MKB、Cinaviaなどのブルーレイコピー保護にかかられているので、思うままに再生したり、コピーしたりできません。この記事では、これらのコピープロテクトの関連知識と対応方法を説明します。



パート1:BD+について

BD+はCryptography Research Inc.(CRI)によって開発され、ブルーレイディスクデジタル著作権管理システムの一部です。パナソニック、ソニー、20世紀フォックスによって共同開発され、安全性はAACSの四倍以上と断言されました。

最近の2代の次世代HDブルーレイとDVDの中で、ブルーレイはBD+に保護されることで有利な立場に立っています。このプログラムは製作途中に暗号化されていました。プログラムを検査するために、システムはいくつかの検査ポイントを仕掛けています。これらの検査ポイントは一定のルールに従っています。

破損されたところは更正表に格納されていて、破損されたルールはコンテンツコードに暗号化されます。各プレーヤーに、自分なりのキーを備えるBD+仮想マシンを持っています。再生中に、更正表とコンテンツの暗号化が解除され、仮想マシンに送られます。


BD+システムは2007年6月29日に発売され、10年以内に誰でも解読できないと自慢していました。ブルーレイディスク向けの暗号化方式なので、HD DVDをサポートしません。ハリウッドの信頼を勝ち取るために、BD+は新しいデジタル著作権管理(DRM)メカニズムを採用しました。

簡単に言うと、BD+はHDプレーヤーに置かれた高効率の仮想マシンのごとく、埋め込まれた実行ファイルはさまざまな機能を果たします。
例えば、BD+仮想マシンは作業環境を診断し、プレーヤーや、キーが変更されたかどうかを検出します。すべてが異常ないなら、ビデオとオーディオ内容を正常に出力できます。さもなければ、特許権侵害を防ぐために、保護されたコンテンツは故意に破損もしくは修正され、ユーザーに抽出させません。


BD+


パート2:AACSについて

HD DVDとブルーレイディスク(BD)が無断にアクセスされたり、コピーされたりすることを防ぐために、2005年4月に、ディズニー、インテル、マイクロソフト、パナソニック、ワーナー・ブラザース、IBM、東芝、ソニーなどのコンピュータ・家電メーカーが結成した団体AACS LAはAdvanced Access Content System(アドバンスド アクセス コンテンツ システム、 AACS)というコピープロテクト規格を策定しました。

映像コンテンツ配布と著作権管理の規格として、AACSは現時点までに「暫定協定」によって運用していて、最終契約(コピーに関する条約を含む)はまだ仕上げられていないです。


AACSの規格書は「Version 0.9」の時点で3部構成になっています。詳しく言うと、媒体の種類によらない共通仕様や暗号化方式などを記述した「Introduction and common cryptographic elements」と,再生専用媒体に向けた「Pre-recorded video book (format-independent)」,記録可能媒体に向けた「Recordable video book (format-independent)」です。

AACSの役割はCPRMと似ています。AACSはBDのコピーガードで、市販・レンタル品のBDに使用されています。CPRMはDVDのコピーガードで、専用DVD-Videoディスク、およびDVD-RAM、DVD-RWなどのDVDからインポートしたCDの再生に利用されています。

機能的にほぼ同じですが、AACSのコンテンツは根から再作成されて、さらに暗号化を強化し、保護範囲も広げました。CSSとCPRMはデバイスとCDだけにかかられますが、AACSはネットワーク、ホームネットワーク、デジタルテレビに保護を掛けられます。物理ディスクのほか、メモリカードなどの製品にも利用できます。


AACS


パート3:MKBについて

MKB (Media Key Block)はDRMコピープロテクトシステムであるAACSの「Key」の一つとして使われます。ソニー、東芝、ウォルト・ディズニー、マイクロソフト、IBM、インテル、松下、ワーナー・ブラザースなどにより共同開発されました。主な目的は著作権者の許可がないままブルーレイビデオコンテンツがコピーされたことを防止します。


MKBはディスクコンテンツの暗号化に使用されます。ブルーレイあるいはHD-DVDコンテンツには、いくつかの特定の暗号化データ(Volume ID、Encrypted Title Key、MKB)を含みます。

MKBの主な目的はディスクのコンテンツが無断に抽出されたり、著作権者の許可を得ていないデバイスで再生されたりすることを防ぎます。
MKBは簡単に再生デバイスを検証でき、デバイスコードを取得できます。
ほかのプロテクトコードと同じように、MKBも専門家に解除されやすいです。


MKB


パート4:Cinaviaについて

Cinaviaは音声ファイルにウォーターマーク(電子透かし)を埋め込む先進的なアンチパイラシー技術です。コピーガード規格の多くは、直接映像や音声の出力端子から得られるものをコピーできないようにするためのものですが、Cinaviaはこれに加えて出力された画面を、カムコーダ等によって録画された場合(いわゆる直撮り)でも働くように設計されています。

Cinavia(シナビア)保護付きのデジタルコンテンツは特定のデバイスでしか再生できなくて、無許可のデバイスで再生すると、音声がミュートされたり、再生が中止されたりなどの症状が起こります。

Cinaviaが埋め込んだアンチパイラシー情報はユーザーに取り除けないので、新しい映画やブルーレイプレーヤーに広く使われています。一言Cinaviaと言っても、実はさまざまな分類があります。

ブルーレイディスクが無断にコピーされることを防ぐブルーレイディスク専用のCinaviaコードもありますし、映画館で上映のみを対象とし、家庭用設備による再生が許可されていないことを示すCinaviaコードもあります。そのため、Cinaviaを採用した映画製作会社がますます多くなってきました。

CinaviaはDVD、BDなどのビデオ製品に提供されます。ブルーレイプレーヤーに採用されたCinavia技術は映画、テレビ番組などの映像コンテンツを認識するように使われ、また著作権者の許可がなく、これらの映像コンテンツが勝手に放送されることを防げます。


Cinaviaコードは二つの部分で構成されています。オーディオトラックに埋め込まれる専用のCinaviaウォーターマークとそのウォーターマークを検出できるハードウェアです。

オーディオトラックにCinaviaウォーターマークが埋め込まれるメディアが再生されると、Cinavia検出システムのファームウェアがウォーターマークを検出し、再生デバイスがウォーターマーク権限があるかどうかをチェックします。

デバイスは再生権限がない場合、「 再生されているコンテンツはCinavia™によって保護されており、この装置での再生が許可されていません。詳細は、http://www.cinavia.comをご覧ください。」とのエラーメッセージが現れます。このメッセージが現れたと同時に、音声出力は一時的にミュート状態になったり、再生が完全に中止したりして、デバイスやファームウェアによって症状もそれぞれ違います。

実際によく現れるエラーメッセージは「メッセージコード1」、「メッセージコード2」と「メッセージコード 3」という3種類があります。


Cinavia


パート5:オールインワンブルーレイコピーガード解除ソフトーLeawo Blu-ray Cinavia除去

市販のディスクはプロテクトコード付きなので、スムーズに再生したり、コピーしたりできません。再生がうまくいかないとき、いったん停止し、数秒後、最初からもう一度再生すれば、時に問題を解決できます。

それでも解決できない場合、ディスクに掛けられたプロテクトコードを解除する必要があります。そのときはプロのプロテクトコード解除ソフトが必要です。プロテクトコードをディスクから解除できれば、根本的に問題を解決できます。


Leawo Blu-ray Cinavia除去はプロテクトコードを解除できる最高のツールです。オールインワンのプロのCinavia除去プログラムとして、Leawo Blu-ray Cinavia除去は6倍の速さでCinaviaを解除できて、Cinaviaフリーのブルーレイディスクを作れます。

ブルーレイコンテンツからCinaviaウォーターマークさえも削除できます。Cinaviaだけでなく、このプログラムは素早くAACS、BD+、及びMKBプロテクトコードも解除でき、優れた品質のコンテンツを出力できます。

Cinaviaウォーターマークが完全に削除された後、オリジナルブルーレイファイルと同品質のCinaviaフリーファイルを入手でき、ご自分の好みによって任意のデバイスでスムーズに再生したり、コピーしたりできます。インテル® クイック・シンクGPU技術を採用したため、解除スピードが極めて速いです。インタフェースも簡潔で直感的で、初心者でも簡単に操られます。

blu-ray-cinavia

Leawo Blu-ray Cinavia除去

☉ Cinaviaウォーターマーク除去

☉ Blu-rayコピー機能搭載

☉ 1:1高品質でCinaviaブルーレイをコピー

☉ すべてのCinavia検出デバイスに適用

☉ GPU加速技術で高速解除、使い方超簡単

無料体験

まとめ

ブルーレイディスクは最高の映画観賞体験をお届けできます。しかし、ディスクにプロテクトコードが掛けられた場合、ユーザーは購入したブルーレイディスクの内容を思うままにコピーしたり、他人と共有したりできません。Leawo Blu-ray Cinavia除去はブルーレイディスクに埋め込んだいかなるプロテクトコードを解除でき、簡単で、素早くこの問題を解決できます。