ソニーはブルーレイに対して厳しいライセンスを制定したので、コンピューターでブルーレイを再生するのはごく困難です。しかし、まったくできないというわけではありません。例えば、外付けブルーレイドライブのようなブルーレイドライブをコンピューターに接続すれば、問題を解決できます。



パート1:HDDとは?SSDとの違いは?

HDD(ハードディスクドライブ)は、磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種です。SSDと比べて、大容量でも低価格なことが特徴です。一方、SSDは半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種です。


以下は各比較に対し有利である方に○をつけたものです。

  SSD HDD
耐衝撃性  
アクセス速度  
価格  
障害復旧  
耐環境性
データの保持期間
省スペース性  
寿命  
記憶容量


要するに、HDDとSSDのどちらが優れているか、はっきり判断を下すことができません。それぞれのメリットとデメリットがありますから。お使いのパソコンに適していることが一番大事だと思います。


パート2:ブルーレイディスクをHDDに保存できる外付けブルーレイドライブお勧め

ブルーレイフォーマットをサポートしないノートパソコン或いはコンピューターを持っている場合、外付けブルーレイドライブを使うのは便利な代替案です。外付けドライブは殆どのオペレーティングシステムによって認識されるので、USBケーブル経由で簡単にパソコンで使用されます。パソコン用外付けブルーレイドライブはブルーレイディスクを再生したり、コピーしたり、焼けたりできます。


下記にはトップ3の外付けブルーレイドライブをご案内します。

1.パイオニア BDR-XS06JL

USBケーブル経由で接続され、アダプタが必要なしです。外観はお洒落で、Macに基づくモデルなので、アップルユーザーに最適です。

best-blu-ray-drive-01


2. ASUS BW-16D1X-U

パソコン用外付けブルーレイドライブは最新のUSBフォーマットをサポートできて、USB 3.0 スタンダードを通してブルーレイをハードドライブに転送できます。それに、このモデルはすべてのWindows OSとMac OSと互換できます。

best-blu-ray-drive-02


3. LG BP50NB40

このブルーレイドライブはBDXLフォーマット(最新のブルーレイフォーマット)をサポートして、最大で百ギガバイトのブルーレイディスクを書き込めます。デザインと移動度を重視するユーザーにおすすめします。

best-blu-ray-drive-03


パート3:ブルーレイ/DVDをHDDに保存する方法

外付けブルーレイドライブがあれば、簡単にブルーレイディスクを再生できるようになります。物理的なブルーレイディスクは破壊・紛失されやすいので、ブルーレイコレクションをバックアップするのは必要です。日進月歩なブルーレイ技術についていくために、ブルーレイドライブのほか、ブルーレイコピーの知識も身に付けた方がいいです。ブルーレイをハードドライブにコピーできたら、いつでもどこでも楽しめるようになります。


用意するべきもの

  • 外付けブルーレイドライブ
  • パソコン(インターネット接続)
  • DVD/ブルーレイディスク
  • ブルーレイ/DVD変換ソフト(ここではLeawo Blu-ray変換を利用する)


blu-ray変換

Leawo Blu-ray変換

☉ BD・DVDをMP4、MP3のような動画・音声形式に変換保存
☉ 出力動画に3D効果を追加
☉ 使いやすい編集機能搭載
☉ 高速や高品質で変換出力
☉ 音声言語、字幕やアングル設定可能

無料体験 無料体験

Leawo Blu-ray変換でブルーレイ/DVDをHDDに保存する方法は下記のようです。

ステップ1:ブルーレイ/DVDソースをインポートする。

プログラムをダウンロード、インストール&実行します。サブメニューの「変換」ボタン或いは「Blu-ray変換」ボタンをクリックすることによって、変換インターフェースが開かれます。

2


「BD/DVDを追加」をクリックし、ブルーレイ/DVD映画をプログラムにインポートします。或いはブルーレイ/DVD映画をパネルにドラッグ&ドロップしてもいいです。

2


変換したいブルーレイ/DVDコンテンツ、及び変換モード(フルムービー、メインムービー、カスタムモード)を選択して、「OK」ボタンをクリックして、ブルーレイ/DVD映画をインポートします。

2


ブルーレイソースファイルがインポートされた後、内蔵のメディアプレイヤーでファイルをプレビューできて、また字幕、オーディオトラック、及びソースファイル等も選択できます。

2


ステップ2:出力形式を設定。

大きな青い「変換」ボタンの左側にある「MP4 Video」と表示されるドロップダウンボックスから「変更」ボタンをクリックすると、「プロファイル」パネルにアクセスできます。
必要に応じて、様々なビデオ/オーディオフォーマット及び端末から出力形式を選択できます。

2


ステップ3:ビデオとオーディオのパラメーターを設定(オプショナル)

「MP4 Video」と表示されるドロップダウンボックスから「編集」ボタンをクリックすると、ビデオ/オーディオパラメーターを変更できます。

2


ステップ4:保存先を設定。

プロファイルを設定してから、メインインターフェースに戻ります。「変換」ボタンをクリックし、出力ファイルを保存する場所を指定します。HDDを保存先として選択します。

2


ステップ5:変換プロセスを開始

サイドバーの下部の「変換」ボタンをクリックすると、変換プロセスが始まります。変換中に、随時に「キャンセル」ボタンをクリックし、変換プロセスを中止できます。

2