ホームシアターで最高の画質を音質の映画を楽しみたいなら、Ultra HDブルーレイを試してください。Ultra HD 4Kブルーレイは4K TVに一番相応しい画質を提供できます。その画質はNetflixもしくはAmazonからストリーミングしたコンテンツよりもましです。それに、Ultra HD 4Kブルーレイが提供した画質と音質はどのフォーマットよりも優れます。



パート1:4K Ultra HDブルーレイ映画について


Ultra HDブルーレイとは何でしょうか。Ultra HDブルーレイは3840 x 2160の高解像度、最大で60fps(英: frames per second= フレーム毎秒)のフレームレート、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ、HDR)をサポートします。物理メディアでは、HDRは主に三つのフォーマットがあります。HDR10、HDR10+とドルビービジョンHDRです。簡単に言えば、転送できるデータは多ければ多いほど、画質と音質がよくなります。Ultra HDブルーレイはたくさんのデータを転送できます。


Ultra HD 4Kブルーレイは映像本来の明るさ、コントラスト、 鮮やかな色を再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」信号に対応しているので、画素のみならず、色彩と明暗の表現力も飛躍的に向上し、まるで実物が目の前にあり、実際の光景が広がっているようなリアルな映像をお届けできます。Dolby Atmos(ドルビーアトモス)を収録した4Kブルーレイ映画はご自宅で観賞しても、映画館並みの体験を提供できます。この記事では、最高の4Kブルーレイ映画を紹介します。


パート2:人気の4K Ultra HDブルーレイ映画おすすめ10選


たくさんの映画を確認した上で、一番価値がある4Kブルーレイ映画を下記のようにまとめました。映画自体も、収録されたブルーレイディスクも、どれも完璧で、いい映像エンタテイメントをもたらせます。休日に優れた映画を見ると、日ごろの疲れも拭けます。ぜひ試してみてください。

最高の4Kブルーレイ映画:『X-MEN』シリーズ
この2160pブルーレイは驚くほど鮮明な画面を持って、よく見たら、キャラクターの髪一本一本さえもはっきり見えます。おかげさまで、物語のほか、キャラクターの化粧も魅力的に感じられます。また、HDR効果の原因で、色彩はとても活力的で、キャラクターの60年代のブルーとイエローの服は特に目立ちます。


X-Men-Series-1



最高の4K Ultra HDブルーレイ映画:『キャプテン・マーベル』
最高の4K HDR技術を採用したため、映画『キャプテン・マーベル』は大成功を収めました。この映画は90年代を舞台に描いたファンタジースーパーヒーロー映画です。豊富な原色と二次色は景色とキャラクターがスクリーンから飛び出るように見えるほど鮮やかで、ホワイトも明るくて強烈です。キャラクターの容姿、服の細目まで生き生きとして、すぐ身近な存在のように見えます。

Captain-Marvel-2



ドルビービジョンをサポートする最高の4Kブルーレイ映画:『アクアマン』
『アクアマン』は細かいところまで注意を払って、現実をそのままスクリーンに運び、驚嘆的な没入体験をお届けできます。色彩に関して、ハイダイナミックレンジイメージの華やかな舞台と言っても過言ではありません。


Aquaman-3



4Kテレビに最適なブルーレイ映画:『デッドプール2』
4K Ultra HDブルーレイ映画の代表作として、『デッドプール2』はハイダイナミックレンジの最大限の魅力を引き出しています。特に主役のコロッサスの金属製の体はその効果で輝いています。


Deadpool-2-4



最高の4Kブルーレイ映画:『アベンジャーズ』
映画アニメーターの巧みな製作のおかげで、インフィニティ・ウォーにわたって、画像の鮮明度から、細目表現まで、言うことがありません。特にコンピューターで生成した巨人サノスのシーンは文句を言えないほどリアルです。


Avengers-5



最高の4Kブルーレイ映画:『ブラックパンサー』
画質は驚くほど鮮明です。その時代ならではの服の繊維と織り方さえも感じられます。この映画の細部と色はとても目立ちます。キャラクターの服装の鮮やかさも特徴の一つです。


Black-Panther-6



最高の4Kブルーレイ映画:『ローガン』
映画『ローガン』はほこりっぽい西欧風環境を舞台に設定し、写実的なパレットで忠実に当時の環境画像をレンダーリングされて、色彩を表現します。


Logan-7



最高の4Kブルーレイ映画:『ワンダーウーマン』
映画『ワンダーウーマン』のHDRカラー・コレクションは地元住民が炊いた火の効果をハイライトし、身近的な存在に見せられ、最後の爆発シーンはとても印象深いです。


Wonder-Woman-8



最高の4K ultraブルーレイ映画:『ジャスティス・リーグ』
スナイダー監督が作った映画です。映画のHDRカラー・コレクションは影と暗い部分を深めます。この映画のブルーレイディスクはHDR10とドルビービジョン両方をサポートします。この映画のファンでしたら、4K Ultra HDブルーレイディスクを見逃してはいけないですね。


Justice-League-9



最高の4Kブルーレイ映画:キングコング: 『 髑髏島の巨神(2017年)』
一目見ただけで、目を背けられないほど豊富な色彩と質感を求める映画です。この映画は2Kデジタル・インターミディエイトを採用したので、時にはCGIの欠陥に気付けますが、総合的にいえば、見る価値があるかなりいい映画です。


Skull-Island-10


もっと読む:ブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする方法

方法1:Leawo Blu-ray変換を利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする


上記で最高の4Kブルーレイ映画の紹介を見たあと、一刻も待たずに見たくなるでしょう。しかし、UHDブルーレイプレーヤーがない場合、どうやってこれらの4Kブルーレイ映画を再生しますか。下記にて、強力なUHDリッピングソフトを利用し、4Kブルーレイ映画をリッピング&再生する方法を解説します。


最高のBlu-Rayリッピングソフトとして、Leawo Blu-ray変換はブルーレイをビデオにリッピング&変換できますし、ブルーレイからオーディオを抽出して、任意のメディアプレイヤーとデバイスで再生されるフォーマットに変換できます。このプログラムは個人の好みによってオリジナルブルーレイ/DVDコンテンツの画像品質を保てるほか、ブルーレイをHD、1080Pもしくは720Pのビデオにリッピングできます。



ステップ1:Leawo Blu-ray変換を起動し、ホームページにアクセスし、サブメニューでの「変換」ボタンをクリックすると、変換インタフェースにアクセスできます。ソースのBlu-ray/DVDファイルを直接変換パネルにドラッグ&ドロップすれば、ファイルをインポートできます。インポートするとき、フルムービー、メインムービーとカスタムモードという三つのコピーモードが用意されています。

Import-Source-Blu-ray-into-Program-11



ステップ2:「MP4 Video」のドロップダウンボックスから「変更」をクリックすると、出力ファイルを指定できる「プロファイル」パネルが現れます。「フォーマット別」では、ビデオ/オーディオフォーマット、「デバイス」グループでは、モバイルデバイスを指定できます。

Choose-output-profile-12



ステップ3:プロファイルを設定したと、変換パネルに戻って、緑の「変換」ボタンをクリックし、出力ファイルの保存先を指定します。

Set-output-directory-13



ステップ4:最後に、サイドバーの下部の「変換」ボタンをクリックすると、変換プロセスが始まります。変換プロセスが終わってから、コンピューターで映画を楽しめられます。

Start-conversion-process-14


方法2:Handbrakeを利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする

HandbrakeはWindows、Mac、Linuxで使われ、4Kブルーレイ映画を任意のデバイス(コンピューターとか、アンドロイドフォンとか)と互換できるフォーマットに変換可能です。使い方もごく簡単で、具体的には、下記をご参照ください。


ティップス:HandbrakeはコピーガードフリーのDVDしかサポートできません。しかし、市販DVDは殆どコピーガード付きです。このような場合、libdvdcssをインストールする必要があります。


ステップ1:ブルーレイディスクを挿入し、Handbrakeを開きます。左上の「ソース」ボタンをクリックし、リストからDVDドライブを選択します。
ステップ2:ウィンドウの左上の「タイトル」のドロップダウンメニューから、一番長いタイトルを選択します。右側の「ブラウズ」ボタンをクリックし、出力ファイルの保存先を指定します。終わってから、「OK」をクリックします。

ステップ3:「プリセット」をクリックし、出力ファイルのフォーマットを確認します。
ステップ4:上部の「開始」ボタンをクリックします。

Handbrake-15


方法3:MakeMKVを利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする

DVDを対応できるほか、MakeMKVはブルーレイディスクもリッピングできます。ブルーレイディスクのリッピングプロセスはDVDと同じく、とても簡単です。
ステップ1:MakeMKVを起動し、光学ドライブにブルーレイディスクを挿入します。光学ドライブの形のアイコンをクリックすると、MakeMKVはディスクを読み込み、そのコンテンツを表示します。
ステップ2:アプリがファイルを作成するまで待ちます。MakeMKVは映画トラックを分析した後、すべての内容をリストの形で展示します。スクリーンの右上の「出力フォルダ」セクションでは、ファイル名を変更する必要があります。

ステップ3:すべての設定が終わってから、スクリーンの右上の「Make MKV」アイコンをクリックし、リッピングプロセスを開始します。

makemkv-16


High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ、HDR)とWCG (Wide Color Gamut)は4K解像度よりもインパクトが強い効果をもたらせるので、ますます多くのディスクに収録されます。そのおかげで、休日にはわざわざ映画館へ行かなくても、ご自宅でもゆったりと映画館並みの観賞体験を楽しめられます。