動画配信サービスが広がる前に、多くの方はブルーレイディスクを購入することで高解像度映画を楽しみます。しかし、Netflix、iTunes、Vuduなどの動画共有サービスプロバイダーで容易く720P、1080P乃至4K映画を手に入れられる今では、またブルーレイディスクを購入する必要があるでしょうか。下記にて、ブルーレイとデジタルHDのそれぞれの特徴を紹介します。

1.ブルーレイVSデジタルHD:ビデオとオーディオ品質がもっと優れたのはどっちのほうか。

4Kディスクを除いて、ほとんどのブルーレイディスクの解像度は720Pあるいは1080Pです。何年の発展を経て、動画配信サービスも720P、1080P乃至4Kビデオを提供し始めます。解像度を品質の基本だと考える人が多いですが、解像度は確かにある程度でビデオ品質を反映しますが、ほかのパラメーターも同じくビデオ品質を左右できます。ネット上で便利に配信するように、配信サービスプロバイダーはビデオを圧縮し、サイズを小さくしなければなりません。映画のサイズが大きくなると、ネットでの転送スピードに影響を出しますから。そのため、配信サービスプロバイダーが提供する映画の解像度はブルーレイ映画とほぼ同じですが、ほぼ圧縮されたものです。1層(単層)ブルーレイディスクは25GBを、2層ブルーレイディスクは50GBの映画を記録できます。その一方、iTunesからダウンロードした1080P映画はほとんど6GB前後です。圧縮されたビデオは流暢さや、バンディングなどの面は妥協され、もちろん画像品質に影響が出ます。そのため、動画配信サービスの映画品質にはブルーレイ映画と比べられません。また、画像だけでなく、音質の方もブルーレイが優れています。ブルーレイは何年前からドルビーTrueHDとDTS-HDマスターオーディオ基準を採用しました。そのため、ブルーレイは壮観なオーディオ効果をお届けられます。動画配信サービスはこのような技術を利用していません。要するに、サイズが圧縮された分、オンライン映画の品質も妥協されて、ブルーレイ映画のように生き生きとした画面と音声を提供できません。

Blu-ray VS Digital HD

2.ブルーレイVSデジタルHD:デジタルHD映画はNG集などの付加内容なし。

普通に言えば、映画以外に、ブルーレイは映画製作プロセスを披露するビジュアルコメンタリー、NG集などを含みます。入念に検索しないと、これらの内容はネット配信サービスでは簡単に見つかれません。

3.ブルーレイVSデジタルHD:ブルーレイは動画配信サービスでは見つかれない動画を提供できる。

ネットには膨大な情報が溢れていますので、特定の映画を見つかるのは簡単なことではありません。動画配信サービスは一部の映画を提供しません。その一方、ビデオストアでは、簡単に映画のブルーレイディスクとDVDディスクを提供します。

4.ブルーレイVSデジタルHD:映画の楽しむ方法が違います。

ブルーレイディスクがあれば、いつでも自宅で映画を楽しめます。それに引き換え、配信サービスは会員登録が必要です。会員の有効期限が切れると、もちろん引き続きサービスを受けられなくなります。利点としては、ネットに接続できれば、どのデバイスを利用しても、いつでもどこでも配信サービスを楽します。

全体から見ると、物理メディアと配信サービスはそれぞれのメリットとデイメリットを持っています。どっちのほうが良いのか、一概に言えません。壮観なシーン、没入型のビジュアル体験を望んだら、物理メディアを利用するには後悔させません。

5.コンピューターもしくは携帯機器でブルーレイ映画を楽しむ方法

先述のように、物理メディアは最高の映画観賞体験をもらえます。しかし、コンピューターあるいはiPadなどのモバイルデバイスでは、動画配信サービスを利用するのは便利なので、動画配信サービスを通して映画を観賞するユーザーが多いです。遠足のとき、車に乗りながら、スマートフォンでNetflixを通してオンライン映画を楽しむのはなかなか素敵なことです。しかし、Wi-Fi.がない場合、オンライン映画を見るにはかなりのデータ通信量がかかります。お金を節約には、ブルーレイ映画を再生可能な形式に変換して、携帯機器に転送し、再生したほうが良いです。

ブルーレイ映画を高品質のビデオファイルに変換できる優れたプログラムがいくつもあります。一番理想的なプログラムはブルーレイ映画を携帯機器でも楽しめる最高品質のビデオとオーディオに変更できます。実は、ブルーレイをロスレスMKVビデオに変換できるプログラムは確かに存在します。出力ビデオは圧縮されたことがないので、映画の品質はオリジナル映画の品質とは変わらないです。唯一の問題は出力のロスレスMKVビデオのサイズが極めて大きいため、かなりのストレージ・スペースを占めます。その点を受け入れるなら、ブルーレイ映画をデジタルビデオアイルに変換できるプログラムおよびその使い方を下記にて紹介します。

#1. Leawo Blu-ray変換を利用してブルーレイをデジタルHDビデオに変換

最初におすすめしたいのはLeawo Blu-ray変換です。Leawo Blu-ray変換はすべてのブルーレイ映画をさまざまな形式のビデオとオーディオに変換できる多機能なブルーレイリッピングソフトです。これがあれば、簡単に携帯機器で見られるブルーレイHDデジタルビデオを作成できます。ロスレスMKVだけでなく、Leawo Blu-ray変換はブルーレイをMP4などの形式のアイルにも変換できます。MP4形式のファイルのサイズが小さいため、スマートフォンではより多くのMP4映画を格納できます。Leawo Blu-ray変換はブルーレイをロスレスMKVにリッピングする手順は下記のようです。

   

ご注意:LeawoはいくつかのトップレベルのプログラムをLeawo Prof. Mediaというソフトパッケージに組み込みました。Leawo Blu-ray変換をコンピューターにインストールする時、Leawo Prof. Mediaの形でインストールされます。

ステップ1:Leawo Prof. Mediaを開きます。インターフェースの「Blu-ray変換」をクリックすると、Leawo Blu-ray変換が起動されます。

Load Blu-ray Ripper

ステップ2:ブルーレイファイルをLeawo Blu-ray変換にインポートするには、まずブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入します。それから、「BD/DVDを追加」「ディスクを追加」を逐次にクリックし、またディスクのタイトルをクリックします。

Load disc content

ステップ3:すべてのブルーレイデータがロードされた後、Leawo Blu-ray変換はディスクにあるすべてのビデオリストを表示します。このステップでは、リッピング&MKVに変換したいビデオを選択します。Leawo Blu-ray変換はユーザーに変換内容を選択する機能を提供します。不要な内容の変換を直接省略できます。「フルムービー」では、すべてのビデオを変換します。「メインムービー」では、通常に映画だけが変換されます。もちろん、別のビデオを選択し、変換するのも川いません。「カスタムモード」では、ユーザーはご自分の需要によってビデオリストから複数のビデオを選択できます。リストされたビデオは右側のプレビューウィンドウで再生できます。ビデオを選択し、「再生」ボタンをクリックすれば、選択されたビデオが再生されます。その後、「OK」をクリックすれば、新しいビデオリストに追加されます。

Select videos

ステップ4:Leawo Blu-ray変換はさまざまな出力フォーマットをサポートします。インタフェースの右上の青い「変換」ボタンはフォーマットボタンと言います。ディフォルトオーマットはMP4です。MKVを出力したいときに、主導的にフォーマットボタンをMKVに変換する必要があります。まず、フォーマットボタンをクリックし、サブメニューの「変更」をクリックすると、多くのビデオとオーディオオーマットを表示する「プロファイル」パネルに入ります。そのパネルで「フォーマット別」、「Lossless video」を逐次に押して、Multi-track MKVを選択します。このMKV形式を選択すると、該当フォーマットもデフォルトフォーマットに設定されます。また、ビデオリストに戻られます。

Select output format

ステップ5:「変換」ボタンをクリックすると、ビデオリストの上にサイドバーが現れます。出力ビデオのデフォルト出力先が現れます。隣の「…」をクリックすると、出力ビデオの保存先を指定できます。終ってから、出力先の下の「変換」ボタンをクリックすると、ディスクのリッピングプロセスが始まります。

Start ripping

以上で、Leawo Blu-ray変換を利用して、ブルーレイをリッピングする方法を案内しました。

ロスレスMKVビデオは最高の観賞体験を提供できます。しかし、ビデオ自身はサイズが大きいため、スマートフォンのストーレジ容量が不足と、うまく再生されない可能性があります。必要があれば、Leawo Blu-ray変換はブルーレイ映画をほかのサイズが小さい形式に変換することも可能性です。そうすると、ビデオが圧縮されるため、品質は若干にロスが発生しますが、オリジナル品質とたいした差異がございません。品質にこだわるなら、デバイスの処理能力が確保される上、ロスレスMKVビデオに変換したほうが良いです。

#2. MakeMKV(メイクエムケーブイ)でブルーレイをデジタルHDビデオにリッピング

Leawo Blu-ray変換のほか、MakeMKVもブルーレイをロスレスMKVビデオに変換できます。保護つきのブルーレイさえも変換できますが、出力形式はロスレスMKVしかないです。ユーザーに1ヶ月の無料試用期間に提供します。その後、引き続き使うのは代金が必要です。
MakeMKVを利用してブルーレイをロスレスMKVにリッピングする手順は下記のようです。

  • ステップ1:ブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入し、MakeMKVを起動します。
  • ステップ2:インタフェースのブルーレイドライブアイコンをクリックし、ブルーレイデータをMakeMKVに導入します。
  • ステップ3:左上のタイトルをクリックし、コンテンツリストをさらに表示させ、必要なビデオ、オーディオトラックと字幕を確認します。
  • ステップ4:保存先ボックスでロスレスMKVビデオの出力先を選択します。
  • ステップ5:右上のMakeMKVボタンをクリックし、ソースのブルーレイ映画をロスレスMKVビデオに変換し始めます。

MakeMKV Rip Blu-ray

ブルーレイとデジタルHDはそれぞれの特徴を持っていますので、どっちのほうがいいのか、一概に言えません。品質にこだわる方なら、ブルーレイのほうを選択したほうがいいです。しかし、デジタルHD配信サービスのほうが便利なので、忙しい現代人にも愛用されています。