オンラインでファイルを共有したいのであれば、究極の無料ファイル共有サイトを知りたいかもしれません。実際には、ファイルを共有するサイトがたくさんあります。ただし、これらのサイトのうち、本ガイダンスでは、10の究極の無料ファイル共有サイトをお勧めします。また、iOS デバイス間でファイルを共有する方法も学ぶことができます。さて、確認してみましょう。

パート 1: ファイル共有フリーサイトTOP10

今日はファイル共有無料サイトを紹介します。これらのサイトをきちんと使えば、iPhone、パソコンの写真、音楽、動画、連絡先などのファイルのバックアップ、共有することは簡単になります。

No.1: Google ドライブ

Google Drive

Google ドライブを使用すると、あらゆるファイルを安全に保管して、スマートフォン、タブレット、パソコンでどこからでもアクセスできます。動画、写真、ドキュメントなど、ドライブ内のファイルは安全にバックアップされるため、失われることはありません。また、ドライブ内のどのファイルやフォルダでも、閲覧、編集、コメントに他のユーザーを簡単に招待できます。

No.2: Imgur

Imgur

Imgur(イメージャー)は、アラン・シャーフが2009年にアメリカ合衆国オハイオ州アセンズで立ち上げたオンライン画像共有と画像管理サービス(英語版)である。「家庭から、コメント、投票、共有によってコミュニティがリアルタイムでウェブにおける最も人気のある画像にアクセスする場所」と自称している。1日100万人以上のユーザーに[4]無料の画像管理サービスとコメント型ソーシャルコミュニティを提供している。。

No.3: Dropbox

Dropbox

Dropbox はクリエイティブな共同作業を実現できるワークスペースです。必要なファイルを 1 か所で管理できるだけでなく、ファイルがすべてのデバイスで安全に同期されるので、いつでも、どこでも簡単にアクセスできます。サイズの大きなファイルの送信も簡単です。相手が Dropbox アカウントを持っていなくても大丈夫です。ドキュメント スキャナー、共有フォルダ、オフライン アクセスなどの機能を使用すれば、他のユーザーと簡単に共同作業を行うことができます。

No.4: Mediafire

Mediafire

MediaFireは、容量10GB、帯域の制限はなしのオンラインストレージです。 知名度はかなり高く、Dropbox と同じくらい有名で歴史も古く利用者も多いです。その間、スペックについては大きな変遷を繰り返していますが、基本的に無料プランはファイルの共有用で保管にはあまり向いていません。 フリーアカウントは、共有リンクやアップロード画面に広告が表示され、それによって運営されています。

No.5: Wetransfer

Wetransfer

WeTransfer」は、会員登録不要で最大2Gバイトのファイルを転送できるサービスだ。 メールに添付するには大きすぎるファイルはもちろん、ほかのファイル転送サービスでは対応していないギガ単位のファイルをオンラインで送信したい場合に向いている。

No.6: Zippyshare

Zippyshare

ZippyShareは無料のオンラインファイル共有サイトで、サインインすることなくサーバー上のファイル制限をダウンロードすることができます。 アップロードするファイルサイズは200 MBに制限されています。 ZippyShareを使用してファイルをプライベートモードにしておくこともできます。 ファイルが30日間で誰でもダウンロードしなければ、削除されます。 ただし、一時的にファイルを共有するために使用できますが、長期間の使用には推奨されません。 一時的に無料のファイル共有サービスをご希望の場合は、このウェブサイトを良い選択です。

No.7: 4shared

4shared

4sharedは、15GB の容量を無料で使える WebDAV 対応のクラウドストレージです。 まだアングラ時代のなごりが見え隠れして幾つか注意したいところもありますが、 アップロードが速く、機能だけを見ればかなりおすすめのストレージです。

No.8: BOX

BOX

Box では 10GB の無料クラウドストレージで、あらゆるファイル、写真、文書のセキュアな保存、管理、共有が行えます。
Box を使えば簡単にできるようになること:いつでもすぐにすべてのファイルにアクセス、デスクトップ、Android フォン、タブレットなどからコンテンツにオンラインでアクセス、大切な写真、動画、文書などを共有、外出先で最新のプロジェクトをレビューしてフィードバックを送信、同僚、友人や家族といつでもつながる。

No.9: Rapidgator

Rapidgator

Rapidgator.net(らぴっどげーたーどっとねっと)とは、 Rapidgator LTDが運営するトップクラスのファイルホスティングです。 ファイルホスティングとは別名オンラインストレージとも呼ばれており、インターネットを通じてデータを保管できるディスクスペースを貸しているサービスのことです。 数あるファイルホスティングサービスの中でもRapidgatorは2010年からサービスを提供しており、今なお続いている優良なサービスなんです。 しかも利用料は完全無料!

No.10: Turbobit

Turbobit

TurboBit.netは、最高の無料ファイル共有サイトの1つであり、ファイルを最大5 GBまで交換できる交換システムです。 ファイルの合計サイズと数は無制限です。 また、最大100 GBのファイルを転送することもできます。ファイルのアップロードには1回のクリックだけが必要です。

パート 2:iOS デバイス間でファイルを共有する方法

iOS デバイス間でファイルを共有する方法については、これら10の無料ファイル共有Webサイトを利用したくない場合は、iCloudを利用することもできます。iCloudを利用し、iOS デバイス間でファイルを共有する方法について詳しく説明します。

2.1 iCloudを介してiOS デバイス間でファイルを共有する

ここでは、iOS デバイス間でファイルを共有するためにiCloud を利用することをお勧めします。iCloudで簡単にデータを共有できます。ここでは、iPodからiCloud経由でiPhoneに連絡先を共有する方法と、MacからiCloud Drive経由でiPadに写真を共有する方法を例として紹介します。

2.1.1 iPodからiCloud経由でiPhoneに連絡先を共有する方法

iPodからiPhoneに連絡先を同期するには、iCloudを利用することができます。以下の手順を確認してください。

1. iPodをWi-Fiネットワークに接続し、「設定」アプリを開き、「「[自分の名前]/Apple ID」をクリックします。「iCloud」をクリックし、「連絡先」をオンにすると、連絡先はiCloudに同期します。

turn on Contacts

2. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続し、iPodで同じApple IDでiCloudにサインインします。iPhoneの「連絡先」をオンにすると、連絡先はiCloudに同期します。

3. 連絡先の結合を確認するメッセージが表示されます。「結合」をタップすると、iCloud上の連絡先はiPhoneに簡単に同期します。

tap Merge

iCloudからiPhoneやiPodへの連絡先、写真、その他のファイルを共有する方法については、この方法を使った結果を確認してみてください。

2.1.2 iCloud Driveを介してiOS デバイス間でファイルを共有する方法

iOS デバイス間でファイルを共有するには、iCloud Driveを使用することもできます。iOS デバイスにiCloud Driveをダウンロードしてインストールしていることを確認する必要があります。次の手順では、iCloud Driveを介してiOS デバイス間でファイルを共有する方法を示します。ここでは、iPodとiPhoneの間の写真ファイル共有を例にとってみたいです。

ステップ 1:iPodをWi-Fiネットワークに接続し、「設定」アプリを開き、「[自分の名前]/Apple ID」をクリックします。「iCloud」をクリックし、「写真」をオンにすると、写真はiCloudに同期します。

ステップ 2:パソコンからiCloud.comを開き、iPodでは同じApple IDでiCloud.comにサインインします。アカウントにログインした後、iCloudアイコンをタップして、iCloud Driveの保管領域に入ります。iPodから同期したすべての写真が表示されます。

ステップ 3:iPhoneの「iCloud Drive」アプリを開くと、iPodでのすべての写真ファイルが「iCloud Drive」に表示されます。写真ファイルをタップして開き、インタフェースの最下部のメニューを呼び出すと、共有アイコンが表示されます。共有アイコンをクリックし、iPhoneにダウンロードします。

Share Files among iOS Devices via iCloud Drive

この方法で共有するファイルを選択すると、iOS デバイス間でファイルを簡単に共有できます。こうして問題の解決に役立つことを願っています。

iCloudは、iOS デバイス間でファイルを共有するのに役立ちます。2つの例は、特別手順を示しています。連絡先や写真以外のファイルを共有する場合は、対応するメニューを選択することで実現できます。

2.2 Leawo iTransfer を介したiOS デバイスの間でファイルを共有する

iOS ユーザーはサードパーティの転送ソフトを使用してファイルを共有することもできます。iOS デバイスの転送ソフトの中でもとりわけ使い勝手に優れています。このソフトは、iTunesと同期せず、iOS デバイス、iTunes、Mac PCの間でファイルを転送することを可能にし、ユーザーは様々な種類のファイルを容易に転送することができる。まず、1つのiOS デバイスからのファイルをLeawo iTransfer経由でPCに転送する必要があります。次に、エクスポートされたファイルを1つのiOS デバイスから他のiOS デバイスに転送します。この節では、例として、iPodからiPhoneへの連絡先の共有方法を紹介したいと思います。次のガイダンスでは、具体的な手順を示します。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと
写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイスに対応!

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

Step 1: iPodから連絡先をパソコンに転送する

1. 「Leawo iTransfer」を起動して、「連絡先」を選択する

iPodをUSBケーブルに接続して、「Leawo iTransfer」を起動して、iPhoneの概況が表示されます。右のメニューでiPodの名の下にある「連絡先」を選択します。

Launch Leawo iTransfer and Click Contacts

2. 転送したい連絡先を選択する

パソコンに転送したい連絡先を選択して、ソフトウェアの上にある「エクスポート」ボタンをクリックし、出力連絡先の形式を設定します。通常はVCF形式に設定します。最後は「転送」を確認して、連絡先をお使いのパソコンに転送します。

Select Contacts and Transfer to Computer

Step 2: 連絡先をiPodからiPhoneに転送する

1. iPhoneを接続、連絡先を選択する

「Leawo iTransfer」を起動して、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。接続が成功すると、ソフトウェアでiPhoneの概要(名称、ストレージ、ソフトウェアバージョンなど)をチェックすることができます。ソフト右のメニューで「連絡先」をクリックします。

Launch Leawo iTransfer and Click Contacts

2. 連絡先をiPhoneにインポート

「インポート」をクリックして、先程パソコンに保存した連絡先(VCF または CSV)ファイルを選択して、iPhoneに転送します。

Select Contacts and Import to iPhone

iOS デバイスの間で他のファイルを共有する場合は、共有したいファイルを選択してパソコンをエクスポートし、他のiOS デバイスをインポート先として選択することで、エクスポートしたファイルを他のiOS デバイスに転送できます。Leawo iTransferを使ってファイルを共有することをお勧めします。なぜなら、インターネットを必要とせず、iOS デバイス間ですべてのファイルを転送してしまうことがないからです。興味があれば、ぜひお試してください。