Windows Media Playerで再生しているビデオを回転したいですが、どうすればいいでしょうか?ネットサーフィンした時、偶然あるフォーラムからこの質問を見かけました。答えは、どうしても出来ません。

Windows Media Player(ウィンドウズ・メディア・プレーヤー、略称WMP)は、マイクロソフトが開発しているメディアプレーヤーです。Windowsシステムに標準搭載されて、ディフォルトの動画再生ソフトです。Windows Media Playerには動画回転という機能がありません。だから、Windows Media Playerで動画の向きを変えてはいけません。動画を自由に回転するには、他の専門的なソフトウェアを利用しなければなりません。



画像回転 VS ビデオ回転

Windowsフォトビューアー(Windows Photo Viewer)のような画像を管理及び編集するソフトは、画像を回転させる機能が搭載しています。それに、一部のオンラインフォトエディタも画像を回転させることもできます。だから、画像を回転するのは実に容易いことです。それらのソフトを使って、反時計回りに90度回転させたり、時計回りに90度回転させたりすることができます。回転された画像を保存すればいいです。


ビデオを回転する場合は、画像回転のように簡単行けるではありません。なぜかと言うと、それはすべての動画再生ソフトもしくは動画変換ソフトには動画回転という機能が搭載するわけではありません。動画の向きを変更したいなら、動画回転機能が備えるソフトウェアを利用しなければなりません。


動画変換ソフトでビデオを回転させる

Leawo HD動画変換プロは専門的な動画変換ソフトです。あらゆる動画と音声ファイルを180+種類の形式の間に相互変換したり、動画音声ファイルを編集したりできます。もちろん、動画回転を対応しています。Leawo HD動画変換プロを使えば、簡単に動画を回転させることができます。

blu-ray-player

Leawo HD動画変換プロ

☉ 最新iPhone、Androidなど各種機器で再生対応形式に簡単変換

☉ 6Xの超高速で動画や音楽を高品質のままでロスレス変換

☉ 出力字幕と音声トラックを追加

☉ 2D動画を3D動画に変換

☉ 180+動画・音楽形式に対応

無料体験 無料体験


ご注意事項:

1.Leawo HD動画変換プロはLeawo Prof. Media Ultraというパッケージソフトに組み込まれて、Prof. Media Ultraのモジュールの一つです。
2.Leawo HD動画変換プロの公式サイトからプログラムをダウンロードし、インストールする必要があります。


Leawo HD動画変換プロで動画を回転させる方法

ステップ 1: Leawo HD動画変換プロを起動し、上部の「変換」タブをクリックします。「ビデオを追加」ボタンをクリックして、回転したい動画をプログ

rotate a video



ステップ 2: 追加された動画の「編集」ボタンをクリックし、動画を編集するための画面に入ります。動画のサイズをトリムしたり、透かしを追加したり、動画効果を調整したりするなどできます。動画を回転する場合、「切り抜き」タブをクリックします。次に、動画を回転させます。例えば、左右反転、上下回転、90°右回転、90°左回転。

rotate a video



ステップ 3: 回転した動画を保存するには、動画の出力フォーマットを選択設定する必要があります。メイン画面で緑の「変換」ボタンの横にあるドロップダウンボックスをクリックして、「変更」ボタンをクリックします。そこで出力する動画のフォーマットを設定します。

rotate a video



ステップ 4: 最後に、緑の「変換」ボタンをクリックし、保存先を設定します。下の「変換」ボタンをクリックしたら、動画を指定したフォルダに保存されます。

rotate a video


ご注意:Leawo Prof. Media Ultraは「変換」「ダウンロード」「書き込み」「コピー」という四つのモジュールが搭載します。「書き込み」では、動画を回転させることもできます。動画を回転してDVDやブルーレイディスクに焼きたい場合、「書き込み」というモジュールをご利用ください。「書き込み」モジュールで動画を回転する方法は「変換」モジュールで動画を回転する方法と同じです。



動画再生ソフトでビデオを回転させる

動画を回転して保存したくない、ただ動画の向きを変更して、メディアプレーヤーで動画を再生したい場合、動画回転という機能を備えるメディアプレーヤーを使えばいいです。例えば、VLCメディアプレーヤー、Windows Media Playerなど。

VLCメディアプレーヤーはほぼ全てのメディアファイルを対応して、無料で使えるオープンソースの動画再生ソフトです。動作が軽いし、内蔵コーデックが優れます。再生機能のほか、ビデオキャプチャや、レイテンシ(遅延)設定、音声抽出、動画回転などができます。



VLCメディアプレーヤーでビデオを回転する方法

  • 1.VLCメディアプレーヤーを実行します。「メディア > ファイルを開く」を逐次クリックし、動画ファイルを開きます。
  • 2.メニューバーで「ツール > エフェクトとフィルター」を逐次クリックし、調整とエフェクト画面に入ります。
  • 3.「ビデオエフェクト > ジオメトリ」タブを逐次クリックします。「変換」または「回転」にチェックを入れて、動画を好きな角度に回転します。


まとめ

動画変換ソフトにせよ、メディアプレーヤーにせよ、動画回転機能を搭載していれば、簡単に動画を自由に回転することができます。Leawo HD動画変換プロを使えば、動画を回転するだけではなく、動画をカスタマイズして、任意の形式に保存できます。それに、出力した動画ファイルはほぼ全てのスマホ、タブレットとデバイスと互換性があります。一方、VLCメディアプレーヤーを利用したら、動画を任意の角度に回転して、思うん存分再生することができます。必要に応じて、気軽に最適なソフトウェアを選べばいいです。