ビデオテープは主に、ビデオレコーダーでビデオを記録と再生するために人々に使用されています。また、デジタルDVなどの特定分野でも幅広く使用されているリニアイメージを記録するものです。しかし、時がたつにつれて、ビデオテープはもはや主流となるビデオ記録メディアではなくなります。ビデオテープの制限と不便さは今日でますます明らかなように見えます。

ビデオテープに比べれば、BDやDVDのほうがより便利なのです。まず、ビデオを再生するためにビデオレコーダを用意する必要がありません。それから、DVDはビデオテープより携帯に便利です。現在では、ビデオテープの動画をDVDにダビングすることはもう難しいことではありません。必要となるのは、DVD作成ソフトだけです。DVD書き込みソフトを利用して、簡単な方法でビデオテープの動画をDVDにダビングすることができます。
この記事は、ビデオテープの動画をDVDに焼く方法について説明します。

パート1:ビデオテープの動画をコンピュータに転送する方法

ビデオテープをDVDに書き込む前に、ビデオテープに保存されているビデオをお使いのコンピュータに転送してからでなければ、その動画をDVDに変換することができません。これは非常に簡単なことです。以下の手順はビデオをビデオテープからコンピュータに転送してデジタルファイルに保存する方法を示しています。

  1. デジタルRCAオーディオとビデオケーブルでVCRをコンピュータに接続します。VCRの「ビデオとオーディオ出力」ポートとコンピュータの「ビデオとオーディオ入力」ポートに別々にケーブルを差し込みます。
  2. VCRのビデオを記録するために、ビデオ録画ソフトを用意する必要があります。「VLCプレーヤー」との無料ソフトウェアをダウンロードしてその動画をデジタル形式に変換することができます。
  3. それから、ソフトウェアを起動し、メニューから「メディア>キャプチャデバイスを開く」を選択します。
  4. Transfer Video Tapes to Computer

  5. 動画を再生しながら、メニューバーで「再生」→「レコーディング」をクリックすると、動画のキャプチャーが開始します。
    もう一度「レコーディング」をクリックしたら、動画の録画が停止します。
  6. Transfer Video Tapes to Computer

  7. 動画の保存場所を変更しようとする場合、VLC Meida Player設定の「入力/コーデック」したの「レコードファイル名、またはディレクトリ」で変更することができます。
  8. Transfer Video Tapes to Computer

ビデオをコンピュータに転送した後、そのビデオを変換用にDVD作成ソフトに追加することができます。次に、動画をDVDに保存するいくつの方法を共有したいと思います。引き続きお読みください。

パート2:「Leawo DVD作成」でビデオタープをDVDに変換する

「Leawo DVD作成」 DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RWなど、ほぼ全てのDVDメディアに対応でき、動画や写真をDVDに直接書き込むことができるソフトです。自家製クリップ、ダウンロードした映画やAVI、MKV、MP4、WMV、Xvid、MOV、FLVなどの一般ビデオを含むすべてのビデオソースから品質の高いDVDを作成できます。ユーザーのために、様々なDVDメニューテンプレートが提供されていて、また、メニューのカスタマイズに対応しています。Leawo DVD作成は、技術的な知識がなくても楽にビデオをDVDに書き込むことができる最高のDVD作成ソフトウェアです。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験