「最近iPhoneXを買いましたが、初めてApple社の製品を使うため、なかなか要点が分からない。特にiTunes、ただ動画、写真をiPhoneに入れたいが、面倒すぎて、今もよくわからないです。どうしようかな?iTunesの替わりのものがありますか?ご提案/意見、あらかじめにありがとうございます。」

iTunes(アイチューンズ)は、アップルが開発及び配布しているメディアプレーヤー、メディアライブラリ及びiOSデバイス管理アプリケーションである。iTunesによるiPhone、iPad、iPod touch等のiOSデバイスを管理できるし、PCから動画をiPhoneに転送することもできます。iTunesは色々な機能を持っている、パソコンが得意な人にはiTunesを使うのも簡単かもしれませんが、パソコンに慣れていない人には少し難しいです。そのため、今日は、iTunesとiTunesの代替品の操作方法を簡単に説明します。

パート 1: iTunesでパソコンの動画、写真をiPhoneに同期する

  1. iTunes(PC)とiPhoneを付属のUSBケーブルで接続します。iTunesが自動的に起動しない場合は、手動でiTunesを起動します。
  2. iTunesプログラム画面左上にあるアイコンから「ファイルをライブラリに追加」を選択し、追加したい写真、動画ファイルを選択します。
  3. すると、左上のメニュー画面にiPhoneマークをクリックして、左サイドバーの「ムービー」をクリックします。さて、「ムービーの同期」にチェックマークを入れて、右下にある「同期」をクリックして、同期を完成してください。

パート 2: Dropboxでパソコンの動画、写真をiPhoneに同期する

ユーザーはiTunesで簡単に動画をiPhoneに転送(コピー)することができます。また、他のソフト(例えばDropbox)を利用してPCから動画をiPhoneに転送できます。DropboxはほとんどのスマートフォンやPCに対応できるクラウドサービスアプリケーションです。では、Dropboxを使う方法を紹介しましょう。

  1. パソコンとiPhoneにDropboxをダウンロードしてください。会員登録完了すると、2GBの無料転送制限が使えます。
  2. パソコンでDropboxを起動して、動画をDropboxアプリのフォルダにコピーします。
  3. iPhoneにDropboxの「開始」ボタンをクリックして、動画をiPhoneのDropboxに転送します。iTunesで巨大なファイルを同期する場合で、Dropboxの転送がより多くの時間がかかることにまります。

2GBの無料転送制限を超えてないならDropboxだけを使ってもよいです。パソコンとiPhoneに同じアカウントを登録するだけで、DropboxでPCから動画をiPhoneに転送できるとご注意ください。

パート 3:「Leawo iTransfer」を使用して写真、動画をiPhoneに入れる

PCから動画をiPhoneに転送するなら、Leawo社のiTransferこの製品は私にとって最適な転送ソフトだと言えます。iTransferはiOSデバイス、iTunesとPCsの間でデータを簡単に転送できる機能を提供しています。転送動画のサイズに制限が無いし、iTunesと接続しなくても、お好きな動画ファイルを同時にデバイスに転送することができます。では、iTransferでPCから動画をiPhoneに転送する方法を紹介しましょう。また、このソフトが無料体験ができます。ただし、試用バージョンは転送ビデオの時間制限があることにご注意ください。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ移行ソフト。iPhone, iPad, iPod, iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、ビデオと写真などを転送

☉ 最新のiPhone 7、iPhone 7 Plus、iPad Air 2とiPad mini 3に対応、iOS 10でスムーズに実行できる

☉ iTunesと同期しなく、データーの紛失は心配なし

無料体験 無料体験

ご注意: Leawo iTransferを利用するには、お使いのパソコンに「iTunes」をインストールする必要があります。

iTransferでPCから動画をiPhoneに転送する方法

1.パソコンでiTransferを起動します。パソコンとiPhoneを付属のUSBケーブルで接続します。iTransferは自動的にiPhoneのデータを識別して、ソフト画面の左のサイドバーでiPhoneの各ライブラリが表示されます。

2.左のサイドバーで「ビデオ」をクリックして、右の画面でムービーライブラリの内容が表示されます。ムービーライブラリが空白でしたら、画面の真ん中で「ファイル追加」ボタンをクリックして、パソコンから動画ファイルを追加できます。また、左上の「追加」「ファイル追加」/「フォルダ追加」をクリックして、パソコンから動画ファイルを追加できます。

ダイアログバックスで転送プロセースを表示されています。転送完了すると、動画がiPhoneに保存されます。

iTransferは直接かつ簡単にPCから動画をiPhoneに転送できるソフトだと思います。しかも、iPhoneに転送する動画はiPhoneに対応しない形式なら、転送完了時に失敗メッセージが表示されます。動画だけではなく、iTunes がなくても、iTransferは簡単にiPhone写真をパソコンに移動できます。楽にiPhone、iPad、iPod等デバイスにデータを転送したいなら、ぜひ一度iTransferをダウンロードしてお試しください。