Quoraや、サムスンのフォーラムなどのQ&Aサイトでは、「サムスンのGEAR VRで3Dブルーレイ映画を見れますか。」「サムスンGEAR VRで3Dブルーレイ映画を見る方法はありませんか」とかの質問がよく出されます。

多くのサムスンGEAR VRユーザーは似たような疑問を抱いています。それに、ほかのブランドのVRデバイスユーザーも同じく関心を持っています。この記事では、VRデバイスで3Dブルーレイ映画を再生できるかどうかについて、解説していきます。


映画業界の凄まじい発展につれて、優れた観賞体験を提供するために、ブルーレイディスクの形で3D新作を出す映画メーカーはますます多くなってきました。

それに応じて、ご自宅で3D映画を再生する3D映画再生デバイスも次々とリリースされました。VRデバイスは最も人気が高い3D映画再生デバイスです。

この記事では、サムスンGEAR VRなどのVRデバイスで3Dブルーレイ映画を再生する方法を紹介します。



パート1:GEAR VRで3Dブルーレイ映画を見る方法

サムスンGEAR VRは3Dブルーレイを対応できないので、直接3Dブルーレイ映画を再生できません。しかし、サムスンGEAR VRで3Dブルーレイを再生できないというわけでもありません。
サードパーティプログラムを利用して3Dブルーレイ映画をサムスンGEAR VRがサポートできるフォーマットに変更すれば、問題を解決できます。

samsung-gear-vr-01

周知のように、サムスンGEAR VRデバイスはYouTubeからストリーミングされた3Dビデオ、及びパソコンに保存された3D映画を再生できます。つまり、3Dブルーレイ映画を3Dビデオに変換し、GEAR VRデバイスにストリーミングすれば、再生できるようになります。

では、サムスンGEAR VRデバイスはどのようなビデオフォーマットをサポートしますか。変換するにはどのようなプログラムが必要ですか。どうやって3Dブルーレイ映画をGEAR VRデバイスがサポートできるフォーマットに変換できますか。下記にて、少しずつ解説していきます。


パート2:サムスンGEAR VRがサポートできるフォーマット

Samsung Gear VR Innovator Editionは比較的に入手しやすいVRデバイスです。Note 4 / Galaxy S6 / S6 edgeを装着し、無料で期待以上の没入感の高い観賞体験をお届けできます。

上述のように、3DブルーレイはGEAR VRデバイスで再生できませんが、GEAR VRデバイスと互換できる3Dビデオにリッピングできたら、スムーズに再生できます。


Samsung Gear VR はMKV、MP4、AVI、FLV などの大多数のファイルフォーマットをサポートできますが、3Dビデオでしたら、side-by-side またはtop-to-bottom(トップダウン)しか対応できません。
ビデオのファイル名に「_2dp」、「_3dpv」、あるいは「_3dph」という文字列を付けたら、2Dビデオでも3DビデオでもSamsung Gear VRで再生できるようになります。下記にて、Samsung Gear VRがサポートできるビデオタイプと対応の拡張子を紹介します。


ビデオタイプ

コード

2Dビデオ

"_2dp"

3Dトップダウンビデオ

"_3dpv"

3Dレフトライトビデオ

"_3dph"

Monoscopic 180

"180×180"

Monoscopic 180 16:9

"180×101"

レフトライト3次元180 16:9

"180x101_3dh"

Monoscopic 360正距円筒図法

"_mono360"

トップダウン3次元360正距円筒図法

"3dv" or "_tb"

レフトライト3次元360正距円筒図法

"3dh" or "_lr"

 Monoscopic 360立方体映像

"_cubemap "

トップダウン3次元360立方体映像

"_cubemap_tb"

レフトライト3次元360立方体映像

"_cubemap_lr"

Monoscopic 360八面体映像

"_octahedron"

Monoscopic 360二十面体映像

"_icosahedron"

トップダウン3次元3D 180

"180x180_3dv"

レフトライト立体3次元3D 180

"180x180_3dh"

レフトライト3次元3D 180圧縮版

"180x180_squished_3dh"

トップダウン3次元3D 180×160

"180x160_3dv"

両面monoscopic 180半球映像

"180hemispheres" or "180-hemispheres"

トップダウン3D円筒2.25:1

"cylinder_slice_2x25_3dv"

トップダウン3D円筒16:9

"cylinder_slice_16x9_3dv"

トップダウン3D 360ノーボトム

"sib3d"

180プラネタリウム立体ドーム映像

"_planetarium" or "_fulldome"

V360カメラ

"_v360"

RTXP 360シリンダー映像

"_rtxp"


下記にて、ブルーレイをGear VRデバイスと互換できる形式にリッピング&変更できる二つのツールを紹介します。


パート3:Leawo Blu-ray変換で3Dブルーレイ映画をGear VRで再生できる形式に変換する方法

上述のように、Gear VRデバイスで3Dブルーレイ映画を再生したいなら、3Dブルーレイ映画をサムスンGEAR VRがサポートできるフォーマットに変更する必要があります。

Leawo Blu-ray変換はブルーレイディスクあるいはブルーレイフォルダをMP4、MKV、MOV、AVIなど、幅広いビデオをオーディオに変換できて、3DをサムスンGEAR VRに変換するにはぴったりのプログラムです。
プロのディスク暗号化解除ソフトを搭載したため、Leawo Blu-ray変換はAACS、BD+と最新のMKB保護にかけられたブルーレイディスクにも対応できます。
3Dブルーレイ映画変換に関して、Leawo Blu-ray変換は3D効果をキープする前提で、ブルーレイ映画の暗号化を解除し、フールモードで映画をリッピング&変換できます。変換後の3Dブルーレイ映画はGear VRなどのVRデバイスでスムーズに再生できます。


まず、Leawo Blu-ray変換をコンピューターにダウンロード&インストールする必要があります。MacユーザーはMacバージョンを利用してください。

   


注: Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaに含まれます。
Leawo Blu-ray変換で3Dブルーレイ映画をGear VRで再生できる形式に変換するプロセスは以下のようです。

チップス:

  • 1.Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードを用意しています。フルムービーでは、すべての動画ファイルをロードでき、メインムービーでは、映画だけーを導入でき、カスタムモードでは、マニュアルでインポートしたいタイトルを選択できます。3Dブルーレイ映画をリッピングするには、フルムービーモードを選択します。
  • 2.Leawo Blu-ray変換があれば、ユーザーはソースファイルから必要な字幕とオーディオトラックを選択し、導入できます。操作方法はごく簡単です。ロードされたブルーレイファイルの「字幕」と「オーディオトラック」のドロップダウンボックスから思うままに字幕とオーディオトラックを選べられます。


ステップ 1: ブルーレイディスクをロード
ブルーレイディスクをノートパソコンのブルーレイドライブに挿入しておきます。
Leawo Prof. Mediaを起動し、メニューバーの「変換」モジュールを開きます。「変換」モジュールでは、「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ディスクドライブからソースとしてのブルーレイコンテンツを追加します。


Leawo-add-source-files


ステップ 2:出力フォーマットを選択
「写真を追加」ボタンの隣のフォーマットボタンのドロップダウンボックスから「変更」をクリックし、「プロファイル」パネルに入ります。そのパネルでは、サムスンGEAR VRがサポートする汎用フォーマット(たとえば、MKV、MP4、AVI、FLVなど)を指定できます。ここでは、MP4を出力形式に指定します。


choose-output-profile


出力形式を設定した後、もう一度フォーマットボタンのドロップダウンボックスに戻って、「編集」ボタンをクリックすれば、出力ファイルのビデオとオーディオパラメーター(たとえば、ビデオコーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネル等。)を調整できます。


Leawo-set-profile-settings


ステップ 3: ブルーレイをVRデバイスと互換できる形式に変換
大きな緑の「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。そのサイドバーの「保存先」ボックスのところで、出力ファイルの保存場所を指定できます。


set-output-directory


指定が終わってから、下部の「変換」ボタンをクリックすると、ブルーレイをVRデバイスと互換できる形式に変換するプロセスが始まります。変換プロセスが終わってから、出力ファイルをGear VRデバイスにストリーミングすれば、再生できます。


パート4:Acrok Blu-ray Ripperで3Dブルーレイ映画をGear VRで再生できる形式に変換する方法

Acrok Blu-ray Ripperも2D/3Dブルーレイ映画をMP4、AVI、MOV、WMV、MKVなどのさまざまなフォーマットに変換できる強力なツールで、3Dブルーレイ映画をサムスンGEAR VRがサポートできるフォーマットに変更するにも役立ちます。


acrok-video-converter-ultimate-main-06


下記にて、Acrok Blu-ray Ripperを利用してブルーレイディスクをノートパソコンで利用できる形式に変換する手順を詳しく説明します。

ブルーレイディスクをリッピングする方法

  • 1.Acrok Video Converter Ultimateをノートパソコンもしくはコンピューターにダウンロード&インストールします。Acrok Blu-ray RipperはAcrok Video Converter Ultimateに含まれます。
  • 2.ブルーレイディスクをノートパソコンに接続したブルーレイドライブに挿入します。
  • 3.Acrok Video Converter Ultimateを起動し、「ディスクをロード」オプションをクリックし、ソースの3Dブルーレイディスクをロードします。
  • 4.「フォーマット」のドロップダウンメニューをクリックし、必要な出力形式を選択します。
  • 5.「出力」メニューでは、変換後のビデオの保存先を指定できます。
  • 6.最後に、「変換」ボタンをクリックし、ノートパソコンで利用できる形式に変換します。


変換プロセスが終わってから、「開く」ボタンをクリックすると、変換後のビデオファイルが表示されます。
3Dブルーレイ映画は3Dビデオに変換され、ローカルドライブに保存された後、Gear VRで再生するにはOculus Videosアプリが必要です。下記にて、このアプリを利用してGear VRで3Dビデオを再生する手順を説明します。


Gear VRで3Dビデオを再生する手順

  • 1.Oculus Videosアプリをフォンにインストールします。
  • 2.フォンで「/oculus/movies/3d」というフォルダを作成します。
  • 3.パソコンに保存された3D映画をフォンの「/oculus/movies/3d」フォルダに転送します。
  • 4.フォンでOculus Videosアプリを開きます。
  • 5.再生したい映画を選択します。


こうして、Gear VRデバイスで変換後の3Dブルーレイ映画を再生できるようになります。