「Handbrakeはコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングできますか。前にHandbrakeを利用してDVDディスクをMP4に変換したことがあります。そうしたら、DVDディスクを持ち歩く必要もなく、いつでも便利にMP4形式の映画を再生できます。昨日、友達から念願の映画のブルーレイディスクをもらいました。ブルーレイディスクはコピーガード付きで、Handbrakeでリッピングできるかどうか不確かです。Handbrakeでリッピングできないなら、どのソフトはコピーカード付きのブルーレイディスクをリッピングできますか。教えてください。」


周知のように、Handbrakeは無料にビデオ、オーディオ、およびDVDディスクを変換できるオープンソースメディア変換ソフトです。問題は、Handbrakeはコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングできますか。

この記事では、コピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングする方法を詳しく説明します。
興味がある方はぜひ読んでみてください。



パート1:ブルーレイプロテクトおよび地域制限について

コピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングする方法を紹介する前に、ブルーレイプロテクトおよび地域制限について、説明します。普通に言えば、市販のDVDとブルーレイディスクは殆どコピーガード付きです。

ブルーレイコピープロテクトは許可を得ていないユーザーがブルーレイコンテンツをリッピングしたり、コピーしたり、再生したりすることを阻止します。

市販ブルーレイディスクにかかられるコピープロテクトはさまざまな種類があります。たとえば、AACS、BD+、Cinaviaなど。Advanced Access Content System(アドバンスド アクセス コンテンツ システム、 AACS)はウォルトディズニーカンパニー、インテル、マイクロソフト、パナソニック、ワーナーブラザース、IBMと東芝などの会社に広く使われます。

アメリカ政府が開発した128bit 以上の長い鍵を使って暗号強度を高めるAdvanced Encryption Standard (AES)に基づきます。AACSの仕組みはやや複雑です。

BDディスクを、BD再生プレイヤーに入れて再生する際、BD再生プレイヤーの「デバイスキー」を用いて、BDディスクの中にある「メディアキー」を復号化(元に戻す)しようとします。

BDディスクの中にある「メディアキー」が保管されている部分の事を「MKB(メディアキーブロック)」と呼びます。新しくリリースされたブルーレイディスクは比較的に古いバージョンのドライブに挿入されると、ドライブは新しいMKBを不揮発性メモリとして上書きするので、新しいディスクでもすべてのドライブで再生できるようになります。


blu-ray-copy-protection-01


BD+は市販Blu-ray Discにかけられるオプションナルコピーガードです。AACSがつけられたディスクの各部にデジタル的な「傷」(データ・ストリームの一部を壊す)を付けておき、その場所と修正するためのデータをディスク上の別の場所に保存されておきます。

BDプレーヤは「BD+仮想マシン」を搭載し、その仮想マシンはディスクに内蔵されたBD+コードを実行することで、リアルタイムに傷の部分をFUT(fix up table)に基づいて上書きしていくと、初めて正しい映像を再生できます。

Cinaviaはブルーレイディスク向けの新しいコピープロテクト技術です。このシステムはステガノグラフィーあるいはウォーターマークを含んで、特定の暗号化データをオーディオトラックのシングルオーディオチャンネルに埋めていきます。

Cinaviaをサポートするプレーヤーはブルーレイディスクに掛けられたCinaviaマークを検出すると、再生権限があるかどうかをチェックします。

再生権限がない場合、「Cinaviaメッセージコード」のエラーメッセージが表示されます。もっともよく見られるエラーメッセージはメッセージコード1とメッセージコード3です。

ブルーレイはリージョン制限があります。ブルーレイディスクメディアはリージョンコード付きです。各リージョンコードが対応する国と地域は以下のようです。

  • メッセージコード 1:再生停止
    再生中の動画の音声トラックには、業務用設備(例えば、映画館)による上映のみを対象とし、消費者による再生が許可されていないことを示すCinaviaコードが含まれています。
  • メッセージコード3:音声がミュート
    再生中の動画の音声トラックには、プロが制作したコンテンツの無許可コピーであることを示すCinaviaコードが含まれています。


blu-ray-region-code-map-02


POINT

  • リージョンA:アメリカ大陸、東南アジア、日本、大韓民国、台湾およびそれら海外領土
  • リージョンB:ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニアおよびそれら海外領土
  • リージョンC:中央・南アジア、中国大陸、ロシア、モンゴル
  • リージョンフリー:正式な使用がないですが、時には何のフラグもないですが、時にはすべてのリージョン(リージョンA、リージョンBとリージョンC)のフラグが掲載されます。


普通に言えば、特定の地域から購入したブルーレイディスクデバイスとドライブは同じ地域のブルーレイディスクしかサポートできません。

たとえば、リージョンAで購入したコンピューターとブルーレイプレーヤーはリージョンコードAのブルーレイディスクしか再生できなくて、リージョンコードBあるいはCのブルーレイディスクをサポートできません。

しかし、Leawo Free Blu-ray Playerのようなリージョンフリーメディアプレーヤーは各地域からのブルーレイディスクをサポートできます。


パート2:Handbrakeでコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングする方法

Handbrakeはコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングできますか。
HandbrakeはビデオとオーディオファイルをMP4もしくはMKVファイルに変換できて、またコピーガードフリーのDVD映画をMP4/MKVファイルに変換できますけど、今までのバージョンは暗号化されたディスクを対応できません。

Handbrakeを利用してコピーガード付きのブルーレイディスクもしくはDVDディスクをリッピングしたい場合、ほかのソフトに頼れなければなりません。


handbrake-03


ほかのソフトに頼って、Handbrakeでコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングする手順は下記のようです。


  1. Handbrake、VLCとMakeMKVをコンピューターにダウンロード&インストールします。インストールが終わってから、三つのプログラムを一同に起動します。
  2. Handbrakeでは、「ファイル」をクリックし、ドライブもしくはコンピューターフォルダからコピーガード付きのブルーレイ映画をブラウズし、ロードします。ブルーレイディスクのタイトルをスキャンするには数分間がかかります。
  3. 「保存先」ボックスでは、「選択」ボタンをクリックし、変換後のブルーレイ映画の保存先を指定します。
  4. 「出力設定」セクションでは、「コンテナ」ドロップダウンボックスから、MP4もしくはMKVを出力形式に指定します。また、ビデオエンコーダ、ビットレート、アスペクト比などの出力ファイルのパラメーターを調整できます。
  5. 最後に、「変換開始」ボタンをクリックし、コピーガード付きのブルーレイ映画をMP4もしくはMKVファイルにリッピングし始めます。


こうして、Handbrakeはコピーガード付きのブルーレイ映画をリッピングできます。VLCとMakeMKVはブルーレイ読み込みソフトとして使われ、その手助けでHandbrakeはブルーレイコンテンツを認識できて、さらにロード、リッピング、変換などを行えます。

 

パート3:Leawo Blu-ray変換でコピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングする方法

Handbrakeでコピーガード付きのブルーレイをリッピングするには、三つのアプリをインストールしなければなりません。手間がかかりますし、時間がかかります。

実はもっと簡単な方法もあります。Leawo Blu-ray変換があれば、プラグインをインストールする必要もなく、AACSや、BD+などのコピープロテクトがかかられたブルーレイディスクの暗号化を解除できて、そのコンテンツをMP4、AVI、MOV、MKVなどのビデオに変換できます。

それに、Leawo Blu-ray変換はブルーレイディスクのメイン映画を汎用のビデオファイルにリッピングできて、大幅に格納スペースと変換時間を節約できます。それに引き換え、Handbrakeのロード時間と変換時間は比較的に長いです。


注: Leawo Blu-ray変換はAACS、BD+、と最新のMKBコピープロテクトを採用したブルーレイディスクを対応できます。Cinaviaウォーターマーク付きのブルーレイディスクに対して、Leawo Blu-ray Cinavia除去を使ってください。

Leawo Blu-ray Cinavia除去はブルーレイディスクにかけられたCinavia、AACS、BD+を解除でき、暗号化なしのファイルを提供できます。

Leawo Blu-ray変換(Leawo Prof. Mediaに含まれます)をダウンロードし、コンピューターにインストールしてから、下記の手順を踏めば、コピーガード付きのブルーレイディスクをリッピングできます。


   


ステップ1:ブルーレイディスクをロード。

コピーガード付きのブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿入し、Leawo Prof. Mediaを起動します。
「変換」モジュールを開いて、メインインタフェースの「BD/DVDを追加」ボタンをクリックし、ブルーレイディスクをロードします。ロードされたブルーレイディスクはまもなくソフトに認識されます。


add-source-files-04


ティップス:

  1. Leawo Blu-ray変換は三つのロードモードを用意しています。すべての動画ファイルをロードするフルムービー、映画ファイルだけをロードするメインムービー、と変換したいタイトルを自由に選択できるカスタムモードです。
    時間を節約するために、ディフォルトでは、一番長いタイトル(映画ファイルそのもの)をリッピングするメインムービーモードを選択します。
  2. ソースのブルーレイ映画をロードした後、ロードされた各ブルーレイファイルの「字幕」「オーディオトラック」のドロップダウンボックスから必要の字幕とオーディオトラックを選択できます。


ステップ2:出力フォーマットを選択

「写真を追加」ボタンの隣のフォーマットボタンのドロップダウンボックスから「変更」をクリックし、「プロファイル」パネルに入り、「フォーマット別」「デバイス」オプションでは、必要の出力フォーマットを選択できます。


choose-output-profile-05


出力フォーマットを指定した後、フォーマットボタンのドロップダウンボックスに戻って、「編集」をクリックすると、出力ファイルのビデオとオーディオパラメーターを調整できます。
たとえば、ビデオコーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネル等。


set-profile-settings-06


ステップ3:コピーガード付きのブルーレイ映画を変換

最後に、大きな緑の「変換」ボタンをクリックすると、右側からサイドバーが現れます。
「保存先」ボックスのところに、変換されたブルーレイ映画の保存先を指定できます。


set-output-directory-07


指定が終わってから、下部の「変換」ボタンをクリックし、コピーガード付きのブルーレイ映画をビデオファイルに変換し始めます。
暗号化解除プロセスもバックグラウンドで実行され、人為的にコントロールする必要がありません。変換プロセスが終わってから、コピーガードなしの汎用のビデオファイルは指定されたフォルダに保存されます。その後、任意のメディアプレーヤーで自由に再生できます。


パート4:Leawo Blu-ray変換VS Handbrake

Leawo Blu-ray変換とHandbrakeの相違点について、下記の比較表をご参照ください。


Leawo Blu-ray変換 Handbrake
ブルーレイディスクの暗号化を解除できる ×
DVDディスクの暗号化を解除できる ×
DVDをビデオに変換できる
ビデオファイルを変換できる
出力ファイルのパラメーターを調整できる
ブルーレイ/ DVD/ビデオファイルを編集できる
2Dを3Dに変換できる ×
字幕とオーディオトラックを選択できる ×
ソースブルーレイ/ DVD/ビデオファイルを再生できる ×