「今日iPhone Xを入手しました。すべてのデータを移行し、問題なく動いているようですが、「現在このアイテムは購入できません。このアイテムは更新中です。しばらくしてからもう一度お試しください。」のエラーメッセージが頻繁に表示されます。何を購入しようとしているのかはわかりません。私は何も購入していません。同じトラブルに遭った人はいますか。大きな問題ではありませんが、いら立ちします。」 – freekydeekさんのアップル コミュニティでの投稿です。

iCloudでiPhoneのデータを復元すると、「現在このアイテムは購入できません」というエラーメッセージが時々出ます。バックアップ中になのでユーザーにはイラつき、がっかりさせします。繰り返し表示されるエラーメッセージを消したい場合は、以下の方法を試してみてください。

パート 1:「現在このアイテムは購入できません」が出る理由

1. IAP(アプリ内課金)でプロダクトIDの詳細を変更した場合、処理に時間がかかる場合があります。

2. 「購入」をクリックした後に、Apple IDとパスワードの入力を要求するアラートで購入をクリックします。

パート 2: iCloudエラー表示を消す三つの効果的な方法

方法1. iCloudのバックアップの復元を手動で停止させる

    このエラーが表示されると、iOSデバイスの復元をが続行できず、プロンプトボックスが繰り返し表示され、復元できないためです。したがって、復元を手動で停止する必要があります。
    ご注意:復元を停止したら、データが永久に失われる可能性があります。

  • 手順1:デバイスでの「設定」アプリを開きます。
  • まず、デバイスを開き、「設定」アプリを起動する。

  • 手順2:「iCloud」中の「iCloudバックアップ」をオフにします。
  • 下にスクロールしてiCloudオプションを選択し、「iCloudバックアップ」をオフにします。

 

方法2. iCloudサービスからサインアウト

    iCloudからサインアウトすると、復元が中断され、エラーメッセージも表示されなくなります。

  • 手順1:デバイスで「設定」アプリを開き、「iCloud」を選択します。
  • 手順2:スクロールダウンすると「サインアウト」ボタンが見えます。
  • 手順3:「サインアウト」をタップし、確定します。

 

方法3. 設定をリセット

    上記の2つの方法でも「現在このアイテムは購入できません」エラーメッセージを消せない場合は、この方法を試してください。ご存知のように、設定をリセットすると、デバイス上のすべてのデータとコンテンツが永久に失われます。そのため、重要なコンテンツをPCまたはフラッシュ・ドライブにバックアップすることが重要です。

  • 手順1:デバイスの「設定」アプリを開きます。
  • 手順2:「設定 」⇒「一般」を選択します。
  • 手順3:「リセット」をタップします。
  • 手順4:スクロールダウンして「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  • select Erase All Content and Settings

  • 手順5:アクションを確認します。
  • パスコードまたは制限パスコードのどちらを設定したかによっては、消去およびリセットするためにコードまたはパスワードの入力が必要になります。コードを入力しない限り、デバイスをリセットしません。

    リセットには1、2分かかります。その後、「新しいiPhone(iPad)へようこそ」が表示されます。これでデバイスのリセットは完了です。

以上の対処策をすべて試した結果、iCloudでデータを復元したり転送したりするのは非常に面倒だという結論に達した。復元に、多くの予期しないエラーメッセージが繰り返し表示され、回避する方法はありません。

パート 3: iPhoneデータ管理ソフトで解決する方法

上記の状況を回避するために、デバイス上のデータを復元または転送するための便利な代替ツールが必要です。iCloudバックアップを新しいデバイスに復元するには、ほかに2つの方法があります。

1. Leawo itransfer

Leawo iTransferは、iPhoneをバックアップし、PCからiPhoneにファイルを転送するための非常に実用的なプログラムです。端末に貴重な写真とビデオをたくさんあり、すばらしい思い出を保存したいと思っている方は、iCloudのストレージ容量の制限に腹を立つでしょう。しかし、バックアップにLeawo iTransferを選択すれば、容量が足りないのくなる心配がなくなります。また、Leawo iTransferでは、ファイル一つをインポート/エクスポートすることができ、復元エラーをある程度に回避することができます。

itransfer

Leawo iTransfer

☉ iPhoneデータ転送ソフト。iPhone、iPad、iPod、iTunesとコンピュータの間で、ミュージック、動画及び写真などのファイルを簡単に転送

☉ 最新のiOSデバイス、ソフトウェアに対応!

☉ ファイルを簡単にチェック、管理!

無料体験 無料体験

Leawo itransferで写真をバックアップしてみます。

ステップ1. Leawo itransferを開く
Leawo itransferをお使いのPCにインストールした後、開きます。そして、USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。
iPhoneの情報がソフトウェアに表示されます。

Connect devices to computer

ステップ2. 写真を選択、バックアップする
Leawo itransferの左にあるサイドバーで「写真」をクリックして、iPhoneの全ての写真が表示されます。
バックアップした写真を選択して、右下隅にある「スマホ」のアイコンをクリックします。

Select File to Transfer

ステップ 3. 写真の保存場所を設定する
ポップアップで写真の保存場所を設定すると、写真がPCに保存されます。

Transfer File to PC

2. iTunes

ステップ1.最新バージョンのiTunesをPCにダウンロードしてインストールする

ステップ2.元のiPhone USBケーブルを使用してiPhoneをPCに接続する
画面のパスコードを使用してiPhoneのロックを解除し、そのようなウィンドウが表示されたら[このコンピューターを信頼する]をクリックする必要がある場合があります。

ステップ3. iTunesのトップバーでデバイスアイコンをクリックする
iTunesウィンドウの左側を見て、「概要」をクリックします。

ステップ4.インターフェースを下方向にスライドさせ、「バックアップ」オプションを選択する
[このコンピューター]ボタンをクリックして、iPhoneからPCに写真を転送することを確認します。
次のステップで、右側の「今すぐバックアップ」オプションを選択します。

手順5.このインターフェイスの上部にあるメニューバーの[編集]タブをクリックする
そして、「設定」オプションを選択します(Ctrl +、を押すこともできます)。

ステップ6.「デバイス」タブを選択し、iPhoneのバックアップを見つけます

パート 4: Leawo iTransfer vs. iTunes vs. iCloud

Leawo iTransfer、iTunes、iCloudの違いは何ですか?以下の比較表をご覧ください。

Leawo iTransfer iTunes iCloud
対応のiOSデバイスとファイルカテゴリー:
iPhone (iPhone 7, iPhone 8, iPhone X, iPhone XS, iPhone XR, iPhone 11, etc.)
iPad (iPad Air, iPad Mini, iPad Pro, etc.)
iPod (iPod Touch 6, iPod Touch 7, etc.)
アプリ(IPA)、音楽(MP3、M4A、M4R)、映画(M4P、MOV)、テレビ番組、着信音(MP3、M4A、M4R)、電子書籍(PDF、ePub)、写真、カメラロール、連絡先、ブックマーク、メモ、テキストメッセージ、USBストレージ。 √(購入したアイテムのみ)
機能:
インポート/エクスポートのファイルを自由に選択
iOSデバイス, iTunesやPCの間でデータを転送
iOSデバイスのデータをPCに保存する
ファイルのバックアップに制限なし
再生リストを新規作成、削除など操作可能
曲をプレイリストにインポートするか、プレイリストから曲をエクスポートします
プレイリスト内の曲を直接削除する
iPhoneの連絡先のバックアップと復元
Gmailから連絡先をインポートする
CSVまたはVCFファイルとして連絡先をエクスポート
SMS /ブックマーク/メモを管理する
音楽/写真/ビデオのプレビュー