ライブを購入する時、DVDを購入するかBlu-rayを購入するか迷っている方は少ないだろう。DVDとBlu-rayの画質はどのくらいの差がありますか?この記事は、DVDとBlu-rayの画質の違いを比較して、DVDとBlu-rayどっちを購入すべきかについて説明します。

CD,DVD,ブルーレイの違い

CDとは

CD アイコン

コンパクトディスク(Compact Disc、CD(シーディー))とはデジタル情報を記録するためのメディアである。光ディスク規格の一つでレコードに代わり音楽を記録するため、ソニーとフィリップスが共同開発した。現在ではコンピュータ用のデータなど、派生規格の普及により音楽以外のデジタル情報収録(画像や動画など)にも用いられる。

CDの種類

  • CD-ROM
  • 読み取り専用となり、データの記録・削除はできません。音楽やアプリケーションなどのソフトを販売する際に使われます。市販のオーディオCDやアブリケーションCDがこのタイプ。容量は650MB 700MBなど~210MBなど(8cmCD)。
  • CD-R
  • 音楽・画像・テキストなど、様々なデータを一度だけ書き込むことができます。書き込んだ後に移動や削除や追加はできません。容量は650MB~700MB。
  • CD-RW
  • 音楽・画像など、様々なデータの読み書きに加え、約1000回程度のデータの書き換えが可能なディスクです。書き込むためには「CD-RW」に対応したレコーダーが必要です。容量は650MB。

曲をCDに書き込む方法

曲をCDに書き込みたいなら、パソコンに内蔵しているWindows Media Playerというソフトで簡単にできます。詳細の方法は次の記事をご覧ください。

DVDとは

DVD アイコン

DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。DVDフォーラムの記載[2]によれば0.6mm厚、直径12cmのポリカーボネート製の円板を2枚、張り合わせたもの。サイズはCD(コンパクトディスク)と同サイズであり、DVD-Video だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。読み取りには、650nmの赤色レーザーを使用。プレーヤーやドライブは、CD-DAやCD-ROMの再生にも兼用できるものが一般的である。

DVDの規格

DVDは四つの規格があります:片面一層(DVD5)、片面二層(DVD9)、両面一層(DVD10)、両面二層(DVD18)。ディスクの規格、サイズによって、容量が違っています。

種類 12cm 8cm
片面一層(DVD5) 4.7 GB 1.4 GB
片面二層(DVD9) 8.54 GB 2.6 GB
両面一層(DVD10) 9.4 GB 2.8 GB
両面二層(DVD18) 17.08 GB 5.2 GB

DVDの種類

  • DVD-ROM
  • 読み出し専用型。DVDにコンピュータ用の読み取りファイルを記録したもの、ゲームやDVDビデオソフトなども含めたDVD-ROMはあくまで読み取り専用であり、。データの書き込む機能はありません。
  • DVD+R/DVD-R
  • 書き込み可能型。一度だけ録画/記録を行うことができます。記録したデータは変更したり、削除したりすることはできません。書き込み可能な容量が残っていれば、追記可能です。
  • DVD+RW/DVD-RW
  • 繰り返し記録型。約 1,000回のデータの書き込みや書き換えが可能な DVDです。記録したデータを削除することもできます。DVD プレーヤーでも再生可能です。

ブルーレイとは

BD アイコン

Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)は、DVDの後継となる光ディスク。第3世代光ディスクの一種であり、青紫色半導体レーザーを使用する。規格は「Blu-ray Disc Association」が策定。一般的な略称は「BD(ビーディー)」、または単に「ブルーレイ」と呼ばれることも多い。

BDの規格

BD主な容量は25GB(1層)と50GB(2層)がある。波長405nmの青紫色半導体レーザーと、0.1mmのカバー層の光ディスクを使うことでレンズのNA値を(0.65から0.85に)上げ、DVDの5倍以上の記録容量(1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB)を実現している。1層のディスク (25GB) でも日本の地上デジタル放送なら3時間強、日本のBSデジタル放送で2時間強のハイビジョン映像を収録可能。現在23.3GB/25GB/50GB/100GB/128GBのディスクが規格化されているほか、研究レベルではTDKが2009年、10層320GB、2010年には16層512GBの試作に成功するなど、記録容量の拡張が進められつつある。

BDの種類

  • BD-ROM
  • 読み出し専用。
  • BD-R
  • 一度だけ録画/記録を行うことができます。BD-Rでは、記録層に「無機系記録材料」または「有機系記録材料」を使用する。無機系は経年劣化に強いが高価である一方、有機系は従来のDVD-Rなどと同じものであり、製造コストが安いが経年劣化しやすい。当初は無機系ディスクの価格が高かったが、現在では価格に殆ど差は無くなったため、有機系記録ディスクの販売がなくなっている。
  • BD-RE
  • 書換え型ディスク。相変化記録技術方式を採用し、上書き可能回数は理論上、1万回以上とされている。(CD-RWとDVD-RWは1000回以上、DVD-RAMは10万回以上、光磁気ディスク方式は100万回以上)

CD、DVD、BDの違い

CD DVD BD
ディスク直径 12cm
ディスク厚さ 1.2mm
記憶容量 650~700MB DVD5:4.7GB DVD9:8.54 GB BD25:25GB BD50:50GB
転送レート(1xの場合) 1.44Mbps 11Mbps 36Mbps
トラックピッチ 1.5μm 0.74μm 0.32μm
線速度(1xの場合) 1.2m/s 3.5m/s 4.9m/s
最短記録マーク長 0.83μm 0.40μm 0.15μm
レーザー波長 780nm 650nm 405nm
レンズNA 0.45 0.6 0.85
画質(画像解像度) 352*240(NTSC) 352*288(PAL) 720×480(NTSC) 720×576(PAL) 1920*1080とそれ以上
※1nm=100万分の1mm ※1μm=1000分の1mm

レーザー波長、レンズNAなどの違いについて、詳細は下記の記事をご覧ください。

 

DVDとBlu-rayの画質の違いを比較!

画質の差を説明するには、画素や解像度にを理解しなければなりません。 DVD-BD-比較

  • 画素:デジタル カメラ・ファクシミリ・テレビなどの画像を構成する最小単位です。即ちピクセル。)
  • 解像度:ビットマップ画像における画素の密度を示す数値です。


Blu-ray,DVD,地デジ録画,アナログ放送の画素、解像度について:

  • DVDの映像の画素数は35万画素、解像度は720×480です。
  • Blu-rayの画素数は207万画素、解像度は1920×1080です。
  • 地上デジタル放送の画素数は約156万画素、アナログ放送時の画素数は約30万画素です。
  • Leawo-DVD-creator
  • 画質だけを比較すれば、Blu-ray>地上デジタル放送>DVD>アナログ放送
  • DVDの最高画質は480Pです。仕様のため、これ以上の画質の動画はDVDに書き込むことができません。
  • ちなみに、UHD BDは、4K UHD(2160p – 3840×2160 60fps)をサポートして、ブルーレイが採用するフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)の4倍の解像度を持つ4K(3840×2160ピクセル)の映像が記録できます。

次の写真をご覧ください。同じ映像を比較してみた時に画質の差がはっきりと分かります。 DVD-BD-比較

 

ブルーレイはDVDより画質が良い!原因は?

ブルーレイとDVDの形、サイズは同じですが、Blu-rayは大容量を実現しているため、高画質・高音質での録画・再生が可能です。 ブルーレイディスクの記憶容量は25GBで、他のディスクより圧倒的に大きいです。DVDの約5倍に相当します。CDと比較すると、なんと約36倍のデータ容量となります。

CDの容量: 約700MB DVDの容量: 片面1層(4.7GB), 片面2層(8.5GB) BDの容量: 片面1層(25GB), 片面2層(50GB)

画質のポイント-ディスク容量を決める要素

ディスクメディアにおける記録容量は、どのような要素で決まるのでしょうか。CDもDVDもブルーレイディスクも、同じ12cmのディスクですから面積は同じです。同じ面積で記録量を増やすには、より密度を高くして記録する必要があります。紙に鉛筆で文字を書きこむことを例にとると、マス目の細かな原稿用紙に、先のとがった鉛筆で書きこむと、一枚の原稿用紙に書きこめる文字の数、すなわち記録容量は上がります。光ディスクで筆記具にあたるのがレーザービームのスポット、原稿用紙のマス目はディスク上のトラックピッチです。この2つの要素を高めたのが、ブルーレイディスクというわけです。

なぜブルーレイの容量はDVDより大きいですか?

  1. CDやDVDの赤い色のレーザー波長は650nm(ナノメートル)。これに対し、ブルーレイディスクの青紫色のレーザー波長は405nmとさらに短波長。この青紫色レーザーを使うことで、ビームスポットの微小化を実現しました。
  2. ブルーレイは光を絞りこむ能力に優れた高い開口数(NA)のレンズを採用。DVDの0.6を上回る0.85まで光の密度を高め、トラックピッチをDVDの半分以下にしています。
  3. dvdコーピー追加
 

DVDとBlu-rayどっちを購入すべきか?

DVDとBlu-rayどっちを購入すべきか?次はアドバイスです。

  1. ディスクをテレビで再生、画質に拘りがある場合、こちらはBlu-rayをおすすめします。
  2. ディスクを変換して、スマホで再生したい場合、iPhone、Androidスマホのスクリーンは小さいため、DVDで十分だと思います。

Blu-ray、DVDの映像をMP4に変換して、スマホに取り込んで再生したい方はこちらの記事をご覧ください。

 

ブルーレイディスクを作成する方法

ハイビジョン映像をブルーレイディスクに書き込んで、綺麗に再生できます。鮮やかな映像を、たっぷりまるごと収録するなら、やっぱりブルーレイディスクです!今すぐ映像をブルーレイに焼く方法を説明します。 動画をBDに書き込みたいなら、ブルーレイ作成ソフトが必要です。ここで、Leawo Blu-ray作成を勧めします。このソフトなら、高速の動作で動画の画質を維持するままに、ブルーレイに書き込みます。動画の形式を変換する必要がありません、ブルーレイに直接焼きます。

Blu-ray作成|動画ガイド:

  • Blu-ray作成
  • Leawo Blu-ray作成

    ☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをBDに書き込み
    ☉ BD-R, BD-RE, BD25, BD50 ほぼ全てのBlu-ray Discsに対応
    ☉ BDメニュー作成編集可能!テンプレート満載
    ☉ ビデオ編集機能搭載
    Download Windows VersionDownload Mac Version

ブルーレイディスクをコピーする方法

プロテクトのため、ブルーレイ中の映像はコピーできません。そのため、BDをコピーしたいなら、ブルーレイコピーソフトも必要です。Leawo Blu-rayコピーはブルーレイをブルーレイ/ DVDディスクやハードディスクにコピーがまたは無損圧縮できるベストブルーレイコピーソフトです。このソフトで、簡単にBDを空のBDにコピーできます。それだけでなく、BD50をBD25、BDをDVDに圧縮にすることもできます。ご興味がございましたら、ぜひお試し下さい。

  • dvd-copy
  • Leawo Blu-rayコピー

    ☉ ブルーレイを空のBDにダビング
    ☉ BDをDVDにダビング(変換)
    ☉ 字幕と音声言語選択可能
    ☉ 6倍速のコピースピード
    ☉ BDのオリジナル品質を維持
    ☉ DVD-9をDVD-5に高品質でコピー

    無料体験 無料体験

ステップ1. Leawo Blu-rayコピーを起動 ダビングしたいDVDをパソコンのドライブに挿入して、Leawo Blu-rayコピーを実行します。その後、「BD/DVDを追加」をクリックして、BDをソフトウェアに追加します。 dvdコーピー追加

ステップ2. Blu-rayコピー設定 「フル ムービー モード」、「マイン ムービー モード」、「カスタム ムービー モード」から適切なモードを選択します。Blu-ray中の映像をプレビューすることができます。モードを選択してから、Blu-rayの概要(時間、サイズなど)が表示されます。そこで、Blu-rayの字幕と音声言語を選択することができます。ソフトウェアの左下隅に、Blu-rayのコピー先について設定する必要があります。空のディスクの規格(BD50/BD25/DVD-9/DVD-5)、アスペクト比(16:9/4:3)など。 dvdコーピー編集

ステップ3. BDコピー開始 編集した後、緑の「コピー」をクリックして、BDコピープロセスを開始します。
二つドライブが搭載されているパソコンなら、空のディスクをドライブに入れて、ソフトウェアで「コピー先」の「空のディスク」にチェックを入れて、コピーすればいいです。 dvdコーピー最後

ドライブが一つしか搭載されていない場合、まずは「コピー先」で「元のディスク」にチェックを入れて、一応プロセスを開始します。途中に、下のような指示が表示されます。その時、元のディスクを取り出して、空のディスクをドライブに挿入すればいいです。プロセスが自動的に続けます。 dvdコーピー最後

動画ガイド