ブルーレイプレーヤーを使って4K Ultra TVにアクセスすると、4K Blu-rayは4K超高画質映像を提供しているため、家庭用のHD映画鑑賞に最適です。しかし、時にはブルーレイプレーヤーが使い物になれません。どのようにスムーズに4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングできますか?4K Blu-rayを4K Ultra TVに対応する動画形式にリッピングすれば、制限なく4K Ultra TVで4K Blu-rayを鑑賞できるようになります。


ブルーレイプレーヤーを使わずに、4K Blu-rayを4K Ultra TVで鑑賞する方法を探しているなら、是非この記事を見逃さないでください。この記事では、三つの4Kブルーレイ変換ソフトを利用して、4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングする方法を案内しております。



パート1:Leawo Blu-ray変換で4K Blu-rayを4K Ultra TVに変換する

初めにお勧めしたい4K Blu-ray変換プログラムはLeawo Blu-ray変換という優れるソフトウェアです。Blu-rayディスクのコピーガードを解除し、Blu-rayのコンテンツをMKV、MP4、MOV、AVI、WMV、FLV、MP3、AACなどの動画と音声ファイルに変換、リッピングできます。出力するメディアファイルはほぼ全てのメディアプレーヤーまたはデバイスと互換性があります。 Leawo Blu-ray変換があれば、どんなディスク保護がかかられても、どの地域からのBlu-ray/DVDディスク、フォルダ、ISOイメージファイルも簡単に変換できます。4K Blu-rayを気軽にH.265/H.264ビデオに変換できます。また、ビデオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデック、チャンネルというビデオパラーメータを調整可能です。更に、Blu-ray/DVD動画を編集、3D 映画を作成などの隠れ機能が搭載しています。


   


Leawo Blu-ray変換で4K Blu-rayを4K Ultra TVに変換する方法は下記のようです。変換プロセスを開始する前、Leawo Blu-ray変換の公式サイトからプログラムをダウンロードして、PCにインストールする必要があります。そして、変換したいブルーレイディスクを事前にディスクドライブに挿入することを忘れないでください。


注意:

  • 1.Leawo Blu-ray変換はLeawo Prof. Mediaに統合され、Leawo Prof. Mediaのモジュールの一つです。
  • 2.4K Ultra TVはMP4、MKV、WMVなどのビデオ形式と互換性があります。

手順1:4K Blu-rayソースを追加

Leawo Prof. Mediaを起動し、「変換」タブをクリックし、「変換」モジュールに入ります。「Blu-ray/DVDを追加」ボタンをクリックし、変換したい4K Blu-ray映画をインポートします。


メモ:

  • 4K Blu-ray映画をロードする時、三つのモードが提供されます。お好みによって、一つのモードを選べばいいです。
  • フルムービー:全てのタイトルがロードされます。 メインムービー:一番長いタイトルがロードされます。 カスタムモード:お気に入りのタイトルを自由に選択してロードできます。
  • 4K Blu-rayソースをロードしてから、字幕とオーディオトラックを選択したり、タイトルをマージしたり、映画を編集したりできます。

手順2:H.265を出力形式として設定

「変換」ボタンの左にあるドロップダウンボックスをクリックし、「変更」タブをクリックします。「フォーマット別 > Common Video」グループからH.265 MP4/H.265 MKVを選択します。または、「フォーマット別 > 4K Video」グループから4K MP4 Video/4K MKV Videoを選択してもいいです。


手順3:パラーメータを調整

動画のパラーメータを調整する場合、ドロップダウンボックスの「編集」ボタンをクリックします。そして、ビデオコーデック、品質、ビットレート、フレームレート、アスペクト比、チャンネル、オーディオコーデック、解像度などを調整可能です。


手順4:出力ディレクトリを設定

全ての設定が終わったら、メインインタフェイスに戻ります。「変換」ボタンをクリックし、出力ディレクトリを設定するためのサブメニューがポップアップします。そこで、出力ディレクトリを指定します。


手順5:4K Blu-rayを4K ビデオに変換

下の「変換」ボタンをクリックすると、4K Blu-rayを4K ビデオに変換するプロセスが始まります。


変換プロセスが完了したら、変換された4K Blu-ray動画を4K Ultra TVで思うん存分に鑑賞できるようになります。


パート2:VLCで4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングする

無料のBlu-ray変換ソフトを使って、自作した4K Blu-rayディスクを変換したい場合、VLCメディアプレーヤーが使えます。VLCメディアプレーヤーはVideoLANプロジェクトによって開発された無料で使えるオープンソースのクロスプラットフォームメディアプレーヤー、及びストリーミングメディアサーバーです。VLCは、デスクトップオペレーティングシステムと、Android、iOS、iPadOS、Tizen、Windows 10 Mobile、Windows Phoneなどのモバイルプラットフォームで利用できます。
VLCメディアプレーヤーがあれば、DVD、ブルーレイ、オーディオCD、さらにビデオCD(SVCDまたはVCD)をMP4または他の動画形式に変換できます。それに、Blu-Ray、DVDまたはオーディオCDのコンテンツをコピーすることも可能です。



下記のガイドに従えば、VLCで4K Blu-rayをリッピングして、4K Ultra TVやVLCメディアプレーヤーで自由に鑑賞できます。

    ガイド

    • 1.VLCメディアプレーヤーをPCにダウンロード、インストールします。
    • 2.4K Blu-rayディスクをディスクドライブに挿入する。
    • 3.VLCメディアプレーヤーを起動し、「Media > Convert/Save」オプションをクリックする。
    • 4.「Disc」をクリックする。
    • 5.DVD、Blu-ray、Audio CD或いはSVCD/VCDからディスクタイプを選択する。 4K Blu-rayディスクをリッピングする場合、「Blu-ray」を選択する。
    • 6.「No disc menus」をチェックする。
    • 7.「Browse」をクリックし、ディスクを選択する。
    • 8.「Convert/Save」ボタンをクリックする。
    • 9.プロファイルを選択する。
    • 10.「Browse」をクリックし、動画を保存するフォルダを設定する。
    • 11.「Start」をクリックし、4K Blu-rayを4K Ultra TVに変換する。

    VLCメディアプレーヤーは暗号化されたブルーレイディスクを対応できないことをご注意ください。暗号化されたブルーレイディスクを変換したいなら、Leawo Blu-ray変換を利用できます。


    パート3:VidCoderで4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングする

    VidcoderはWindows向けのオープンソースのDVD/Blu-rayリッピングおよびビデオトランスコーディングアプリです。「HandBrake」のエンコードエンジンを搭載しています。Blu-ray/DVD変換ができて、ビデオのトランスコードが実行可能です。メインインタフェイスはHandBrakeのメインインタフェイスとほぼ同じです。

    下記のガイドを従えば、VidCoderで4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングするコツを把握できます。

    • ステップ1:Vidcoderをパソコンにダウンロード、インストールする。
    • ステップ2:Microsoft .NET 4.7.1をPCにダウンロード、インストールする。(Windows 10にはMicrosoft .NET 4.7.1が搭載しています。)
    • ステップ3:「Open Source」ボタンをクリックし、4K Blu-ray映画をアクセスする。4K Blu-rayディスクまたはフォルダを追加可能です。
    • ステップ4:4K Blu-ray映画をロードしてから、「Source」のところにビデオタイトル、チャプター、オーディオトラックと字幕を選択する。
    • ステップ5:「Destination」ボックスで出力する動画ファイルの保存場所を設定する。
    • ステップ6:「Preset」ボックスで出力形式を設定する。次に、「Settings」ボックスで出力パラーメータを設定する。例えば、コンテナー、ビデオコーデック、オーディオコーデック、フレームレート、アスペクト比、解像度など。
    • ステップ7:「Encode」ボタンをクリックし、4K Blu-rayを4K Ultra TVにリッピングする。

    VLCメディアプレーヤーとHandBrakeと同じように、Vidcoderは手作りの4K Blu-ray/DVDディスクを対応できて、コピーガード保護がかかったBlu-ray/DVDディスクを対応したり、ディスクリージョンを解除したりすることができません。暗号化されたBlu-ray/DVDディスクを扱う場合、libdvdcssまたはVidCoder用のプラグインをインストールする必要があります。


    パート4:比較図表

    下記の比較図表をチェックして、Leawo Blu-ray変換、VLCメディアプレーヤーとVidcoderの違いをご覧下さい。


     

    Leawo Blu-ray変換

    VLCメディアプレーヤー

    VidCoder

    Blu-ray/DVD を動画に変換

    Yes

    Yes

    Yes

    Blu-ray/DVDを音声に変換

    Yes

    No

    No

    Blu-ray/DVD映画を再生

    Yes

    Yes

    Yes

    ディスク保護を

    Yes

    No

    No

    ディスクリージョンの制限を削除

    Yes

    No

    No

    Blu-rayを3Dビデオに変換

    Yes

    Yes

    No

    Blu-ray/DVD ISOファイルを変換

    Yes

    No

    No

    字幕とオーディオトラックを選択

    Yes

    No

    No

    Blu-ray/DVD映画をトリム

    Yes

    No

    No

    動画効果を調整

    Yes

    No

    No

    ビデオサイズをクロップ

    Yes

    No

    No

    ビデオを回転

    Yes

    No

    No

    Blu-ray/DVD映画を4K/1080P video

    Yes

    No

    No

    Blu-ray/DVDをマルチトラックロスレスMP4/MKVに変換

    Yes

    No

    No

    スクリーンショットを撮影

    Yes

    No

    No

    対応OS

    Windows, Mac

    Windows, Mac

    Windows


    Leawo Blu-ray変換がVLCメディアプレーヤーとVidcoderより豊富な機能を備えて、ブルーレイ映画を動画形式に変換するプロのソフトであることは明らかです。また、どの地域からのディスクと暗号化されたディスクもスムーズに対応しています。ブルーレイ変換のに最適です。