「至急ビデオを高品質でDVDに焼く仕事が出てきましたが、WMVのフォーマットです。すべてのDVDプレーヤーで再生できるようにする必要があります。本当に困っています。助けて!」
1) すべてのDVDプレーヤーで再生できるフォーマットは何ですか?
2) MP4フォーマットにしましたが、パソコンでは再生できますが、DVDプレーヤーで再生できないのです。

WMVのファイルがいくつかありますが、WMVをDVDディスクに焼いて保存し、DVDプレーヤーで鑑賞し、共有したい時もあります。WMVをDVDのVOBファイルに変換して、DVDプレーヤーで再生できると思う時もあるかもしれないでしょう。これから皆様にWMVをDVDに焼くソリューションを紹介します。なお、「DVDプレーヤーでVOBファイルを再生するのか」との質問も答えます。

 

パート1:WMVをDVDに焼く前の準備事項

WMV、ウィンドウズ・メディア・ビデオの略称で、マイクロソフト社より開発したビデオファイルで、ビデオを一つの圧縮フォーマットに保存することができます。パソコン用のメディアで流行っているフォーマットの一つです。WMVは今の全てのウィンドウズメディアプレーヤー、VLC、フリービデオプレーヤー、Winamp、Divxなどのメディアプレーヤーでも再生できます。

パソコンでWMVをDVDディスクに焼くのは、まず下記ものを用意する必要があります。

DVDレコーダードライブ

書き込み機能付けのDVD光学ドライブはWMVをDVDに焼くには欠けないものです。いくつかのDVDメディアがありますが、一部の光学ドライブは一種類しか対応できないのもあります。例えば、記録型のDVDの種類はDVD+R、DVD-Rはよく見られますが、DVD-RAMというのもあります。光学ドライブは三種類を全部対応できるのは普通ですが、一種類しか対応できないのケースもたまにはあります。ですので、ドライブを購入する前、規格をまず確認しないといけないです。

空白の書き込み可能のDVDディスク

WMVをDVDディスクに焼くには、まずWMVファイルを書き込むDVDディスクが必要です。空白且つ書き込み可能のDVD-RまたはDVD+Rのディスク、DVD+RWまたはDVD-RWどちらでもよいです。単層でも二層でも問題ないです。ただし、DVD+Rは全部のDVDプレーヤーで読めることはないです。DVD-Rの場合は全部読めます。

DVD作成ソフト

WMVをDVDに焼くには、DVD作成ソフトは絶対条件で、WMVをDVD変換ソフトとも呼ばれています。すべてのDVDプレーヤーで再生できるため、WMVをDVD変換ソフトで、WMVをDVDフォーマットに変換し、WMVをDVDディスクに焼いてDVDビデオディスクにします。色んなDVD作成ソフトがありまして、ディスクメニューの編集と追加できるものまであります。

パート2 : WMVをDVDのフォーマットVOBに変換

「DVDのムービーを購入しましたが、私のDVDプレーヤーでディスクを読めないのを今頃気づいた。パソコンで確認しましたが、ファイルの拡張子はVOBですが、どのようなプレーヤーでこの拡張子のファイルを再生できますか。パソコンが苦手です。」

上記の質問とほぼ同じ内容で、よく聞かれる質問は「VOBファイルを直接再生できるプレーヤーはありますか」。DVDディスクのファイルはVOBの拡張子で、DVDプレーヤーなら、VOBのファイルを読めるとの認識ですが、これは実に誤解です。

DVDの標準のVOBには、MPG2のビデオ、色んなオーディオフォーマット、字幕を含めています。再生はIFOファイルよりコントロールし、万が一のケースで、BUPファイルのバックアップもあります。DVDにはIFO又はBUPファイルが無ければ、全てのDVDプレーヤー(ソフトウェアではなく、ハードウェアを指す)で再生することが不可能です。もし、WMVファイルをパソコンでソフトウェアのDVDプレーヤーで再生したい時は、WMVをDVDフォーマットのVOBに変換すれば、パソコンのDVDプレーヤーでの再生することも、DVDディスクに書き込むこともできます。これからLeawo HD動画変換プロで、WMVをDVDフォーマットに変換する手順を紹介します。

1. Leawo HD動画変換プロをダウンロードしてインストールします。「ビデオを追加」のボタンをクリックして、変換したいWMVファイルを追加します。

 ビデオを追加

2. 大きな緑色の「変換」ボタンの前のボタンをクリックして「変更」のオプションを選んで「フォーマット」グループからVOBを出力するフォーマットとして選択します。

 フォーマット

3. 大きな緑色の「変換」ボタンをクリックして「保存先」で保存ロートを指定して、「変換」ボタンをクリックしてWMVをDVDのVOBに変換します。

 変換

注意: 出力するファイルの設定が完了したら、ビデオやオーディオのパラメーターの設定がドロップダウンリストの「編集」オプションを選択して編集パネルに入って編集することができます。そこで、ビデオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、レゾリューション、品質、オーディオコーデックなどの設定ができます。

パート3: DVD焼くソフトで WMVをDVDに焼く

WMVをDVDプレーヤーで再生するの最後のソリューションはWMVをDVDディスクにプロフェショナルの変換ソフトで焼くことです。WMVをDVDに焼くにはネット上でいくつかの選択肢があります。その中で、Leawo DVD 作成は優れた機能、プログラムのインターフェイスの便利性を持っています。このソフトなら、簡単なクリックで、WMVをDVDディスクに焼くことが実現できます。更に、ディスクメニューの追加と編集、WMVビデオのカスタマイズ、字幕の追加などができます。これからこの変換ソフトでWMVをDVDに変換する方法を詳しく説明させていただきます。

WMVをDVDに焼く方法

まず、Leawo DVD作成 をパソコンにダウンロードしてインストールします。そして、変換したいWMVファイル、パート1に書いた物を用意します。それから準備したDVDディスクをDVDレコーダードライブに差し込みます。

1. Leawo DVD作成を起動して、「ビデオを追加」ボタンをクリックしてください。或いは、ドラッグアンドドロップでWMVファイルを直接追加できます。メイン画面の下にある選択メニューでディスクタイプ、品質とアスペクト比を設定してください。

ビデオを追加

2. メインインタフェースの右側のサイドバーには、出力したWMVファイルをディスクメニューとして設定/選択する事ができます。選択したディスクメニューの真ん中にクリックしますと、インスタントプレビューができます。(メニューが欲しくない場合は、「メニューなし」をクリックしてください。)

ビデオをプレビュー

3. ソフト画面の右上にある大きな緑色の「書き込み」ボタンをクリックしてください。書き込みメニューで「書き込み先」「出力形式」「ディスクラベル」を設定してください。

書き込み設定

4. 設定が完了したら、画面の下にある丸い「書き込み」ボタンをクリックして、MTSをDVDに書き込みできます。

書き込む