WindowsのパソコンでISOをDVDディスクに書き込むのがよくあるのことです。 たとえば、Windows 8 OSのデータをアップグレードできるように、 ISOファイルを起動DVDディスクに書き込む必要があるかもしれません。しかし、具体的なやり方がよくわからないかもしれませので、今回はISOファイルをDVDにコピーする方法をご紹介いたします。

 

パート1:ISOイメージファイルとは

ISOイメージとは、光ディスクのアーカイブファイルであり、光ディスクファイルシステムとセクターに保存されたすべてのデータ内容で構成されるディスクイメージファイルの一種です。 ISOイメージファイルのファイル拡張子は通常.isoです。ISOという名前は、CD-ROMメディアで使用されるISO 9660ファイルシステムから取得されますが、ISOイメージとして知られているものには、UDF(ISO / IEC 13346)ファイルシステムからのことです(DVDやBlu-rayディスクで一般的に使用される)。

ISOイメージは、ディスクイメージソフトによる光ディスクから、または、光ディスクオーサリングソフトによるファイルの集合から、または別のディスクイメージファイルの変換から作成することができます。起動ディスクに配布されるソフトウェアは、ISOイメージの形式でダウンロードできることがよくあります。また、他のISOイメージと同様に、CDやDVDなどの光ディスクに書き込むこともできます。

 

パート2:Windows内臓の書き込み機能を利用

多くの人々は、Windows7ベータ1の公開から、MicrosoftでISOファイルをDVDディスクに書き込むというデフォルト機能を備えていることを知られています。パソコンで保存されたISOをDVDに焼く場合、サードパーティのソフトを利用する必要はありません。これからの記事は、Windowsに内臓している書き込み機能を利用して、ISOをDVDディスクに焼く方法を示しています。

#1. DVDディスクを挿入

Windowsのパソコンで空白の書き込み可能なDVDディスクを記録可能なDVDドライブに挿入してください。

#2. ISOファイルを追加

ISOファイルを保存したフォルダを開き、書き込みたいISOイメージ右クリックして、ポップアップメニューから、「ディスクイメージを書き込み」オプションを選択してください。

#3. 設定と書き込み

システムに複数の光ディスクドライブがある場合、「ディスクバーナー」から目標ディスクドライブを選択し、「焼く」をクリックします。ISOからDVDへの書き込み作業が始まります。DVDの書き込み時間は、ISOのサイズとドライブの書き込み速度によって異なります。

パート3:DVDコピーソフトを利用して、ISOイメージファイルをDVDに焼く

Windows XPおよびVistaでは、Windows ディスクイメージバーナーは使用できません。したがって、Windows XP / Vista上でISOからDVDディスクを焼くには、ほかの方法を探す必要があります。その場合、サードパーティのDVD ISOコピーソフトは良い選択肢になります。Leawo DVDコピーは、多くのISOをDVDに焼くソフトでも強力なDVDコピーソフトであります。Leawo DVDコピーは、ISOイメージファイルの保護、サイズと長さに関係なく、ワンクリックでISOイメージファイルをDVDディスク焼くことができます。

 

Leawo DVD コピー –- ISOファイルをDVDにバックアップ・書き込みするいい選択肢
* DVDディスク、フォルダ、ISOファイルをPCや空のディスクにバックアップ
* 数クリックでISOからDVDコピーに対応
* ディスクの丸ごと複製、動画専用DVD複製などに対応
* 字幕とオーディオトラックが自由に選択可能
* DVD-9とDVD-5ディスクを高品質で圧縮

Leawo Blu-ray Copy

Leawo DVDコピーでISOをDVDにコピーする方法

Leawo DVDコピーを利用して、ISOをDVDに焼くため、下記のものを用意してください。

  1. Leawo DVD コピーをダウンロードしてインストールします。
  2. 空白の書き込み可能なDVDディスクをDVDレコーダードライブに挿入します。
  3. 書き込むためのISOイメージファイル

1.下向きの矢印をクリックして、「ISOファイルを追加」オプションを選択して、ソースISOファイルを追加します。

ISOファイルを追加

2. 「ISOファイルを追加」パネルにある「コピー先」オプションで目標DVDレコーダードライブを選択し、「ディスクラベル」を設定します。

ディスクラベルを設定

3.「書き込み」ボタンをクリックして、ISOイメージファイルをDVDディスクにコピーします。

 

パート4:DVD ISOバーナーでISOをDVDに書き込む

WindowsでISOファイルをDVDディスクに焼く場合、もう一つのDVDコピーソフト(Leawo DVD作成)が利用できます。Leawo DVD作成は、Leawo DVDコピーと同じように、ワンクリックでISOファイルをDVDに焼くことができます。作成したDVDディスクは、再生や起動用に利用できます。ISOイメージファイルをUSBメモリに書き込む>>>

 

Leawo DVD作成 –- ISOファイルをDVDにバックアップ・書き込みするいい選択肢
* MP4、AVI、MKVのようなすべてのビデオファイルをDVDに作成可能
* 品質の損失なしにDVD-5、DVD-9とISOイメージファイルにDVD作成
* 複数のメニューテンプレートとカスタムデザインが搭載
* ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

Leawo Blu-ray Copy

Leawo DVD作成をインストールし、ターゲットDVDディスクをDVDレコーダードライブに挿入し、ISOファイルを用意したから、以下の手順に従っれ、ISOファイルをDVDに書き込みましょう!

1.「ビデオを追加」ボタンの横にある逆三角アイコンをクリックして、「ISOファイルを追加」オプションを選択して、ISOファイルを追加します。

ISOファイルを追加

2.ISOファイルを追加」パネルにある「コピー先」オプションで目標DVDレコーダードライブを選択し、「ディスクラベル」を設定します。

ディスクラベルを設定

3.「書き込み」ボタンをクリックして、ISOファイルをDVDディスクに書き込む作業を開始します。

書き込み

パート5:重要なヒント

ISOイメージをDVDに作成するには、ISOイメージをDVDに単にコピーすることではなくて、DVDに焼くことが必要です。単純にコピーすると、使用可能なディスクを作成することができません。

FTPを使用している場合は、ISOイメージをバイナリモードでダウンロードしてください。デフォルトでは、NetscapeはファイルをASCIIモードでダウンロードします。このモードでは、イメージが破損します。

DVDの書き込み中に他のプログラムを起動しないでください。

DVDバーナーが動作しているときにDVDバーナーを微調整しないて下さい。異常な振動はディスクの作成作業に影響を与え、書き込み作業は失敗する可能性があります。

DVD-RとDVD+ Rディスク両方にサポートします。しかし、DVD-Rディスクは、DVD+ Rディスクより良いです。DVD-RW/ DVD+ RWディスクにも対応できます。