複数のiOSデバイスを持っている場合は、データをデバイス間に移行する時には非常に不便ですね。友人達と面白いアプリやビデオなどを共有しようとすると、手間のかかることになってきます。また、iTunesやiCloudのバックアップから復元をしてしまうと、デバイスのデータ全てを書き換えなければなりません。

さて、「Leawo iTransfer」さえあれば、iPadからiPadに・iPhoneからiPadに・iOSデバイス間のファイル転送は手軽になります。さらに、強力なプレビュー機能が搭載され、転送したいファイルだけを移行できます。そして、データをパソコンに保存でき、何かあればそれを復元できるのでさらにいっそう安心します!

では早速、iPhoneからiPadに音楽などデータの移行方法をご紹介いたします。

まず、Leawo iTransferをダウンロード&インストールしてください。無料体験可能ですので、お気軽に利用ください。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

ステップ1:デバイスをコンピュータに接続する

■Leawo iTransferを起動して、USBケーブルでiPhone及びiPadをPCに接続します。

■Leawo iTransferは自動的に両デバイスを検出し、各のライブラリが表示されます。ライブラリで移行したいファイルを選択して移行先iPadに転送してください。

1

ステップ2:転送ボタンをクリック

■ライブラリ内のすべてのファイルをiPadに転送するために右下の「転送」ボタンをクリックしてください。

音楽4

■または「Ctrlキー」を押しながら特定のファイルを選択して右クリックしてから、「転送> iPad」を選択してください。

2

ステップ3:転送オプションを設定、転送を開始

■それで、転送設定のポップアップウインドウが出てきます。 「リストに転送:iPad」を確認し、「今すぐ転送」ボタンをクリックすれば、転送が開始します。

3.1

■ファイルをコンピュータに転送したい場合は、「フォルダに保存」をチェックし、「変更」をクリックしてターゲットフォルダを選択してください。

二


3ステップで簡単にiPhoneからiPadにデータを移動するすることができます。

Leawo iTransferはiPhone → iPadへのデータ移行機能だけでなく、iOSデバイス、iTunesとパソコンの間に全て種類のファイルを転送可能です。
実用かつ便利な転送機能を提供して、iPhone、iPad、iPod及びMacユーザーに十分な役に立つと思います。

ちなみに、このソフトは完全に無料体験でき、Mac版もWindows版も実用できるので、興味があれば、ぜひ一度ダウンロードして体験しましょう。

Download Windows Version
Download Mac Version