9月25日(土)に発売したiPhone6sとiPhone6s Plusは最新iOS9を搭載して、今まで最高レベルのスペックを完備すると言えます。4.7、5.5インチのサイズで、新型HDディスプレイを搭載して、高画質を楽しめます。そして、超高速4G LTEワイヤレス接続機能、1080p HDビデオの最大4倍の解像度を持つ、CPUは25%高速化;バッテリー持ちやカメラもパワーアップ、ユーザーによる設定が可能な最大音量制限、128GBモデル追加等の仕様になってあります。
A

 

サイズ

2014年9月に4.7インチ型iPhone 6と5.5インチ型iPhone 6 Plusが発売されて以降、画面サイズが4インチのiPhoneを望む声は少なくなく、その噂は絶えることがありませんでした。そして、ついに噂が「iPhone SE」として現実のものとなりました。
iPhone SEの最大の注目点は当然、久しぶりの小型iPhoneとなることです。iPhone 5sと同じ4インチRetina液晶(1136×640ピクセル、326ppi)を搭載し、サイズも同じ123.8×58.6×7.6mmで、重量は1グラム重くなった113グラムとなっています。
最後の4インチ型は2013年秋発売のiPhone 5s/5c。約2年半ぶりに片手でも操作しやすいiPhoneが帰ってくることになります。

 

デザイン

iPhone SEのカラーバリエーションはシルバー・ゴールド・スペースグレイにローズゴールドを加えた4色展開に。iPhone 5cの時のように鮮やかなピンクが用意されるとも噂されましたが、iPhone 6sと同じローズゴールドがラインナップされました。
端末全体のデザインでは、iPhone SEとiPhone 5sとの相違点を見つけるのが難しいくらい似た見た目に仕上がっています。
両者の違いは、エッジの面取りがマット加工になっている点と背面のアップルロゴがアルミニウム製からステンレススチール製に変更されている点くらいでしょうか。背面には「SE」と刻印されている点がもっとも分かりやすい変更箇所かもしれません。

 

機能・特徴

 

iPhone 6s相当のA9、Live Photos機能

アユーザーから評価されそうなのがA9チップを搭載したこと。当初、プロセッサにはA8/M8チップが搭載されるとする見方が有力でしたが、結局は現行で最新のA9/M9チップがiPhone SEに載せられました。
また、6sのひとつの売りだった”動く写真”のLive Photos機能にも対応。TV CMなどで消費者向けに分かりやすい新機能としてアピールされてきたLive Photosは、iPhone SEが最新端末に引けをとらない機種であることを示すことにも役立ちそうです。

 

iPhone 6s相当のカメラ

背面カメラ(iSightカメラ)の画素数はiPhone 6と同じ800万画素となると言われてきましたが、実際にはiPhone 6sと同じ1200万画素になりました。4K動画の撮影にも対応。他方、前面カメラ(FaceTime HDカメラ)は、iPhone 6同等の120万画素にスペックが抑えられています。
そのほか、iPhone 6で導入されたNFC(Apple Pay対応)を搭載しましたが、気圧計は非搭載。通信面ではBluetooth 4.2やVoLTE、IEEE 802.11acに対応しました。

 

iPhone 6s相当のバッテリー

バッテリー容量は例のごとく非公開ですが、iPhone 6s並の性能を有しています。リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵して、USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電できます。

iPhone SEバッテリー

 

発表日・予約日

アップルは現地時間3月21日10時(日本時間3月22日2時)からスペシャルイベントを開催し、iPhone SEを発表しました。
iPhone SEの発売日は2016年3月31日です。

 

価格

iPhone SEの端末価格(機種代金)は以下のとおり。
16GBモデル…5万2800円(税別)
64GBモデル…6万4800円(税別)

 

iPhone SEを買うべきか?

iPhone SE最新情報から見ると、iPhone 6s相当のスペックを搭載し、そしてiPhone SE価格はiPhone 6sと比べると目に見えて安いです。4インチのディスプレイ加えて最新スペックを搭載デバイスに興味ある方にとってかなり魅力があると思います。しかし大型の4.7と5.5インチのiPhone 6s/plusを使い慣れた方は本当に4インチのiPhone SEを買うのか。必ずiPhone SEを購入しなければならない理由がなさそうと思いますが。また、今年の9月頃には新型の「iPhone 7(4.7インチ)」が発売されると思いますが、「iPhone SE」価格より高いが新デザインのiPhone 7を待つか、安く小さいなiPhone SEにするかと問題になりますね。もちろん、個人的なし好き嫌いによって決めましょうwww

 

iPhone SEを存分楽しめるために、お役にたつソフトオススメ
――Leawo Blu-ray変換

Leawo Blu-ray変換なら、簡単操作でBlu-rayをiPhone SEで再生できる動画に高画質かつ高速で変換して取り込みことが楽にできます。そしてiPhone SEでBlu-ray動画を見るためにカスタマイズ編集機能も搭載されています。自分でオーディオ、ビデオと字幕パラメータを設定することができるし、ビットレート、解像度、フレームレートが調節可能であるし、ビデオのプレビュー、編集、変更、調整が容易に取得できます。すべての機能を最適化することで、最高の映像品質で動画をご覧いただけるようになっています。

Download Windows Version
Download Mac Version