「私はトレーニング・パワーポイントファイルを作成しましたが、パワーポイントを動画に保存しようとします。ポータブルプレーヤーでパワーポイントコンテンツを見るには、パワーポイントを動画として保存する方法がありますか?」 —マイクロソフトコミュニティのアリスから。

多くの人々は「PowerPoint 2010が動画にエクスポートできますか?」または「PowerPoint 2010プレゼンテーションを動画として保存する小技がありますか?」のような質問でオンラインで検索するトレンドがあります。実際に簡単ですが、これに対応して、マイクロソフトは答えを提出しました。

時々、PowerPointの未実装のままに、デバイスとプレーヤーでPowerPoint 2010プレゼンを鑑賞するために、PowerPoint 2010により動画を作成するか、PowerPoint 2010をビデオファイルに変換するのに役立てるソリューションを考える場合があります。このガイドでは、PowerPoint 2010を動画に変換するための様々なソリューションを紹介します。

パート1: Microsoft PowerPointでPowerPoint 2010を動画として保存する

パワーポイントのバーション(PowerPoint 2010より古いバージョン、デスクトップ版)を使っている場合、PowerPoint 2010の以来、マイクロソフトは、PowerPoint 2010および以上版本のユーザーがパワーポイントプレゼンを動画として簡単に保存することを可能にしましたから、必要となるのはPowerPointを更新するか、最新のMicrosoft Office suite(マイクロソフト・オフィス・スイート)を2010 以降にインストールすることです。唯一の欠点はマイクロソフトでは、PowerPoint 2010をMP4やWMVのいずれの動画にしかエクスポートできません。PowerPoint 2010を動画にエクスポートする方法には、以下をご覧ください。

  1. お使いのコンピュータでパワーポイントをダブルクリックして開きます。
  2. 左上隅の「ファイル」メニューオプションをクリックします。
  3. ドロップダウンメニューで「エクスポート」オプションを選択してクリックします。
  4. ポップアップパネルで「ビデオ作成」オプションをクリックすると、二つのドロップダウンオプションが表示されます。
  5. 最初のドロップダウンボックスに、コンピュータ&HDディスプレイ、インターネット&DVDおよびポータブルデバイスから、作成する動画の品質を選択します。
  6. 次のドロップダウンパネルに、記録されたタイミングとナレーションを使用するかどうかに関して選択します。
  7. その後、「各スライドに費やす秒数」を通して、各スライドの持続時間を決定して、そして「ビデオ作成」ボタンをクリックします。
  8. 「名前を付けて保存」ウィンドウで、出力ディレクトリを選んで出力ファイルを名付けて、「保存タイプ」でWMVまたはMP4を選択して、最後、「保存」ボタンをクリックして PowerPoint 2010により自分のパワーポイントプレゼンからビデオの作成をスタートします。
Save PPTX to WMV Video

MacでPowerPoint 2010を動画として保存したい場合、マイクロソフトは既にMac対応のオフィススイートをリリースしました。このPowerPoint for Macアプリを利用すると、PowerPoint 2010をビデオファイルに保存することが可能となります。具体的な操作はWindowsとほぼ同様です。

一方、PowerPoint 2010を動画に保存できるのがPowerPoint 2010及び以降のみであり、そして動画形式がMP4/WMVしかではないということを注意してください。PPTX をAVIにエクスポートして、パワーポイントをYouTubeや他の形式( MP4 とWMVの以外)に共有したい場合、ほかのソリューションを探す必要があります。

パート2: KeynoteによりMacで PowerPoint 2010を動画として保存する

Macユーザー向けに、PowerPoint 2010を動画に保存する助力になれるほかの見事なツールがあります。パワーポイントをQuickTime対応の形式(MOVなど)の動画にしかエクスポートできませんが、Keynoteは相変わらずその存在です。以下の手順では、KeynoteによりMacでパワーポイントを動画に変換する手順を説明します。

  1. Keynoteを起動します。ファイルメニューを開き、「開く」オプションを選択して、そしてブラウズしてPowerPoint 2010プレゼンやほかのパワーポイントファイルを追加します。
  2. 一度PowerPoint 2010プレゼンがロードされたら、Keynote対応の形式に解読されます。
  3. そしてKeynoteにより自分のパワーポイントプレゼンをさらに編集できます。
  4. ファイルドロップダウンメニューを選択します。
  5. 「出力先」をクリックします。.
  6. 「QuickTime」を選択します。
  7. 好きなように、設定を調整します。
  8. 「次に」を選択します。
Save PPTX to Video with Keynote

注意:

  1. 元のドキュメントの任意の機能が正確に解読されないなら、Keynoteは変換問題が生じたという警告を提出します。「レビュー」ボタンをクリックしてエラの詳細を検出するか、「レビューしない」ボタンをクリックして直接ドキュメントまでに進みます。
  2. 自分のプレゼンにナレーションを追加することができます。

さらに、Keynoteにより、ボイスをパワーポイントプレゼンに追加ことも可能です。ナレーション付きのKeynoteでパワーポイントを動画に保存する手順は上記のツールに非常に似ています。

パート3: PPT VideoコンバータでPowerPoint 2010を動画に変換する

PowerPoint と KeynoteでPowerPoint 2010を動画に変換するには、出力ビデオ形式の制限、オリジナル・パワーポイント・エレメントの損失、PowerPoint videoバッチ変換の欠如など、いくつかのデメリットが存在しています。従って、サードパーティー製のPowerPoint 2010コンバータアプリはPowerPointとKeynoteのメリットを備える同時、それらのデメリットを避けるように開発されました。

Leawo PowerPoint to Video Pro は最高のPowerPoint videoコンバータソフトウェアの一つであり、簡単にPowerPoint 2010を180以上の形式(FLV、MOV、MKV、MP4、WMV、AVIなど)の動画に変換して保存するのに役を立てます。すべてのエレメントをあなたのPowerPoint 2010プレゼンにキープすることも可能です。このソフトウェアにより、任意のメディアプレーヤー( iPad、iPhone、アンドロイド・スマートフォンとタブレットなど)で自由に動画のパワーポイントファイルを鑑賞することができます。

<

powerpoint-to-video-pro

PowerPoint to Video Pro 

☉ PowerPoint 2000/2002/2003/2007/2010/2013に対応します;

☉ PPT、PPTX、PPTM、PPS、PPSX、POT、POTX、POTMを含め、すべてのPPTフォーマットに対応します;

☉ ビデオとオーディオ出力ファイルのパラメータを編集できます;

☉ PowerPointファイルの個人設定を提供しています。例えば、背景音楽、透かしの追加、スライド時間の設定、リアタイムナレーションの追加など。

5550円

すぐ購入無料体験

Leawo PowerPoint to Video Proを選択する理由:

1. PowerPointプレゼンテーションをお好みのビデオフォーマットに変換できます。 出力フィアイルの形式はASF、AVI、FLV、MPEG、MP4、TS、MOV、WMV、VOB、3GPなどの一般的な形式からRA、MKV、WEBM、MKA、WiiのAVI、WiiのMOV、NDS DPG、NDS DPG2、NDS DPG3とNDS DPG4のような特別な形式まであります。
2. 複数のPPTを一括変換でき、あなたが持つ全ての変換したいPPTファイルを追加してから、ワンクリックで全部一括変換できます。
3. Leawo PowerPoint to video Proでは、あなたのPowerPointプレゼンテーションを無許可利用や不正利用から保護するために、PPTファイルの出力ビデオに透かし(例えば、商標など)を追加することができます。
4. Leawo PowerPoint to video Proで最適化されたビデオプロファイルを選択するだけでなく、あなたのパーソナライズされた設定でPPTをビデオに変換することもできます。 最高の出力品質のために、ビデオパラメータでコーデック、ビットレート、フレームレート、ビデオのサイズ(解像度)、アスペクト比、チャネルを設定することができます。

Leawo PowerPoint to Video ProでPowerPoint 2010を動画に変換する方法:

ステップ1: PowerPoint 2010プレゼンをインポートする

「追加」ボタンをクリックしてブラウズして、そしてソースPowerPoint 2010プレゼンをこのコンバータに追加します。一度バッチ変換のための複数のパワーポイントファイルを追加することが可能です。

4

ステップ2: 出力形式を設定する

ドロップダウン「プロファイル」ボックスをオープンして出力形式を選択します。必要に応じて、「一般ビデオ」グループから選択するか、プリセットデバイス・ビデオ形式を出力形式として選択することができます。その後、「出力」ボックスをクリックして出力ディレクトリを設定します。

4

ステップ3: ビデオとオーディオパラメータを調整する

(選択可能)自分のターケット・メディアプレーヤーやデバイスに応じて、上級ユーザーはドロップダウン「プロファイル」ボックスの横にある「設定」ボタンをクリックしてビデオコーデック、ビットレート、ビデオサイズ、アスペクト比、フレームレート、オーディオコーデック、チャンネルなどを調整します。

4

ステップ4: パワーポイント・プレゼン・ファイルを編集する

(選択可能)Leawo PowerPoint to Video Pro はパワーポイントを動画として保存する前に、パワーポイントプレゼンを編集することを可能にします。「カスタマイズ」ボタンをクリックしてPPTX トランジション時間の設定、PPTX 背景音楽の追加、音声効果の調整、アスペクト比の変更、透かしの適用などを行います。ここで自分の署名を追加することができます。

4

ステップ5: PowerPoint 2010をvideoに変換する

最後、Leawo PowerPoint to Video Proにより、右下隅の「Start」ボタンをクリックしてPowerPoint 2010からvideoへの変換を開始します。変換完了後、再生やオンライン共有のために、変換されたPowerPoint 2010プレゼンを任意のデバイスに転送することが可能となります。

4