PowerPointをDVDディスクに保存することは可能ですか?保存して再生するために、どうやってPowerPointをDVDディスクに保存しますか?多くの人がこのような質問をしています。答えはもちろん「はい」です。これを実現するのに役立つ複数のPowerPoint → DVD書き込みソフトウェアツールがあります。PowerPointプレゼンテーションファイルをDVDディスクに保存するのに最適なソリューションと、オプションのツールについてこのガイドに学ぶことができます。

パート 1:PowerPointをDVDに保存する方法

プロフェッショナルなPowerPoint → DVD書き込みソフトウェアツールを使用すると、PowerPointをDVDディスクに簡単に保存できます。Leawo PowerPoint to DVD Proは、ソースPowerPointのすべての要素をDVDディスクに保存する際に必要な高い互換性と優れた完全性が揃っているので、ぴったりのPowerPointをDVDに書き込みソフトウェアです。

powerpoint-to-dvd-pro

PowerPoint to DVD Pro 

☉ PowerPointを標準DVD /ブルーレイに書き込み

☉ パワポインを任意のビデオフォーマットに変換可能

☉ DVD /ブルーレイメニューを自分でデザインできる

☉ 最大に12枚のPowerPointファイルを一括に変換可能

9870円

すぐ購入無料体験

お使いのPCにLeawo PowerPoint to Video Proをダウンロードしてインストールしてください。(Windows XP、Vista、7、8、8.1、および10でダウンロードしてインストールできます)。次に、下記の手順に従って、PowerPointをPCのDVDディスクに保存する方法を学ぶことができます。

注意: このガイドは、Windowsユーザーのみに適用されます。Macユーザーは他のソリューションをご参照ください。

ステップ 1:PowerPointプレゼンテーションの追加

メニューバーの「追加」ボタンをクリックして、ソースPowerPointファイルをアプリに追加します。複数のPPTファイルを追加できます(一度に最大12個のPPTファイル)。追加した後、読み込んだPPTファイルを再生したり、スライドトランジションを設定したり、チャプターを設定したりできます。

4

テップ 2:出力オプションの設定

「オプション」をクリックして、DVDの作成、ビデオファイルへの変換、またはブルーレイディスクの作成といった出力オプションを選択します。PPTをDVDディスクに保存する必要があるため、「DVDの作成」を選択して、アスペクト比、DVD TV規格、動画サイズなどの関連設定を行います。書き込み可能な空のDVDディスクをDVDレコーダードライブに挿入し、「保存先フォルダ」にお選びください。「詳細設定」をクリックしてBlu-ray / DVDスライドショーをカスタマイズすることもできます。このステップでは、PowerPointファイルの変換設定、スライドサイズ、画質、音声コーデック、Blu-ray/DVD音声の言語コード、Blu-ray/DVDメニューの無効、および変換ステータスを調整できます。

4

ステップ 3:ディスクメニューの作成

(オプション)「メニュー」タブをクリックして、プリセットしたDVDディスクメニューテンプレートを選択するか、独自のテーマを作成します。「メニュー」インターフェースでは、「メニューの作成」をクリックして、背景、ボタンデザイン、説明文などを変更するためのディスクメニューをデザインすることもできます。

4

ステップ 4:背景音楽の追加

(オプション)「音楽」をクリックして、DVDスライドショーの背景音楽としてオーディオファイルを追加します。

4

ステップ 5:PowerPointをDVDに書き込む

最後に、「コピー」タブをクリックして、書き込み関連の設定を完了してください。その後、「Start」ボタンをクリックして、PowerPointをDVDディスクへの書き込みを開始します。

4

パート 2:5つ最高のPowerPointをDVDに保存ソフトウェア

より効果的なPowerPointをDVDディスクに保存するアプリケーションを探しているなら、以下のPPT → DVD書き込みソフトウェアオプションが大きな助けになるかもしれません。PowerPointファイルをDVDディスクに保存するのに役立つものを確認することができます。

Leawo PPT to DVD Pro

Leawo PowerPoint to DVD ProはPowerPointを180種類以上の形式の動画に変換するだけでなく、DVD/Blu-rayプレーヤーを備えたテレビやプロジェクターで楽しむために、PowerPointをDVD/Blu-ray動画に書き込むのに役立つマスタープログラムです。PowerPointをiPod、iPad、iPhone、AppleTV、Androidタブレット、スマホなど用動画に変換することができます。

さらに、内蔵ドライブを使用すると、PowerPointファイルをDVD / Blu-rayコンテンツに書き込むことができます。内蔵のスマートDVDメニューエディタは、DVD/Blu-Rayプレーヤー付きのテレビで再生するときに手動または自動ですばやくナビゲートするためのすばらしいDVDメニューを作成します。このPowerPoint to DVD変換は、PowerPointをBlu-rayファイルに変換することに対応している数少ないアプリの1つです。

その他の素晴らしい機能は、PowerPointファイルを編集およびカスタマイズする内蔵動画編集、PowerPointファイルを動画への一括変換、背景音楽や画像の変更などになります。

PPT to DVD Pro

Windows DVD Maker

Windows DVD MakerはWindows 8以降のバージョンでは使用できなくなるため、Windows 7およびWindows Vistaユーザーにとっては一番の選択肢かもしれません。PowerPointをDVDディスクに保存するに使われる完全無料のPowerPoint to DVD書き込みアプリですが、最初にPowerPointを動画に保存する必要があります。また、もう一つのデメリットは、MicrosoftでWindows DVD Makerを見つけることができなかったことです。

Windows DVD Maker

Camtasia Studio

Camtasia Studioは30日間の無料トライアル版があります。まず、Camtasia Studioを使ってPowerPointプレゼンテーションを動画に録画し、NeroまたはRoxioを使用してPowerPoint動画をDVDディスクに簡単に書き込むことができます。

Camtasia Studio

Smart PPT to DVD Converter

Smart PPT to DVD Converterは、PPTからDVDへの変換と関連する非常に効率的なツールです。これは、わずか数回のクリックでファイルを書き込んだり変換したりする使いやすいインターフェースを提供します。また、PPTをAVI、MPEG、MP4、WMV、MOV、3GPに変換することもできます。Smart PPT to DVD Converterは、出力DVDや動画ファイルのパラメータを制御し、微調整するための高度なメニューを提供します。その高度な機能には、解像度調整、ビデオとオーディオコーデック調整、スライドの進行制御、独自のナレーションオプション、フレームレートとサンプルレートコントロールなどがあります。このアプリは優れたオーディオとビデオ質を提供し、PPTプレゼンテーションの元の視覚効果と音響効果をすべて保持します。

Smart PPT to DVD Converter

PowerDVDPoint Lite

PowerDVDPoint Lite(フリーウェア)は、ユーザーのプロフェッショナルなPowerPointプレゼンテーション(.pptx, .ppsx, .ppt と .pps)をそのOSにサポートされているDVD動画フォーマットに簡単に書き込むのに役立つ包括的かつ効率的な変換ツールです。変換されたファイルは、スライド上のトランジション、音声、ビデオクリップ、アニメーションエフェクトなど、元のPowerPointプレゼンテーション効果のすべての要素を保持します。出力ビデオにPowerPointエフェクトの歪みや損失はありません。変換されたPowerPointプレゼンテーションは、DVDリモコンを用いてテレビまたはプロジェクターで再生できます。リピートおよびリワインドコントロールにより、プレゼンテーションの無人プレゼンが可能になります。PowerDVDPointは、すべてのバージョンのMicrosoft PowerPointに対応しており、コーディングやマルチメディア編集ツールを必要としないユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。

PowerDVDPoint Lite