教師、講師、ビジネスマンなどの職業にとって、PowerPointをDVDに変換して室内で再生して宣伝し、プレゼンテーションバックアップし、広い範囲でシェアする場合が多いです。TVまたDVDプレーヤーでPowerPointを再生するには、いつも無料なDVD変換ソフトを使ってPowerPointを変換して再生する人が少なくないようです。この記事はPowerPointをDVDに変換する三つの方法をご案内するので、ニーズに応じてお好みな方法を選んでください。

パート1:「ディスクに焼く」機能を使って、PowerPointをDVDに変換する

Windows OSを長い間使いましたなら、きっとDVDドライブの右クルックメニューにある「ディスクに焼く」と言う機能に気づきましたでしょう。「ディスクに焼く」機能を利用すれば、PowerPointをDVDディスクに気軽に変換して、DVDプレーヤーとTVでご自由に再生することができます。簡単な操作でビデオをDVDディスクにリッピングできます。PowerPointをDVDディスクに変換したい場合は「ディスクに焼く」が一番便利です。

pptx-to-dvd-burn-to-disc

以下は「ディスクに焼く」機能を利用してPowerPointをDVDに変換する詳細な手順です:

  1. DVDドライブに書き込み可能な空ディスクを挿入して、変換したいPowerPointファイルを用意します。DVDドライブが記録可能な状態であることを確認してください。
  2. PowerPointファイルを保存しているフォルダと「マイコンピュータ」を開いて、DVDドライブが表示されます。「マイコンピュータ」のサイズを画面の二分の一にします(以上の図のように)。
  3. DVDドライブに目標PowerPointファイルをドラッグ&ドロップします。
  4. すると、「ディスクに焼く」ウィンドウが表示され、「ディスクタイトル」を設定したり、「CD/DVD プレーヤー付き」オプションを選択したりすることができます(「ディスクに焼く」ウィンドウが出てこない場合、DVDドライブアイコンを右クリックして「ディスクに焼く」オプションを選択します。)そして、「ディスクに焼く」ウィンドウにある「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 新しい「ディスクに焼く」パネルが現れ、続けるかどうかという画面が表示されます。「はい」をクリックすればいいです。
  6. しばらく待ってから、PowerPointからDVDへ書き込む作業が終わります
  7. 作業が終わったら、「完了」ボタンをクリックして画面を閉めます。
  8. DVDドライブからDVDディスクを取り出して、DVDプレーヤーでご自由に再生できます。

PowerPointをDVDディスクに変換するにはこれが無料に加え、一番簡単な方法です。でも、この方法を利用すれば、ファイルのパラメーターを編集できなくDVDディスクに直接に変換してしまいますので、多少は不便なところがあります。そして、リッピングされたDVDディスクに対応できないDVDプレーヤーもありますので、そういう場合に再生することができません。

パート2:Windows DVD メーカーを使って、PowerPointをDVDに変換する

Windows 7ユーザーはWindows DVD メーカーに詳しいはずです。PowerPointをビデオフォーマットに保存してからWindows DVD メーカーを使ってPowerPointをDVDディスクに無料で変換することができます。こういう場合は、PowerPoint2010と以降のバージョンが必要です。

ppt-2013-to-dvd-with-windows-dvd-maker

Windows DVD メーカーを使って作業する詳細な手順はご覧のようです:

  1. まずはPowerPointでPowerPointファイルをビデをフォーマットとして保存します。(詳細な方法を分からない場合、PowerPointをビデオに変換すると言う記事をご参考ください)
  2. Windows DVD メーカーを起動します;
  3. 「画像とビデオを追加」をクリックします;
  4. 「項目の追加」をクリックします;
  5. 作成した目標スライドショーファイルを選択し、「追加」ボタンをクリックします;
  6. 相応しいDVDバーナーを選択し、DVDタイトルを提供します;
  7. DVDドライブに書き込み可能な空ディスクを挿入して、「次へ」をクリックします。
  8. 「プレビュー」をクリックします;
  9. PowerPointファイルをDVDディスクにリッピングするには、「書き込む」をクリックします;
  10. 作業が始まります。

ご注意:Windows DVD メーカーはWindows 7システムだけに搭載され、Windows 8システムにはありませんので、Windows 8と以降のシステムバージョンでPowerPointをリッピングしたい場合は、サードパーティー変換ソフトを使わなければなりません。この部分の内容はパート3でご紹介します。

パート3:サードパーティーの変換ソフトを使って、PowerPointをDVDに変換する

サードパーティーのPowerPoint変換ソフトとシェアソフトを使えば、ロスレスでPowerPointをDVDディスクに気軽に変換できます。Windows DVD メーカーまた「ディスクに焼く」機能と区別され、サードパーティーのPowerPoint変換ソフトの最大のメリットはPowerPointファイルを直接にインポートしてリッピングできると言うことです。また、サードパーティーのPowerPoint変換ソフトには複数のメリットがあります。例えば、より優れた編集機能、メニューオプション、ユーザーフレンドリー、高い変換スピードなど。

PowerPointをDVDに変換したい場合、Leawo PowerPoint to DVD Proが大推薦です!プロなPowerPoint変換ソフトとして、Leawo PowerPoint to DVD ProはWindows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10に対応できて、優れた編集機能を加えて、リッピング機能も備えています。

powerpoint-to-dvd-pro

PowerPoint to DVD Pro 

☉ PowerPointを標準DVD /ブルーレイに書き込み

☉ PowerPointを任意のビデオフォーマットに変換可能

☉ DVD /ブルーレイメニューを自分でデザインできる

☉ 最大に12枚のPowerPointファイルを一括に変換可能

9870円

すぐ購入無料体験

以下の手順に従って、Leawo PowerPoint to DVD Proを使ってPowerPointをDVDディスクに変換する:

  1. 事前準備: Leawo PowerPoint to DVD Proをダウンロード、インストールして、起動します。そして、DVDドライブに書き込み可能のDVDディスクを挿入します。
  2. 「追加」ボタンをクリップして、変換したいパワーポイントファイルをインポートします。一括で複数のスライドショーファイルを導入して、時間を節約できます。
  3. 「オプション」ボタンをクリックして、「DVDの作成」を選択します。必要に応じて、規格、モードとアスペクト比を設定します。
  4. 「フォルダ」オプションでDVDレコーダードライブを出力フォルダとして設定できます。
  5. 変換設定や画質等のその他の設定を行う場合、「オプション」パネルにある「詳細設定」をクリックすればいいです。
  6. 「メニュー」ボタンをクリックしてディスクメニューを追加します。ご自由にディスクメニューを編集できます。
  7. お好みによって、「音楽」と「ロゴ」オプションをクリックして、背景音楽と自分の署名を追加することもできます。
  8. 最後は、「コピー」ボタンをクリックし、「Start」ボタンをタブして作業を始めます。
Burn PowerPoint to DVD

変換し終わった後、DVDドライブからDVDディスクを取り出して、DVDプレーヤーまたTVで自由にDVDを再生できます。PowerPoint 2010を動画に変換する小技>>>

パート4:「ディスクに焼く」vs Windows DVD メーカー vs サードパーティーの変換ソフト

以上で紹介した三つの方法を見た後、「どっちが一番いいのか?」に関心を持つ人が多いでしょう。確かに、「ディスクに焼く」機能とWindows DVD メーカーは無料でPowerPointをDVDに変換するできます。一方、Leawo PowerPoint to DVD Proは有料のソフトです。料金が一番と考えているユーザーは少なくないが、ソフトの優れた機能と軽さを重んじているユーザーも沢山あります。この三つのソリューションのそれぞれの機能について、もっと知りたい方は、下記の内容をご覧下さい。

特徴 「ディスクに焼く」機能 Windows DVD メーカー Leawo PowerPoint to DVD Pro
PowerPointをビデオに保存    
PowerPointをvideo_DVDに変換 PowerPointをビデオに保存する必要がある
PPT、PPTX、PPTM、PPS、PPSX、POT、POTX、POTM対応 N/A
PowerPoint 2000/2002/2003/2007/2010/2013対応 N/A
PowerPointをMP4、AVI、FLV、MKV、MPEG、WMVなどに変換 N/A N/A PowerPointを180種類以上のビデオ形式に保存
PPTをオーディオに変換 N/A N/A
ダウンロードとインストール N/A
出力ビデオ解像度を設定 N/A
ビデオとオーディオパラメータを調整 N/A
PPTスライドする時間間隔を設定 N/A
背景音楽を追加 N/A
オーディオエフェクトを調整 N/A
アスペクト比を設定 N/A
透かしを適用 N/A
PowerPointファイルを編集 N/A
すべての要素をソースのPowerPointファイルに保存 N/A N/A
複数のPowerPointをDVDに変換 N/A
ディスクメニューを編集 N/A  
対応OS Windows Windows 7 Windows Vista、XP、7、8、8.1、および10
使いやすさ 簡単 複雑 簡単