ブルーレイが普及している現在では、様々なデバイスでブルーレイを見たいとの声が聞こえます。ブルーレイをiPhone、iPadなどのアップルデバイスやタブレットなど、携帯に便利なデバイスでブルーレイを見たい方もかなりいます。ブルーレイをiPhoneに保存するには、ブルーレイをMPEG4動画に変換すれば結構です。例えば、ブルーレイをMP4形式に変換すれば、iTunesを通してiPhoneに転送できます。しかし、形式のほか、出力ファイルの映像コーデック、ビットレットをどうのように設定すればいいでしょうか。実は、ブルーレイ変換ソフトでは、出力されたファイルは形式別に選択できれば、出力ファイルを鑑賞するためのデバイス別に選択することもできます。特定のデバイスでブルーレイを鑑賞したい場合は、デバイス別に出力形式を選択することをおすすします。
では、「Leawo Blu-ray変換」を例にして、ブルーレイをiPhone形式に変換する方法を紹介します。

変換する前の準備として、ソフトをダウンロード&インストールしてください。
また、 ブルーレイドライブに、変換したいブルーレイディスクをセットしてください。

Download Windows Version
Download Mac Version

 

 

 

手順一:ブルーレイ映画をロード

ソフトホームの「Blu-ray変換」をクリックすれば、ブルーレイ変換機能が使えます。
ブルーレイ変換で、「Blu-ray/DVDを追加」の隣の三角形をクリックすれば、ドライブが選択できます。ブルーレイディスクがセットされたドライブを選んでください。

4-1

手順二:変換したい部分を選択

まずはモードを選ぶ
ブルーレイ全体を変換したいなら「ブルムービー」
本編、メインムービだけ変換したいなら「メインムービー」
ご本人お好きなタイトルだけ変換したいなら「カスタムモード」

各タイトルの内容を見たいなら、右側のプレビュー画面で、「再生」
をクリックすれば、ブルーレイの内容が見えます。

4-2

変換内容を選定した後、「OK」をクリックすれば、メイン画面に戻ります。

手順三:出力形式を設定

 
4-3

上図のように、②のところをクリックすれば、出力形式を選択できます。すると、前記に言った通り、「端末別」というオプションがあります。「端末別」タブにて、様々なデバイスがリストされています。

4-4

お使いのiPhoneやiPod機種を選択すればOKです。超便利です。


1.選択した出力形式のパラメーターを変更したい場合、①をクリック、プロファイル設定画面で設定してください。
2.ブルーレイ動画を編集したい場合は、③をクリックしてください。

手順四:変換開始

これで、変換する前の基本設定は終わりました。
変換を開始するには、変換ボタンをクリックしてください。
すると、最後の設定 – 保存先設定の画面が出ます。
というのは、出力されたファイルの保存フォルダを選択することです。
その後、「変換」を再度クリックすれば、変換開始します。

 

このソフトを使って、ブルーレイから音声だけを抽出することもできます。ご興味がある方に、この記事をお勧めします。

ブルーレイから音声のみ抽出する方法は?