パソコンでDVD,BDを再生しようとする場合、ドライブが開かない、またはディスクを取り出せないことがありますか?DVDドライブが開かない原因は色々ありますが、ドライブ自身の故障や起動しているソフトウェアが影響していることが多いです。
今回は、DVDドライブが開かない原因や修理方法について解説していきます。

パート1.  パソコンのドライブが開かない原因

パソコンに接続したドライブのイジェクトボタンを押して、電源ランプが点滅しますが、ディスクドライブのトレーが排出されないことが時にあるだろう。取り出し中にエラーが発生した時、原因を究明する必要があります。

パソコンのディスクドライブが開かない原因は、主に三つあります。

ドライブ

&nbsp
1. 電源接続に関する問題
ディスクドライブにあるイジェクトボタンを押して、電源ランプが点滅しない場合、ドライブのインタフェースでケーブルの接続をチェックする必要があります。

2. ドライブ自身の故障
ディスクドライブ自身のイジェクトボタンが故障した。または、トレーの位置をイジェクトするパーツの歯車が磨损してしまった。

3. ソフトウェアの規制
Windowsでパケットライティングソフトウェアを使っている場合、ディスクの取り出しがロックされていることがあります。

パート2.  開かないパソコンのドライブの修理方法

パート1中の三つの状況のそれぞれの解決策を説明します。

 
1. ディスクドライブの電源ランプが点滅しない場合、インタフェースでケーブルの接続をチェックします。電源に接続していない場合、DVDドライブのトレーがイジェクトできないのは当然のことです。ケーブルのシリアルポートが損壊された可能性もあります。

ドライブとケーブル

2. ディスクドライブのイジェクトボタンが故障した場合、パソコンで「マイコンピュータ」を開き、ディスクドライブのアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「取り出し」をクリックします。

ドライブ構造

ディスクドライブのパートの歯車、ベルトが磨损して、トレーをイジェクトできない場合、ディスクドライブのイジェクトボタンに「強制イジェクトボタン」があります。小さな穴に針金などを突くと、ドライブのトレーが強制に排出されます。


部品があれば、歯車やベルトの交換は自分でもできますが、精細機械なので、メーカーまたは電気屋に任せたほうがいいですね。

ドライブ強制

3. パソコンにBD、DVDコピー、オーサリング、リッピングソフトウェアがインストールされた場合、ソフトウェアによって、ドライブのディスクの取り出しがロックされて、規制することがあります。そのような場合、ソフトウェアを閉じて、またはソフトウェアのパケットライティング機能を無効にしてみてください。

settings-設定

パート3.  動画をDVDに書き込む方法

動画をDVDに焼いて、思い出がしっかり保存できます。しかし、動画を空のディスクに保存する方法が分からい人も多いで、また、ソフトウェアによって、DVDをオーサリングすることの手順も違っていますので、世界で一番のDVD作成方法を紹介したいです。

動画をDVDに書き込むには、オーサリングソフトウェアが必要です。普通のオーサリングソフトなら、動画をISOファイルまたはDVD-Videoフォルダの形式に変換する必要があります。手順が多くて面倒です。そのため、動画をISOファイルに変換しなくても、空のディスクに直接書き込めるソフトLeawo DVD作成をオススメします。

動画をDVDに書き込むには、オーサリングソフトウェアが必要です。普通のオーサリングソフトなら、動画をISOファイルまたはDVD-Videoフォルダの形式に変換する必要があります。手順が多くて面倒です。そのため、動画をISOファイルに変換しなくても、空のディスクに直接書き込めるソフトLeawo DVD作成をオススメします。

dvd-creator

Leawo DVD作成

☉ MP4、AVI、MKVのようなビデオファイルをDVDに焼く

☉ DVD-R, DVD-R/DL, DVD-RAM, DVD-RW, DVD_RW全てのDVDメディアに対応

☉ メニューテンプレート自由に選択可能

☉ ビデオの簡単編集や2Dビデオの3D化に対応

無料体験 無料体験